安眠・快眠におすすめのAmazon寝具・睡眠用品・ベッドグッズまとめ

ベッドで寝ていても寝心地が悪い。ベッドの片付けがめんどくさい。そういう悩みを抱える人もいますよね。

睡眠は人生の3分の1を占めています。睡眠の質が悪いと、仕事や勉強にも支障が出てしまいます。

そこでこの記事では、睡眠を手助けする便利グッズを紹介しています。質の良い快眠グッズを買って、快適快眠を目指しましょう!

 

  1. 快眠におすすめの枕用品
    1. 首・肩が痛くならない、いびき対策も「低反発の快眠枕」
    2. ふわふわの綿100%「アイリスオーヤマの枕カバー」
    3. 真夏の暑さでも眠れるように「アイスノン」
  2. 快眠におすすめの布団用品
    1. 安くて軽いのに暖かい「タンスのゲンの羽毛ふとん」
    2. ふかふかの綿100%「布団カバー」
    3. 布団を小さく圧縮できる「ふとん圧縮袋」
    4. 肩・背中・腰の痛みがなくなる「高反発健康マットレス」
    5. 安くてシンプル「敷き布団カバー・シーツ」
    6. 夏場でもサラサラした感触「敷きパッドシーツ」
    7. 厚手でふわふわ柔らかい「西川リビングのタオルケット」
    8. 薄手なのに暖かい、肌触りも滑らか「mofuaの毛布」
    9. 安くて丈夫、一人暮らしのベッドにおすすめ「タンスのゲンのすのこベッド」
  3. 快眠におすすめの家電・ガジェット
    1. 画面が大きく、情報量が多い「セイコーの目覚まし時計」
    2. 朝の目覚めが良くなる「YABAEの光目覚まし」
    3. 心地よいサウンドで寝つきが良くなる「ホワイトノイズマシン」
    4. 布団のダニ・ハウスダスト対策に「Vacplusの布団クリーナー」
    5. 冬場でも布団が温かい「アイリスオーヤマの布団乾燥機」
    6. 水洗いOK「電気毛布」
    7. 電気毛布のつけ忘れ・消し忘れ対策に「プログラムタイマー」
  4. 便利なおすすめ快眠グッズ
    1. 冬場の肩の冷え対策に「マイクロファイバー肩当て」
    2. 寝相が悪くても布団がずれ落ちない「ベッドクリップ」
    3. リラックスした姿勢を取るのに便利「クッション」
    4. 仰向けでスマホを使える「スマホホルダー」
    5. 寝ながらタブレットを使える「タブレットホルダー」
  5. 快眠向けおすすめリラックス用品
    1. 遮光性が高く鼻から光が入らない「アイマスク」
    2. 目元のリラックスにおすすめ「あずきのチカラ」
    3. 職場で目元を癒すなら「ホットアイマスク」
    4. 騒音で眠れないときにおすすめ「睡眠用耳栓」
    5. 飲めば寝つきが良くなる「睡眠薬」
  6. おすすめ記事

快眠におすすめの枕用品

首・肩が痛くならない、いびき対策も「低反発の快眠枕」

心地よい眠りにつきたいなら、まずは質のよい枕を買いましょう。

この枕は人体工学に基づいてデザインされており、仰向けでも横向けでも楽に寝ることができます。

枕の中央にくぼみがあるおかげで、寝返りを打っても、頭は枕の中央に固定されます。頭が枕からずれ落ちず、首に負荷がかからなくなるため、寝違えも防げます。

また枕の高さも高いので、横向けで寝ても首が痛くなりません。

さらに正しい姿勢で眠ることで、上気道の空気の通りが良くなり、いびきも防げます。

健康上のメリットが多いため、快適に眠りたいなら購入をおすすめします。

 

ふわふわの綿100%「アイリスオーヤマの枕カバー」

ぐっすり眠りたいなら、枕カバーも肌触りの良いものを選びましょう。

アイリスオーヤマの枕カバーは綿100%なので、ふかふかで柔らかいです。

カラーバリエーションもたくさんあり、ベッドや布団に合った色を選べます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥464 (2018/10/02 14:21:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

真夏の暑さでも眠れるように「アイスノン」

夏になると夜でもかなり暑く、なかなか寝付けないことってありますよね?

