おすすめのカー用品・カーアクセサリー・Amazon便利グッズまとめ

2018年7月27日

この記事では安くて高コスパなおすすめのカー用品を紹介します。

おすすめの車向け電子機器

安くて詳しい、わかりやすい「ゴリラのポータブルカーナビ」

快適にドライブするなら、カーナビは必須です。最近はスマホアプリに押されつつありますが、カーナビも負けてはいません。

カーナビを選ぶなら、パナソニックのゴリラがおすすめです。

その理由として、上から見た地図だけでなく、実際の道路のイラストも表示されるからです。複雑な道路のレーンやわかりにくい高速道路の入り口も、これで丸わかりです。

また地図はゼンリン地図を使っており、細かい場所まで詳しい情報が書かれています。

さらにGPSの性能も高く、電波の届きにくい山間部でも正確な位置を表示してくれます。これはスマホにはない強みですね。

値段も2万円とお手頃で、数あるカーナビの中でもコスパの高い商品です。

 

取り付け簡単、視野角も広い「BRISIEのドライブレコーダー」

交通事故が発生した場合は、保険金支払いのために責任の所在をはっきりさせないといけません。

ドライブレコーダーがあれば、強い衝撃に反応して、事故の瞬間映像を保存してくれます。

特にこのドライブレコーダーは視野が140度と広いため、事故の状況をできるだけ細かく録画できます。

またエンジンをかけると自動で電源がオンになるため、電源を入れ忘れる心配もありません。

取り付けも簡単で、付属の吸盤をセットするだけです。

値段も4000円と安いので、初めての一台におすすめです。

 

コンパクトで防水対応「パナソニックのバックカメラ」

ドライブレコーダーは車の後ろにも取り付けましょう。フロントカメラだけだと、後方からの追突を録画できません。

車用のバックカメラはパナソニック製が人気です。

視野角が145度で、広い範囲を見渡すことができます。

カメラ本体も小型化・軽量化されており、車に取り付けても目立ちません。

防水性能にも優れており、洗車しても壊れる心配がありません。

バック駐車の安全性も高くなるので、駐車が苦手な人は優先的に買いましょう。

パナソニック(Panasonic)
¥9,100 (2018/09/09 22:10:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

コンパクトで車のスペースを圧迫しない「コムテックのレーダー探知機」

速度制限で捕まって、罰金を何万円も払うのは嫌ですよね?

車にレーダー探知機を設置しておけば、オービスが近づいた時に自動で警報を出してくれます。

特にこの探知機はサイズがとても小さくコンパクトなので、車のスペースを圧迫しません。スマホより一回り小さいです。

オービスだけでなく、環状交差点やゾーン30など運転しにくい場所も事前に知らせてくれます。

 

後部座席の子供をおとなしくさせるのにおすすめ「車用DVDプレイヤー」

ドライブ中のお子さんの暇つぶしには、DVDプレーヤーがおすすめです。

ヘッドレストにセットして、アニメや教育番組を見せてあげれば、運転中もおとなしくなります。

こちらのDVDプレイヤーは充電方法が4つもあり、モバイルバッテリー・シガーソケット・内蔵バッテリー・ACアダプターと使い分けられます。

またCDにも対応しており、音楽プレーヤーとしても使えます。

画面サイズも10.1インチで、後部座席で見る分には十分な大きさです。

セットでPCバッグも買っておくと、持ち運びに便利です。

値段も安く、10インチのDVDプレーヤーを入れるのに最適です。

Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥639 (2018/09/09 22:10:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

車内でスマホを高速充電「AnkerのUSBカーチャージャー」

車内でスマホやタブレットの充電をするなら、USBカーチャージャーを買いましょう。

特にこのカーチャージャーは独自技術のPowerIQとVoltageBoostにより、高速で充電することができます。

また差込口の近くにはLEDライトが内蔵されており、暗い車内でもUSBポートをすぐに見つけられます。

小さくてコンパクトなデザインなので、運転席の外見を損なわないのもいいですね。

スマホをよく使う運転手なら必須のアイテムです。

 

スマホの音楽を車のスピーカーで聴ける「FMトランスミッター」

スマホ持ちなら、車内でスマホの音楽を聴きたいと思うことがあるはずです。

FMトランスミッターをシガーソケットに差し込めば、車のスピーカーでスマホの音楽を聴けるようになります。

USB接続はもちろんのこと、Bluetoothにも対応しており、無線で手軽に接続できます。一度Bluetoothに接続すれば、それ以降はエンジンを入れると自動で接続してくれます。

さらにUSB接続をしている時は同時に充電も行えます。音楽を聴きながらスマホを充電できるのは非常に便利です。

Amazon MusicやSportifyなど音楽ストリーミングアプリにも対応しています。

車内で音楽を聴くのが快適になるため、音楽好きなら絶対買うべきです!

