スマホ生活が快適に! おすすめのスマホグッズ・アクセサリーまとめ

2018年5月15日

この記事ではスマホ生活が便利になるおすすめグッズを紹介します。

スマホの充電グッズ

耐久性が高く断線しにくい、iPhoneの充電に「AnkerのライトニングUSBケーブル」

スマホを充電していて困るのが、ケーブルの断線。特にアップルの純正ライトニングケーブルは値段が高いのに、耐久度が低く断線しやすいです。

しかしAnkerのライトニングUSBケーブルは純正のイヤホンよりも太くて、破れにくいです。Apple MFi認証も受けているため、品質は保証されています。

欠点はモバイルバッテリー向けの短いケーブルは用意されていないことです。10cmくらいの短いライトニングケーブルが欲しいなら、Amazonベーシックのケーブルを選びましょう。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

ナイロン素材で劣化しにくい、Androidスマホの充電に「Rampow Micro USBケーブル

Androidスマホを使っているなら、ケーブルはRampowのマイクロUSBケーブルにしましょう。

コード部分に頑丈なナイロン素材を使っているため、雑に扱っても断線しません。ビニール素材のケーブルと違って劣化しにくく、絡まりにくいのも大きな利点です。

またメーカーが生涯保証をしているため、万が一不良品を引いてもすぐに無料で交換してくれます。

2本組なので、一本は家用、もう一本は出先用と使い分けることもできます。

安くて耐久性が高いアマゾンでも高評価なマイクロUSBケーブルです。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

大容量なのにコンパクト「Ankerのモバイルバッテリー」

スマホは私たちの生活に欠かせないツールとなっています。もし充電し忘れたり、充電切れになったりすると、いざという時に便利なネットサービスが使えなくなります。緊急用にモバイルバッテリーを常備しておきましょう。

Ankerのモバイルバッテリーはサイズが小さくコンパクトなので、ウエストポーチなど小さなバッグにも入ります。いつでも手軽の持ち歩けるため、荷物の圧迫感もありません。

また容量も10000mAhの大容量で、平均的なスマホなら5回は充電できます。モバイルバッテリーは使った後、再充電を忘れやすいので、なるべく容量の大きなものを買うといいでしょう。

日本では充電が自由にできるファミレス・カフェはまだ少ないです。仕事でスマホのテザリングを使う人は、充電切れに備えて買っておきましょう。

またコンセントしか使えない場所で作業をするなら、折りたたみプラグを搭載した「Anker PowerCore Fusion 5000」も良いですよ。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

急速充電できるコンパクトデザイン「USB充電器 Anker PowerPort 2 Elite」

コンセントからスマホを充電するなら、USB充電器があると便利です。

特にAnker PowerPort 2 Eliteは、他の充電器よりも充電スピードが早いです。

ポートが2つあるので、スマホとモバイルバッテリーを同時に充電できるのも大きな長所です。

旅行や外出でもっと小さなUSB充電器が欲しいなら、AUKEYのUSB充電器も良いですよ。消しゴムくらいのサイズで、荷物のスペースを圧迫しません。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

置くだけで高速充電「ワイヤレス充電器 Anker PowerPort Wireless 5 Stand」

お使いのスマホがワイヤレス充電に対応しているなら、ワイヤレス充電器を使ってみましょう。カバーをつけたまま、端子をつなげることなく、置くだけで充電できます。

Anker PowerPort Wireless 5 Standは、他のワイヤレス充電器より充電スピードが早く、放熱のリスクも少ないです。さすがは有名なUSB充電器ブランドですね。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

スマホのカメラ用品

スマホカメラをもっと楽しめる「スマホ用カメラレンズ ActyGo」

最近のスマホカメラはとても性能が高く、デジタルカメラに劣らないレベルです。せっかく高性能なカメラがあるのですから、それをもっと楽しみたいですよね?