そんなときはアイスノンを枕に敷いて寝ましょう。頭がひんやりして、寝付きやすくなります。

特にこのアイスノンはジェルが二重構造になっており、冷たさが夜から朝まで長続きします。

アイスノン
¥779 (2018/10/02 14:21:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

快眠におすすめの布団用品

安くて軽いのに暖かい「タンスのゲンの羽毛ふとん」

もし布団を新しく買うなら、羽毛布団を強くおすすめします。

まず布団が分厚いのに重量はとても軽いため、布団をかぶっても体が苦しくありません。普通の分厚い布団だと重たくて体に圧迫感を感じるのですが、羽毛布団だとそれがないのです。

さらにこの羽毛布団の値段は1万円と、他と比べて安いです。普通の羽毛布団は2、3万円はしますからね。

確かに普通の布団と比べると少し高いですが、価格以上の快眠をもたらしてくれます。羽毛布団の中でもコスパの高い商品です。

 

ふかふかの綿100%「布団カバー」

上記の羽毛布団を買うなら、セットで同じサイズの布団カバーも買いましょう。

この布団カバーは綿100%なので、ふかふかで柔らかくて暖かいです。

生地もしっかりしており、安っぽさを感じさせません。

サイズと色の種類もたくさんあり、部屋のデザインに適したものを選べます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,626 (2018/10/02 14:21:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

布団を小さく圧縮できる「ふとん圧縮袋」

羽毛布団のデメリットは、体積が大きすぎて収納しにくいことです。狭い押し入れが羽毛布団でパンパンになるのは嫌ですよね?

そんな場合に活躍するのが、このふとん圧縮袋です。この中に布団を入れて、空気を吸いだすことで、布団のサイズが小さくコンパクトになります。

空気を吸いだす方法は、掃除機と手動ポンプの2種類です。掃除機をひっぱり出さなくても布団を小さくできるのは便利ですね。

3枚セットなので、羽毛布団、毛布、冬用シーツなどと使い分けられます。

布団の収納で困っている人におすすめの良品です。

 

肩・背中・腰の痛みがなくなる「高反発健康マットレス」

睡眠の質にこだわるのなら、マットレスも良いものを選びましょう。体の接する部分が多く、負荷がかかりやすいため、寝具の中でも一番重要です。

このマットレスは高反発なので、体の負荷が分散しやすく、肩・背中・腰が痛くなりにくいです。

またくるくると丸めて収納することもでき、押し入れのスペースを圧迫しません。

そして何より特筆すべきは値段がとても安いこと。これだけ高品質なマットレスが1万円以下で買えるのは、とてもお買い得です。

睡眠の質が悪く、肩や腰の痛みでお悩みの方におすすめです。

この商品は現在取り扱いされていません

 

安くてシンプル「敷き布団カバー・シーツ」

上記のマットレスが入るサイズの敷き布団カバーです。

機能は平均的ですが、値段は安いです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥815 (2018/10/02 14:21:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

夏場でもサラサラした感触「敷きパッドシーツ」

 

厚手でふわふわ柔らかい「西川リビングのタオルケット」

夏場でも夜は少し肌寒いので、軽く寒さをしのげるタオルケットがあると便利です。

このタオルケットは、感触がサラサラしていて、肌触りもいいです。

カラーバリエーションも豊富で、寝具の色に合わせたものを選べます。

 

薄手なのに暖かい、肌触りも滑らか「mofuaの毛布」

毛布は布団の暖かさレベルを1ランクアップさせてくれます。冬場は羽毛布団の上にかければ暖かいですし、春秋はそのまま布団としても使えます。

mofuaの毛布は繊維がとても細かいため、熱をため込みやすく、薄地なのにとても暖かいです。生地が薄手なので、布団としてかぶっても体が圧迫されません。

肌触りもしっとり滑らかで、肌に引っかかるような不快感もないです。

カラーバリエーションも非常にたくさんあり、どの色にしようか迷ってしまうほどです。

値段も3000円以下とお手頃で、総合力に優れたオールマイティな毛布です。

敷きパッドもセットで買えば、冬場でも暖かく眠れます。

 

安くて丈夫、一人暮らしのベッドにおすすめ「タンスのゲンのすのこベッド」

マットレスを床に直接敷くと、水分の逃げ場がなくなり、カビが発生します。

布団の下の通気性をよくするなら、すのこマットを使いましょう。

すのこマットは普通のベッドより格段に軽いため、引っ越しや大掃除の時でも動かしやすいです。

作りもシンプルかつ頑丈で、成人男性が踏んでも壊れません。

とりあえず安くて頑丈なベッドが欲しい人におすすめです。

 

