お金

無職やフリーター、アルバイトなど日本の雇用市場において不利な立場に立たされている人は、経済的に恵まれておらず、不幸である傾向が強いです。

彼らには、人脈、お金、知識、環境など経済的に豊かになるための要素が不足しています。

今回は、こうした経済的弱者が高収入を得て豊かな人生を送るには、具体的に何をするべきかについてお話しします。

お金持ちになるためには?

お金持ちになるための方法は単純です。収入を増やして、支出を減らし、投資の利回りを高めるだけです。

世の中に無数にあるお金に関する本は、この原則を具体化して薄めただけにすぎません。この3点を忠実に守ることができれば、どんな人間でもお金持ちになることができます。

ただこの原則だけでは具体性に欠けるので、実際にどうすればいいのかについてお話しします。まずは最も難易度の低い「支出を減らすこと」からお話しします。

支出を減らすには

支出を減らすことがなぜもっとも簡単なのか?それは誰がやっても必ず同じ効果が得られるからです。

ビジネスでお金を稼ぐとなると、個人の才能や頭脳で稼げるお金が大きく変わります。誰もがネットビジネスで成功できるわけではないですからね。

しかし節約なら富豪がやっても、貧乏人がやっても効果は同じです。

だから貧乏な人は、お金を稼ぐよりも、まず支出を減らすことに専念するべきなのです。

では節約術の具体例を見ていきましょう。

家計簿をつける

支出を減らす前に絶対にやっておくべきことがあります。それは家計簿をつけることです。

お金の使い方が下手な人は、お金を使うことに無頓着な傾向があります。考えなしにお金を使っていれは、いつまでたってもお金は貯まりません。

まずは自分が何にお金を使ったのかをこまめに記録しましょう。

最近はスマホの家計簿アプリで手軽に記録することができます。おすすめはマネーフォワードmoneytreeです。

どちらもクレジットカードと口座を登録することで、自動的に記録を取ってくれます。

現金を使わない人なら全自動で収入と支出を管理してくれます。

家賃を減らす

私たちの出費の中でもっとも大きな割合を占めるのが家賃です。

家賃の平均を5万円とすると、フルタイムのフリーターの手取りが15万円くらいなので、3分の1は取られている計算になります。これはかなり大きいですね。

家賃を減らすための具体的な方法は、家賃の低いところに引っ越す、家主に値下げ交渉をする、家族や知人の空き家に住まわせてもらう、実家暮らしをするです。

中でも一番効果が高いのが実家暮らしで、毎月数万円親に生活費を入れたとしても、それ以上に支出を大きく抑えることができます。

家族との仲が良ければ、実家暮らし一択です。高い家賃を真面目に払うことはとても馬鹿げているので、支出を減らしたいなら優先的に手をつけたいですね。

食費を減らす

家賃の次に大きいのが食費です。毎月の食費を1万円削ることができれば、1年で12万円、10年で120万円節約できます。

こうした毎月の固定費の節約は、積もり積もって大きな効果を生むので、早いうちから取り組んでおきましょう。

食費を減らす一番の方法は、シンプルな食材を食事に取り入れることです。

具体的には、豆腐、納豆、白米、バナナ、ヨーグルトなどです。こうした食材は安くて量が多いので、少ない食費で大きな満足感を得られます。

詳しくは、「ダイエット・節約にオススメの食品まとめ」という記事を参照してください。

民間の保険に入らない

民間の保険はほとんどの人にとってお金の無駄なので、加入しないようにしましょう。

会社勤めの人は、保険会社のしつこい勧誘をうっとおしいと思ったことがあるはずです。

保険会社が勧誘員を雇ってここまでするのは、保険というビジネスがとても儲かるからです。逆にいうと私たち利用者にとっては損するビジネスです。

日本の健康保険は他のどの保険よりも優れているので、それ以外の保険に入る必要はありません。

保険に関しては「新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ」を読んでみてください。

収入を増やすには

次は収入を増やす方法です。実際にいろいろ試している人は知っていると思いますが、お金を増やすことは本当に難しいことです。

大金を稼ぐにはかなり時間と労力が必要で、節約よりも精神的にきついです。

一通りの節約術を試した上で、これから話すことを取り組みましょう。

転職をする

私たちが収入を増やすもっとも低リスクで確実な方法は転職です。より高い賃金の仕事に就くことができれば、追加の労力なしで収入を増やすことができます。

例えば時給800円のフルタイムアルバイトが時給1200円の仕事に転職すると、額面の月給が12.8万円から19.2万円に跳ね上がります。働く時間が増えていないのに、月給が7万円増えるのはかなり大きいです。