ActyGoのカメラセットは、4種類のレンズ、三脚、レンズクリップ、ケースなど含まれた豪華なセットです。

値段も2000円と安いので、出費の激しいカメラ趣味に手を出せない人はぜひ試してみましょう。身近なものをパシャパシャ撮るだけでもかなり楽しめます。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

スマホの自撮り・記念撮影がスムーズに「Bodyguardの多機能自撮り棒」

旅行や打ち上げなどの楽しいイベントで、スマホで記念撮影したくなることもありますよね。手軽にみんなで写真を撮るなら、自撮り棒を使いましょう。

特にBodyguardの自撮り棒なら、手元のボタンを押すだけで手軽にきれいな自撮り写真を撮ることができます。

他にも三脚に変形させて、Bluetoothリモコンでシャッターを切ることもでき、集合写真・記念写真を撮るときにも重宝します。

これがあれば飲み会などの記念撮影もバッチリです。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

おすすめのスマホ音楽用品

耳につけて自動接続、ケースに入れて自動充電「Appleの完全独立型イヤホン Airpods」

「外出先で音楽を聴きたいけど、イヤホンはコードが引っかかるからイヤ。」

そんな方には完全独立型イヤホン「Airpods」がおすすめです。

Airpodsは完全独立型なので、左右のイヤホンがコードでつながっていません。そのためコードが顔に当たらず、とても快適です。

またAirpodsは、耳にはめると自動でスマホに接続してくれます。音楽を聴くたびに面倒な設定をしなくていいので、今まで以上にシームレスに音楽を聴くことができます。

さらに付属のケースはイヤホンの充電バッテリーにもなっており、イヤホンを収納すると自動で充電してくれます。Bluetoothイヤホンは充電が面倒ですが、そのデメリットを見事に解消しています。ちなみにケースはライトニングケーブルで充電できます。

音楽を快適に聴くなら、これ以上便利なイヤホンはありません。

Apple(アップル)
¥17,315 (2018/05/27 09:38:18時点 Amazon調べ-詳細)

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

地下鉄・ファミレスの騒音が気にならない「Boseのノイズキャンセリングイヤホン QuietControl 30」

「地下鉄の騒音がひどくて頭が痛くなる。休日にファミレスで作業したいけど、子どもの声がうるさくて集中できない。」

そんなお悩みの方には、ノイズキャンセリングイヤホンがおすすめです。

特にこのBoseの「QuietControl 30」は、他と比べてノイズキャンセリング性能がとても高いです。これを装着して音楽をかければ、周りの騒音がきれいさっぱりなくなります。

またこのイヤホンもワイヤレスなので、コードの絡まりを気にしなくていいのも大きな利点です。

さらにイヤーチップは柔らかいシリコン製なので、長時間つけていても耳が痛くなりません。

値段はかなり高いですが、それを上回る快適さをもたらしてくれる便利なイヤホンです。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

コンパクトでお風呂でも使える「Ankerのワイヤレススピーカー」

「お風呂で音楽を聴きたいけど、スマホだとボリュームが足りない。」

そんな場合はAnkerのBluetoothスピーカーを買いましょう。

防水加工がされているため、お風呂・プール・海辺などで水濡れを気にせずに音楽を楽しめます。

サイズも筆箱くらいでコンパクトなので、携帯しやすく、デスクに置いても邪魔になりません。

Bluetoothの接続範囲も20mと広く、スマホを風呂場に持ち込まなくてもOKです。

長風呂するときの暇つぶしにおすすめです。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

スマホ防水グッズ

プール・海・お風呂でスマホを使える「Ankerのスマホ防水ケース」

「長風呂の暇つぶしに、スマホで読書・動画鑑賞をしたい。」

そんなときはスマホ用の防水ケースを使いましょう。

特にAnkerの完全防水ケースは密閉性が高く、バスタブにスマホを落としても浸水しません。

またネックストラップもついており、海やプールなど広い場所でもスマホが流される心配がありません。

18ヶ月の保証もあるので、不良品をつかまされてもすぐに返品できます。さすがは有名ブランドのAnkerですね。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

ランニング・ウォーキング中に音楽を聴ける「PORTHOLICのランニングアームバンド」

「ランニング・ウォーキングをするとき、スマホを持ち歩きたいけど、ポケットに入れると邪魔になる。」

それならスマホ用のアームバンドを着用しましょう。

PORTHOLICのアームバンドは、マジックテープ式なので、腕にフィットしやすくズレ落ちにくいです。

またカードとキーも収納できるため、ポケットに小物を入れる必要もなくなります。走っているときにポケットの中でジャリジャリ金属音がなるのは嫌ですよね。

ランニング・ウォーキング中の音楽鑑賞がとても快適になるアイテムです。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