快眠におすすめの家電・ガジェット

画面が大きく、情報量が多い「セイコーの目覚まし時計」

目覚まし時計はSEIKOのものがおすすめです。

まず画面上の数字がとても大きく、眠気まなこでも見間違えることがありません。時刻を勘違いして遅刻するのは怖いですからね。

また日付・曜日・温度・湿度・快適度を同時に表示し、1日に必要な情報をすぐに読み取れます。特に曜日を表示してくれる機能は便利ですね。

デザインも白を基調としたシンプルなもので、どんな部屋にもマッチします。

値段も2000円以下と安く、高機能な割にコスパも高いです。

 

朝の目覚めが良くなる「YABAEの光目覚まし」

「朝の目覚めが悪い」「夜になかなか寝付けない」その主な原因は、体内時計が乱れていることです。

乱れた体内時計を修正するには、日光を浴びるのが一番効果的です。ただ起きる時間・生活する場所によっては、日光をちゃんと浴びれないことがあります。

そこでおすすめなのが、光目覚ましです。

アラームをセットしておけば、アラームの30分前から徐々に自然な光を浴びせてくれます。

欠点は、光を使うと電池の消耗が激しいこと。ライト機能を使い続けるなら、USB電源に接続しておいた方がいいです。

USBケーブルは付属しますが、ACアダプターは付属しません。ACアダプターを持っていないなら、セットで買っておきましょう。

この商品は現在取り扱いされていません

 

心地よいサウンドで寝つきが良くなる「ホワイトノイズマシン」

「夜は静かすぎて眠れない」「騒音や周りの音が気になって眠れない」

夜に眠れなくてお困りの方には、ホワイトノイズマシンをおすすめします。ホワイトノイズは睡眠の邪魔になる音をかき消してくれます。

またこのスピーカには雨・風・キャンプファイヤーなど20種類のサウンドが収録されており、飽きにくいです。

オフタイマー機能もあるため、寝付いた後にサウンドで目を覚ます心配もありません。

電源はUSB給電ですが、本体に充電機能はなく、ずっとコードに繋いでおかないといけません。

値段は少し高いですが、睡眠の質を高めてくれる良品です。

色はホワイトもあるので、部屋のデザインに合う方を選びましょう。

 

布団のダニ・ハウスダスト対策に「Vacplusの布団クリーナー」

布団の中には、ダニ・アレルギー物質・ハウスダストなどがたくさん潜んでいます。それらを放置すると、体が痒くなったり咳がよく出たりして、睡眠の質も悪くなります。

だからと言って、布団をこまめに干したり、乾燥機にかけたりするのは面倒ですよね?

そこで活躍するのが、Vacplusの布団クリーナーです。

クリーナーに内蔵されているUVランプはダニを死滅させ、強力な吸引力でホコリやハウスダストをきれいに吸い取ってくれます。

布団を清潔に保ち、睡眠の質をよくしたい人におすすめです。

この商品は現在取り扱いされていません

 

冬場でも布団が温かい「アイリスオーヤマの布団乾燥機」

冬場の布団はとても冷たく、電気毛布だけでは寒さをしのげません。また気温の低下で布団が乾きにくくなっており、なんとなく湿っぽいのも嫌ですよね。

そこで活躍するのが布団乾燥機です。

ホースを布団の中に入れて、スイッチを押せば、ふかふかであったかい布団のできあがりです!

また温風を浸透させるためのマットを敷く必要もないので、お手軽に使えます。

布団を乾燥させることで、内部のダニも除去できるのは便利ですね。

サイズもコンパクトで収納性にも優れています。

冬にぬくぬくのお布団を楽しみたいなら、ぜひ購入しましょう。

 

水洗いOK「電気毛布」

冬場に暖かい布団で寝たいなら、電気毛布も必須です。

この電気毛布は特に冷えやすい足元をよく温めてくれます。

またコントローラーを取り外せば、洗濯機で丸洗いもできます。

椙山紡織
¥1,980 (2018/10/02 14:21:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

電気毛布のつけ忘れ・消し忘れ対策に「プログラムタイマー」

電気毛布はつけ忘れると温まるまで時間がかかり、消し忘れると余計な電気代がかかります。

そんな問題を解決してくれるのが、デジタルタイマーです。

あらかじめスケジュールを設定しておけば、決まった時間にON/OFFしてくれます。

リーベックス(Revex)
¥1,050 (2018/10/02 14:21:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