昔の日本では雇用の流動性が低く、積極的に転職をする人が少なかったです。しかし今では日本も未曾有の人手不足で、どの会社も新人の採用に躍起になっています。ガンガン転職して、ガンガン収入を増やしたいところですね。

また話術に自信のある人なら給与の引き上げ交渉をするのもいいでしょう。転職先が決まっていなくても、「すでに内定を取っているが、内定先の給料は教えられない」と嘘をつけば、会社に昇給のプレッシャーも与えられます。

これからは少子化と高齢化で労働者はどんどん減っていきます。クレバーな労働者はそれを逆手にとって、どんどん賃上げ要求をすることも可能です。

ネットビジネスを行う

もしあなたがパソコンやインターネットに強いなら、ネットビジネスに参入することをお勧めします。その中でもアフィリエイトビジネスは成功すれば多額の不労所得を手にすることが可能になります。

ただしアフィリエイトビジネスは、成果が現れるまで最低でも半年はかかります。楽に稼げると期待して、安易に今の仕事を辞めるのはやめましょう。

また一部の悪質な人間は「アフィリエイトで簡単に月収100万円」などと煽って、高額教材を買わせたり、メールアドレスを集めて売ったりもしています。甘い言葉に惑わされないように注意しましょう。

アフィリエイトを始めるなら、ひつじさんの「迷う暇すらない!アフィリエイトで月5万稼ぐための最短プログラム」という記事を読むべきです。

ひつじさんは実際に成功したアフィリエイターで、悪質なビジネスにも手を染めておらず信用できます。

投資の利回りを高めるには

投資をするのはまとまったお金が手に入ってからです。種銭が少ない状態で投資をしても、得られる収益は少ないです。

例えば利回り5%の投資でも、10万円の投資だと年間5000円しか得られませんが、1億円の投資なら年間500万円得られます。年間500万円もあれば、働かずに生きていけますね。

ついでに紹介

レバレッジ888倍!短期間で一気に稼ぐなら!
>>> XM

国内最大手!スマホで手軽にFXするなら!
>>> DMM FX

お金

私は現在専業でブログを書いており、お金はできるだけ節約しています。

節約を通じて欲しいものを我慢してきましたが、得られるものも多かったです。

今回は節約を通じて得られた具体的なメリットを説明します。

節約とは?

その前に節約の定義から。節約とは無駄をできるだけ少なくすることを意味します。

お金の節約なら、出費の無駄を減らすことですね。

必要なものを切り詰めるのは節約ではありません。それは単なるケチです。

お金の使い方が上手くなる

私たちはお金を使うことで一定の効能を得ます。

例えばご飯を食べればお腹を満たすという効能が得られ、掃除機を買えば床をきれいに掃除できるという効能が得られます。

ただしお金をたくさん使えば、効能がたくさん得られるわけではありません。

100円のご飯があればお腹を満たすことができますが、1万円のステーキを食べても満腹感が100倍になるわけではありません。

質素な食生活

食事の目的が空腹を満たすことだけなら、使うお金は最小限にするべきです。

そうすればより多くのお金を残せますし、余ったお金は別の有意義なことに使えます。

実際私は日々の食事にあまりお金をかけません。納豆ご飯がメインで、間食は豆腐、ゆで卵、バナナなどです。

質素でひもじい食生活に思われるかもしれませんが、私はそう感じていません。

美味しいものを食べたい時は、きちんとお金を払って外食をしています。

美味しい食事には500円から1000円くらいまで出しますが、ただの空腹を満たす食事には100円程度しか出しません。

お腹を満たすだけならわずかなお金で事足りるからです。

簡単にまとめると、節約により目的に使うお金が最小限ですむということです。

節約家にしてみれば日々の食事に何千円も出すのは無駄なことなのです。

そして節約家は使うお金に対して得られる効能を考慮するので、お金の使い方が上手くなります。

健康を維持できる

節約家は日々の食事にお金をかけず、できるだけ素材に近い食品を買って節約に努めます。

豆腐や卵、納豆などの食品はタンパク質・アミノ酸に優れているので、食べ続けていれば健康を維持できます。

価格だけならカップ麺も安いですが、あちらはタンパク質が少なく、栄養も不十分です。

食べ続けることで病気になり、高額な医療費を支払うことを考えると割りに合わないです。節約家は健康がもっとも大切であると知っているのです。

収入が途絶えても安心!