スマホ保護用品

耐久度が高く、質感も良い「Spigenのスマホケース」

「iPhoneを傷つけないようカバーをつけたい。できれば安くて頑丈なのがいい。」

それならSpigen(シュピゲン)のスマホカバーを選びましょう。

このケースは米軍軍事規格を取得しているため、耐久度がとても高いです。派手にスマホを落としても、壊れる心配がありません。

またスイッチ部分にも切り込みが入っているため、スリープボタン・音量ボタンも押しやすいです。安物のケースは出っ張りがなくて、ボタンが反応しにくいですからね。

デザインもシンプルでマットな黒色で、iPhoneのデザインを損ないません。iPhoneカバーがたくさんありすぎて選べないなら、Spigenを選んでおけば間違いないです。

iPhone5/5s/SE向けiPhone6/6s向けも販売されています。

 

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

使いやすいマグネット式「手帳型スマホケース」

「もっとおしゃれで知的な感じのスマホケースが欲しい。」

それなら手帳タイプのスマホケースはどうでしょうか?

このケースはフタ部分にマグネットを使っているため、カバンの中に入れてもうっかりカバーが開くことがありません。フタを閉じるひもがなく、1アクションでスマホを開けるのはとても快適です。

デザインもなかなか高級感があり、裁縫もきれいに整っています。それで値段が1000円なのですから、コスパはかなり高いです。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

指の滑りが良く、指紋がつきにくい「Nimasoの強化ガラス液晶保護フィルム」

買ったばかりのスマホには、必ず保護フィルムを貼っておきましょう。万が一スマホを落としてしまっても、フィルムが身代わりになってくれます。

特にiPhoneはガラスの交換だけでも修理代が何万円もかかります。フィルムの値段は1000円くらいなので、リスクヘッジとしては安い方です。

特にNimasoのガラスフィルムは、耐久性がとても高いです。スマホを画面から派手に落としても、簡単には割れません。

フィルム表面の硬度も高く、鍵と一緒にポケットに入れてしまっても、引っかき傷がつきにくいです。

2枚セットになっており、貼り付けに失敗しても、もう一枚使えるのも助かりますね。フィルムの貼り方に関しては、MinasoのYoutube動画をご覧ください。

 

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

スマホ固定用品

スマホを寝ながら使える「スマホホルダーアーム」

「ベッドでゴロゴロしながらスマホで動画鑑賞したい!」

それならスマホホルダーを使いましょう。

このスマホホルダーはアームの可動域が広いため、タブレットもセットできます。一本だけでスマホとタブレットで使い回せるので、ホルダーを2本買う必要がなくなります。

またアームの角度も簡単に変えられるため、読書するときは縦向き、動画を見るときは横向きと使い分けられます。

さらにアームの側面には穴が空いているため、スマホをホルダーにセットしたまま充電できます。これならスマホのバッテリーを気にせず長時間動画を見られますね。

寝ながらの動画鑑賞が快適になる便利なスマホグッズです。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

ずっしりしていて安定感バツグン「Ankerのスマホスタンド」

「スマホ・タブレットを横向きにして動画を楽しみたい。」

それならスマホ用のスタンドを使いましょう。

Ankerのスマホスタンドは角度の調節がしやすく、画面をちょうどいい向きに変えられます。

スタンドの足にはゴムパッドがついており、重たいタブレットも安定して乗せられます。

特に机でタブレットを使うときに役立ちます。タブレットはスマホより重たく、片手で支えるのは疲れますからね。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

スマホ収納用品

メッシュポケットが多く、整理しやすい「サンワダイレクトの充電器ポーチ」

「旅行や出張で充電ケーブルやモバイルバッテリーをまとめて収納したい。」

それならサンワダイレクトの充電器ポーチを使いましょう。

このポーチにはファスナーポケット1個とメッシュポケット2個があり、小物の管理がしやすいです。メッシュポケットの口はゴム製なので、中身が飛び出しにくいのも大きなメリットです。

他にも目薬やタバコ、USBメモリやポケットティッシュなど、カバンに入れている小物を一箇所にまとめられます。

外出先でよく作業をするフリーランスにも役立つ便利グッズです。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