便利なおすすめ快眠グッズ

冬場の肩の冷え対策に「マイクロファイバー肩当て」

いくら布団を暖かくしても、肩に入り込むすきま風は防ぎきれません。

そんなときは肩当てを着用すれば、肩と首回りが冷えなくなります。

この肩当てはとても細かい繊維でできており、熱をため込みやすく、薄手なのに暖かいです。寝ているときに肩を圧迫しないのは、助かりますね。

 

寝相が悪くても布団がずれ落ちない「ベッドクリップ」

「寝相が悪くて、布団がずり落ちてしまう」

そんなお悩みを持つ方には、お布団クリップがおすすめです。

布団がずれ落ちなくなり、体が温まった状態で朝を迎えることができます。

 

リラックスした姿勢を取るのに便利「クッション」

ベッドに座った状態でもたれかかるなら、小型のクッションもあると便利です。

このクッションは少し値段は高いですが、耐久性に優れており、へたりにくいです。

真っ白なデザインだけだと味気ないので、クッションカバーもセットで買いましょう。

クォーターリポート(Quarter Report)
¥1,620 (2018/10/02 14:21:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

仰向けでスマホを使える「スマホホルダー」

ベッドにもたれながらスマホ動画を見るなら、スマホホルダーが便利です。

好きな位置・好きな角度でスマホを固定でき、寝ながらスマホを楽しめます。

ホルダー部分のグリップ力も強力で、スマホが落下する心配もありません。

 

寝ながらタブレットを使える「タブレットホルダー」

iPadやKindleなどを固定するなら、タブレットホルダーを買いましょう。大画面で動画や読書を楽しめます。

またホルダーは4インチから対応しているため、スマホも取り付けできます。

アームはかなり固いので、スタンドを固定する前に、ある程度アームを曲げておきましょう。

仰向けになりながら、もしくはベッドに潜りながら、タブレットを楽しみたい人におすすめです。

 

快眠向けおすすめリラックス用品

遮光性が高く鼻から光が入らない「アイマスク」

「夜寝るときは真っ暗じゃないと眠れない」「車のライトが部屋に入り込んで眠れない」

そんなお悩みを持つ方には、アイマスクがおすすめです。

HUYOUのアイマスクは立体的な構造になっており、目や鼻を圧迫しません。鼻もカバーするので、鼻のすき間から光が漏れることもありません。

遮光性がとても高く、職場で昼寝をしたい人、夜勤で仮眠をとりたい人にもおすすめです。

 

目元のリラックスにおすすめ「あずきのチカラ」

ゲームやパソコン作業をやりすぎると、目元に変な疲れがたまって寝つきが悪くなります。

そんなときに活躍するのが、このあずきのチカラです。

これをレンジで温めて目元に乗せると、目の疲れを癒してくれます。

目の疲れを取ることでリラックスもでき、寝つきが良くなります。

 

職場で目元を癒すなら「ホットアイマスク」

上記のあずきのチカラはたくさん使うと、生地が傷んでしまいます。

仕事などで1日に何度も使うなら、電熱式のホットアイマスクを買いましょう。

USB給電なので、パソコンのある場所ならどこでも使用できます。

特に電子レンジの使えない職場などで重宝します。

 

騒音で眠れないときにおすすめ「睡眠用耳栓」

耳が敏感だと、周囲の音が気になってしまい、眠れなくなることがよくあります。耳栓をつけても、耳が圧迫されて、逆に寝つきが悪くなります。

そんな場合は、高性能な耳栓に買い換えましょう。

この耳栓は3段キノコの形状をしており、耳にフィットしやすく、圧迫感を感じにくいです。

耳栓の外側にはツマミがついており、取り外しが簡単です。

寝るときだけでなく、勉強に集中したいとき、地下鉄の騒音を緩和するときにも活躍します。

注意点として、騒音を緩和するフィルターは1ペアしか付属していません。耳栓として使うときは、フィルターを3段キノコにセットするのを忘れないようにしましょう。

 

飲めば寝つきが良くなる「睡眠薬」

どんな手段を用いても、どうしても寝付けないときは、最後の手段として睡眠改善薬を使いましょう。

皇漢堂製薬
¥267 (2018/10/02 14:21:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめ記事

今の生活をもっと便利にしたいですか?

それなら、このAmazon便利グッズの記事を読みましょう。

便利グッズを買うことで、生活が快適になり、幸福度も上がります!

[2018年] Amazonで買うと一人暮らしが捗るもの・おすすめの便利グッズまとめ