手元に100万円ある状態で今の仕事を失ったとします。生活費が50万円なら2ヶ月しか食いつなげませんが、生活費が5万円なら20ヶ月は生き延びられます。

お金に余裕があると精神的にも余裕が生まれて、積極的に日々の活動に専念できます。

逆に生活費が高いと、資金に余裕がなくなり消費者金融に手を染めることになってしまいます。意外に思われるかもしれませんが、高給取りの労働者の方が破産するケースが高いです。

人付き合いや見栄のためにお金を浪費するようになり、収入がダウンするとその生活費に稼ぎが追いつかなくなるからです。

だから節約家、それも貧乏を経験した人間の方がお金持ちになる可能性が高いです。

お金の使い方を身につけて、無駄遣いをしない習慣を身につければ、お金は勝手に貯まっていくものなのです。

支出にメリハリがつく!

節約家は無駄なことにお金を使いませんが、必要とあらば大金を使うこともためらいません。生活を便利にさせてくれるものにはきちんと投資をします。

例えばルンバは5万円と高額ですが、毎日の掃除かけを省いてくれるとっても便利な家電製品です。

毎日掃除機をかける労力と比べれば、一時的な5万円の出費は安いものでしょう。

このように節約家は必要な時にお金を使って、生活力を向上させます。頑なにお金を使おうとしない吝嗇家・守銭奴とは違うのです。

物持ちが良くなる

節約家は自分の持ち物を大切にします。物が壊れたらまた買わないといけませんし、使わなくなってもキレイな状態なら高値で売れるからです。

昔は古物をリサイクルショップに売っても二束三文で買い叩かれるだけでいたが、今はメルカリでいい値段で売ることができます。

無駄なものを買わなくなる

前述の通り節約家はお金を出す前に、得られる効能がそれに見合うかをよく考えます。商品を買う前にできるだけ情報を集めて、熟考するので買い間違いを最小限に抑えられます。

世の中の大半のものはよく考えてみれば必要のないものばかりですが、売り手は懸命に宣伝して消費者に買わせようとします。

衝動買いは浪費の元となるので、お金を出す前によく考える習慣は若いうちに身につけておきたいです。

家計簿をつけよう

節約のメリットはわかったけれども、具体的にはどうすればいいのか分からないという方もいるでしょう。

家計簿のノートを手書きで作るのは面倒ですし、レシートを集めていちいち手打ちするのもやはり面倒です。

そんな方には家計簿アプリを使うことをオススメします。

最近の家計簿アプリは優秀で、レシートをカメラでスキャンして購入金額を読み取ったり、クレジットカードと連携して光熱費などを自動で記録してくれます。

私は以前はマネーフォワードを使っていましたが、広告がうっとおしいので、今はマネーツリーに移行しています。緑色の背景に白い象さんが特徴の可愛らしいアイコンです。

家計簿をつけるメリット

人は自分の欲しいものを手に入れると、それに支払った金額のことは忘れがちになります。家計簿をつけることで、自分の出費を振り返り、それが割りに合うかどうかを考えるようになります。