スマホを首にぶら下げられる「ネックストラップ」

「仕事中にスマホでよく通話をする。けどポケットに入れたくない。」

それならスマホ用のネックストラップを着用しましょう。首に引っ掛けておけば、いつでもすぐにスマホを使うことができます。

またリング状のストラップは首ひもから簡単に着脱できます。スマホを充電するときなどに首ひもまで外さなくていいのは便利ですね。

またストラップ部分はスマホの落下を防ぐ指かけリングとしても使えます。最近のスマホはサイズが大きいため、落下対策はしておいたほうがいいです。

仕事でスマホを使うのがとても楽になるアイテムです。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

スマホでPC作業

スマホで文章を書くなら「Bluetoothキーボード」

「スマホ・タブレットでパソコンみたいにタイピングしたい。重たいノートを持ち歩きたくない。」

それならBluetoothのワイヤレスキーボードを使いましょう。パソコンがなくても、スマホさえあればたくさんタイピングできます。

Ankerのワイヤレスキーボードは、iPhone、iPad、Androidスマホ、Windowsタブレットに対応しています。このキーボードがあれば、好きな端末で好きなだけタイピングを楽しめます。

また重量も200gと軽くコンパクトで、外出時にカバンに入れてもかさばりません。

そして何より高級感あるシルバーなデザインは、Apple製品と相性が良いです。やっぱりAppleといえば色は白かシルバーに限ります。もちろん黒色のデザインも販売していますが。

特にスマホやタブレットで長文を書く人には欠かせないアイテムです。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

自動接続できる折りたたみ式「iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード」

 

デザインよりも機能性にこだわるなら、iCloverのワイヤレスキーボードを選びましょう。

このキーボードは、本体を開けば自動で接続し、折りたためば自動で切断してくれます。接続の手間が省けるのは嬉しいですね。閉じているときはマグネットで固定され、何かの弾みで開いてしまうこともありません。

重量も174gと軽量で、折りたためばサイズもスマホと変わりません。小型のショルダーバッグやウエストポーチにも収納でき、ちょっとした待ち時間でもタイピング作業ができます。

さらにキーボードはV字型に開くエルゴノミクスデザインで、キーボードが打ちやすく、手首への負担も少なくなります。キー配列も中央で分かれており、ブラインドタッチもやりやすいです。

ファミレスやカフェでのタイピング作業が捗ります。パソコンを持ち歩きたくないブロガーやウェブライターにおすすめの商品です。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

スマホゲーム用アクセサリー

スマホの3Dゲームが快適に「スマホ冷却ファン」

スマホゲームといえば、今はMinecraftや荒野行動などの3Dゲームがアツいです。ただこうしたゲームは処理が重たく、長時間プレイしているとスマホ本体も発熱します。そのまま放置すると、ゲームのパフォーマンスが悪くなり、まともにプレイできなくなるはずです。

スマホで処理の重いゲームをするなら、スマホ用の冷却ファンを使いましょう。スマホの発熱を抑えられ、ゲームの動作がサクサクになります。

こちらのスマホ冷却器は2000mAhのバッテリーも内蔵されており、数時間程度ならスマホのバッテリーを気にせずゲームを楽しめます。

背面にはスタンドも付いているため、スマホで動画を見るときにも便利です。

スマホゲームをたくさんやる人なら、買って損はしません。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

ヘルスケア用品

スマホで健康管理、メール・電話の通知も「スマートウォッチ」

 

規則正しく健康な生活を送るなら、日々の自分の生活をきちんと記録しましょう。スマートウォッチを装着すれば、心拍数、消費カロリー、歩数、睡眠時間などをデータを取ることができます。

特にANEKENのスマートウォッチは、他よりも軽量かつコンパクトで、腕につけても重みを感じさせません。毎日腕に着用するものですから、できるだけ軽いものがいいですよね。

また防水加工もされており、運動中に汗で濡れて壊れる心配もありません。

さらに専用のアプリをスマホにダウンロードすれば、LINEや電話の着信を振動で伝えてくれます。運動中に急ぎの連絡が入っても、すぐに確認できるのは便利ですね。

値段も3000円と非常に安いので、手軽に健康管理したい人はぜひとも購入してみましょう。3000円で健康を維持できると考えれば、安い投資です。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

車・バイク・自転車用のスマホグッズ

スマホをしっかりホールド、着脱もしやすい「SmartTapのスマホ車載ホルダー」

 

最近はスマホを車のナビ代わりに使う人も増えていますね。ただ車は振動が激しく、安物のスタンドで固定してもすぐに外れてしまいます。

SmartTapの車載ホルダーは、足の吸着力がとても高く、強い衝撃を受けてもビクともしません。運転中でもスタンドが外れないため、安心してスマホナビを利用できます。吸着ジェルは洗い直せば何度でも使えます。

またスマホの取り付けも簡単で、指で軽く押すだけです。片手でセットできるのは便利ですね。取り外しもレバーを2本の指で押し込むだけで、片手でできます。

吸着性と着脱のしやすさに定評があり、スマホをよく使う運転手なら買っておきたい便利グッズです。

スマートタップ(Smart Tap)
¥2,490 (2018/05/27 09:38:25時点 Amazon調べ-詳細)

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

車内でスマホを高速充電「AnkerのUSBカーチャージャー」

スマホをよく使う人なら、車にUSBカーチャージャーも取り付けましょう。これがあればいつでもスマホの充電ができます。

特に「Anker PowerDrive 2」は、独自技術のPowerIQとVoltageBoostにより高速でスマホを充電できます。

また差込口周辺は青いライトで光るので、暗い車内でもすぐに差込口を見つけられます。

AnkerはUSB充電器の有名ブランドなので、品質の信頼性も高いです。万が一不具合があっても、18ヶ月の保証期間があるので、連絡すればすぐに交換してくれます。

車内でのスマホ利用が快適になる便利なアイテムです。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

車内スピーカーでスマホの音楽を聴ける「FMトランスミッター」

車内でスマホの音楽を聴きたいなら、FMトランスミッターを取り付けましょう。これがあれば車のスピーカーでスマホの音楽を聴けるようになります。

特にJAPAN AVEのFMトランスミッターは、USBケーブルだけでなく、Bluetoothにも対応しています。一度接続の設定をすれば、エンジンをかけた時に自動でスマホに接続してくれます。

またUSBポートに接続することで、スマホの充電もできます。音楽を聴きながらスマホの充電ができるのはとても便利です。

車内での音楽鑑賞が快適になる便利なスマホグッズです。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

バイクにスマホをしっかり固定「デイトナのバイク用スマホホルダー」

バイクに乗りながらスマホを使うなら、バイク用のスマホホルダーを設置しましょう。

デイトナのスマホホルダーは金属素材でできており、耐久性がバツグンです。

またホルダー部分は回転させられるため、縦向きにも横向きにも対応しています。

これがあればバイクのツーリング中でもスマホで位置を確認できます。安全で快適な運転をするなら、ぜひ買っておきましょう。

デイトナ(Daytona)
¥3,470 (2018/05/27 09:38:26時点 Amazon調べ-詳細)

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

自転車にスマホを固定できる「自転車スマホホルダー」

「自転車にスマホを取り付けて、ナビで遠出してみたい!」

それなら自転車用のスマホホルダーを使いましょう。地図アプリをナビとして使えて便利です。

このスマホホルダーは4カ所のコーナーをがっしりホールドするため、強い衝撃を受けてもスマホが落ちません。

またコーナー部分の爪は柔らかいシリコン製なので、スマホのボディを傷つけることもないです。

自転車で位置を確認する時に、わざわざポケットからスマホを取り出す必要がなくなります。快適なツーリングを楽しみたいなら、ぜひ購入してみましょう。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

スマホで防犯対策

無くしたスマホ・鍵がすぐ見つかる「携帯GPS Tile Mate」

「部屋が散らかっていて、スマホや家の鍵が見つからない!」

それなら携帯GPSの「Tile Mate」を使ってみましょう。

例えばこれを家の鍵に取り付けて、ボタンを押すと、連動してスマホが音を発してくれます。音の位置がわかれば、スマホの位置も特定できるわけですね。

逆に家の鍵をなくして場合は、スマホのアプリから操作することで、Tile Mateを鳴らすことができます。これでなくした家の鍵をすぐに見つけられますね。

欠点は電池の寿命が1年と短く、電池の交換もできないことです。寿命が切れるたびに新しく買い換えないといけません。

もっと便利グッズが知りたいなら、カテゴリー「生活用品」へ

 

おすすめ記事

もっと便利な生活用品を知りたいなら、こちらの便利グッズ紹介記事をご覧ください。

生活用品

Posted by むれ