また定期的に家計簿をつけることで、日々の出費にも気を使うようになり、この商品は相場より高い・低いなどがわかるようになります。

さらにマネーツリーでは借金の金額もわかるようになっているため、借金を強く意識し急いで返済するきっかけにもなります。

まとめ

お金持ちという人種は大抵お金の管理が上手です。無駄なものにお金を使わず、コツコツとお金を貯めてきたからこそお金持ちになれるのです。

貯蓄とは日々の消費行動の積み重ねなので、お金を使わない習慣を維持できる人こそがお金持ちになれるのです。

お金持ちの行動・考え方について興味のある方は下記の本を読んでみてください。

一般的なお金の自己啓発書とは異なり、実際の億万長者へインタビューを行っているので、データに裏打ちされた信用のできる本です。 

お金

私もとうとうFXデビューです。デモトレードではなく実際のお金を使った本番です。

本当はもっとお金が貯まってから始めたかったのですが、今の相場がいい感じなので手を出してしまいました。

もしチャートの読みを大きく外して、ロスカットになってしまったら、入金した10万円を失うことになりますので、大きな痛手となるでしょう。

しかし私は今派遣社員として働くことに大いに嫌気がさしているので、1日でも早くこの貧乏から脱出したいのです。

そして金持ちと張り合うためにはレバレッジでリスクを負うしかないのです。現在私がかけているレバレッジは世界最高レベルの888倍です。

この数値だけ耳にするとクレイジーかもしれませんが、対策は万全です。証拠金を投資額の10倍くらい準備しているので、多少の含み損は耐えられます。

証拠金準備率にして1000%です。これが30%になることはほぼないでしょう。XMでは1ロットで10万通貨単位です。日本円で1200万円を動かすことになり、レバ25倍だと48万円必要です。

しかしレバ888倍ではたったの14,000円で動かせてしまうのです。

もちろんこれだけではわずかな含み損でロスカットになりますが、証拠金を揃えても10万程度でその100倍の資金を動かせるのです。これぞ貧乏人に与えられた金儲けのための最後の手段と言えましょう。

借金は悪ではない

私はせっかちな性格なので、バイトをしてお金が貯まるまで待てませんでした。そこでクレジットカードから前借りという形で10万円をFX口座に振り込みました。XMでは入金額の50%が追加のボーナスとして受け取れます。これに口座開設ボーナス3,000円を足した、153,000円が投資資金となります。

貧乏人がまとまったお金をすぐに調達するには借金しかありません。借金とは未来の自分からお金を前借りすることとも言えます。しかしよほどの勝算がなければFXで借金はお勧めしません。負けた時の心理的な負担が大きいからです。私もこれで大負けしてしまったら、リボ払いにしてコツコツと返済しようかと思います。

今の時代働いても苦労の割にはあまり稼げません。一日中拘束され続けて、しんどい思いをしても日給8,000円では割に合いません。

いざ初陣!

11月25日の夜にEUR/USDを1ロットを売り注文しました。このペアは以前から下げ調子が続いており、移動平均線もまだまだ上にありこれからも下がる傾向にあるからです。注文を確定したらあとは寝て待つだけです。

FXというとずっと画面に張り付いて取引しているイメージがありますが、そうしたスキャルピングは体に悪いので、私は使用しません。翌日になると4万円の損失を出していました。証拠金がなければ投資額の2倍以上の損失を抱えていることになり、即ロスカットです。

しかしFXにおいてこんな予想外の短期的な値動きはよくあることなので、予防線は十分に張っています。それにしても初陣で大きな含み損を抱えるのは幸先がよくないですね。その日の夜には損失が2万円くらいで収まっていました。

ここで焦って決済していたら、4万円の損失を抱えることになっていました。投資においては忍耐力こそが大きな武器になると実感しました。

焦ってはいけない

そういえばFXのトレーダーの9割が利益をあげられず、退場する理由は頻繁な売買による手数料だと聞いたことがあります。FXトレーダーの多くは、手っ取り早く大金を稼ぎたいと考えているので、待つことができず、わずかな利益でもすぐに決済してしまうのでしょう。

私の場合はレバレッジこそ高いですが、証拠金で余裕をとっているので、利益が出ようとも、含み損を抱えようとも、のんびり構えています。まあできるだけ早く大金が欲しいですが、大きな利益を手にしたいなら、待つことの方が重要です。ことわざで言うところの「果報は寝て待て」というやつですね。

ハイレバで短期間のトレードを行う人は数多くいますが、ハイレバで長期投資をする人はあんまりいないでしょう。実際にこの手法で成功した人が見当たらないので少し不安ですが、成功したら「ほったらかしFX」とでも名付けて広めていきたいものです。

損失が収まった

毎朝7時になるとメールでポジションの状況を伝えてくれます。英語で書かれているので、読むのに手間がかかりますが、助かります。さて投資した初日から4万円の損失を出してしまいましたが、その2日後の夜には損失は3,000円に収まっていました。ここからは利益に転じていくはずです。来週の月曜日が楽しみでなりません。

5日後で利益が出た

11月30日の月曜日の朝、利益が5,000円になっていました。ようやく利益が出てきてちょっと嬉しいですが、ここからが本番です。ユーロは日足で見ると、下がる傾向にあるので売りの一手です。売り注文したら利益が膨らんでいくのを待つだけです。

その日の夜には利益2万円前後を推移していました。利益が1万円になったり、3万円になったりと変化は激しいですが、平均で2万円ですね。

ここで焦って何度も売買していてはスプレッドを何度も支払うことになります。ほったらかしFX術では一度設定したポジションはなるべく変えないようにします。

次の日の朝には損切り

ユーロドルは次の日の朝には売ってしまいました。確かに日足では下がり傾向だったのですが、1、4、8時間足ではその傾向が収まりつつあったからです。

含み損も6,000円ほど抱えていましたが、決済しようかどうか悩んでいると、急に15,000円くらいにまで損失が拡大したので、これはまずいと思い、決済しました。

下記の画像はその時の4時間足です。移動平均線はチャートの上ですが、上がりそうな雰囲気です。チャートの動きがわかりにくく、移動平均線の緩やかな相場は手を出さない方が良さげです。

スクリーンショット 2015-12-01 17.32.36

ここでの私のミスは相場の流れを読むのに日足しか使わなかったことです。複数の時間足を使えば、複数の観点から相場を予測できます。

もう一つの敗因は下りきった相場に売り注文をしてしまったことです。ユーロドルは売買する段階で十分に下りきっており、旨味の少ないタイミングでした。

これからはデットクロス直後のうまそうなタイミングを狙います。下記の画像はEUR/NZDのチャートです。これからいい感じに下がっていきそうな相場です。

スクリーンショット 2015-12-01 17.47.41

チャートを何度も見てはいけない

実は私、ほったらかしFXとか言いながらも何度もチャートを確認しています。今日は仕事を休んだので、スマホを触る時間がいっぱいあるのです。

すると急激な含み損を目にする機会も増えてしまいます。含み損が一時的なものだとわかっていても、なんとなく不安になってしまいます。

ですのでポジションを確定したら、仕事をするなりして時間を潰すほうが賢明です。大きな利益はすぐには出来上がりません。FXで勝てるのは我慢強く待つことのできるトレーダーです。

FXを始めるならまずは基礎から

FXを始めるにはまず基礎知識だけでも身につけておく必要があります。私はインベスターZの10巻でFXのことを学びました。

FXに関する基礎的な知識や意外な真実など、非常に有益な情報が数多く書かれているのでオススメです。

FX業者でXMを使うメリット

FXの業者はいくらか調べてみましたが私はXMという業者が一番かと思いました。XMなら海外業者なので日本の規制を超えた888倍のレバレッジが可能で、短期間で大きく稼ぐことができます。

またゼロカットシステムによりどれだけ大きな損失を出しても、口座がマイナスになった時点で決済を完了します。失うのは入金したお金だけで、それ以上の借金を背負うリスクがないわけですね。これで気軽に大きなリスクを背負えるわけですからありがたい話です。

また入金ボーナスとして入金額の50%をポイントとして受け取ることができます。このポイントは出金したら消えてしまいますが、取引を続けている間は自分の資金として使うことができます。

例えば10万円入金したら、5万円分のボーナスをもらえます。資金が50%も増えれば、かなりしぶとく生き残ることができますね。

以上のことから少額で自分の資金内でリスクを負ってFXをしたいならXMをオススメしたいです。

理論よりもまずは実践。実際にやってみればFXがどんなものかがよくわかるはずです。FXは違法業者が多いですが、XMは最大手なので安全です。

XMで口座を開設する

おすすめ記事

世の中には生活を豊かにしてくれる便利なものがたくさんあります。下記の記事ではそうしたおすすめ商品を紹介しているので、よかったら覗いてみてください。

【2017】 amazonで買うと一人暮らしが捗るもの・便利グッズまとめ