この商品は現在取り扱いされていません

 

音声ガイドが聞き取りやすい「パナソニックのETC車載器」

高速道路をよく走るなら、ETC車載器も買いましょう。

ETC車載器なら、パナソニック製のものがおすすめです。

まずアンテナにスピーカーが内蔵されているため、頭上に設置すれば音声を聞き取りやすいです。これが本体内蔵だと、音声がぐぐもって聞き取りにくくなりますからね。

また動作中はアンテナのLEDライトが青く光るので、一目で動作の確認ができます。高速道路を走る前に車載器が壊れていた、という心配がなくなります。

音声ガイド機能も充実しています。カードを挿入するたびに有効期限を教えてくれるため、有効期限切れでゲートを突破、という悲劇を防げます。

カードの入れ忘れ・抜き忘れも音声で伝えてくれるので、カードを未挿入で料金所を突破したり、カードが盗まれたりするのも防げます。

他のETC車載器と比べてかなり高機能なので、高速道路をよく利用する人にはおすすめです。

パナソニック(Panasonic)
¥5,000 (2018/09/09 22:10:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめのカーアクセサリー

スマホの着脱がしやすい「SmartTapのスマホホルダー」

車の運転席でスマホを操作するなら、スマホホルダーを設置しましょう。

中でも「EasyOneTouch2」というスマホホルダーがとても人気です。

その理由として、まず片手でスマホを着脱できます。車のキーや飲み物で片手がふさがっている時でも、もう片方の手でスマホを簡単にセットできます。取り外しも片手で行えます。

また取り付けの吸盤には粘着性の高いジェルを使っており、急ブレーキなどで強い衝撃を受けても、ホルダーが外れません。

さらに下を固定するアンダーバーも左右にスライドできるので、充電端子を塞ぐことなく、快適にスマホの充電ができます。

アームの可動域も広く、奥行きも5cmまで調整できるため、スマホを設置する場所の自由度も広がります。

車内でスマホをよく使うなら、絶対おすすめのアイテムです。

スマートタップ(Smart Tap)
¥2,490 (2018/09/09 20:25:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

タブレットをカーナビに使える「OHLPROのタブレットホルダー」

タブレット端末をカーナビとして使うなら、タブレットホルダーを使いましょう。

このホルダーも圧力スイッチで吸盤を加圧するため、強い衝撃を受けても簡単には外れません。

ホルダー部分は360度回転させられるので、縦でも横でも自由に向きを変えられます。

タブレットのサイズは7インチから10.5インチまで対応しており、大半のタブレットなら取り付けできます。

 

スマートキー・数種類の鍵が入る「La Ventusのキーケース」

最近の車のキーは電子式のスマートキーが主流です。スマートキーを入れるなら、こちらのキーケースを使いましょう。

ケースに分厚さがあるので、スマートキーを入れても違和感がありません。

ケースは2層に分かれており、もう片方には家の鍵や自転車の鍵、小銭などを入れられます。

素材はレザーを使っており、かっこいいデザインです。カラーも白、赤、ピンクなどがあり、女性にもぴったりです。

他の鍵や小物もまとめて管理できる便利なキーケースです。

 

おすすめの車用シート・マット

車内シートが汚れなくなる「シートカバー」

車でアウトドアに行ったり、ペットや子供を車に乗せたりすると、車の座席はどんどん汚れていきます。

座席シートを汚したくないなら、シートカバーを買いましょう。

取り付けは簡単で、シートを上から被せるだけです。

防水性の高い素材でできており、ジュースなどをこぼしてもサッと拭き取れます。

 

子供のお菓子・ジュースで汚されない「後部座席用ドライブシート」

子供を車に乗せると、ジュースやお菓子で座席を汚してしまいます。後部座席を汚したくないなら、リア用のシートカバーを買いましょう。

こちらのシートカバーも防水性に優れています。

 

車内の床掃除が楽になる「フロアマット(フロント用)」

車に人を乗せると、靴の汚れなどで車の床がゴミだらけになってしまいます。その度に床を掃除機かけするのはかなり面倒です。

床を汚したくないなら、カーマットを買いましょう。小さな汚れをキャッチしてくれますし、たまった汚れはあとでまとめて捨てられます。

また先端部分をカットすることで、いろんな車にフィットするようになります。

それでも購入前には寸法を確認しましょう。

 

後部座席の床掃除が楽になる「フロアマット(リア用)」

後部座席にお子さんを載せるなら、リア用のフロアマットも買いましょう。

値段も1000円以下なので、傷んでも手軽に買い換えられます。

 

おすすめのタイヤメンテナンス用品

安くて頑丈、走りが滑らか「ブリヂストンの低燃費タイヤ」

長い間車に乗っていると、タイヤが磨耗したり、パンクしたりすることもあります。

特にタイヤが磨耗したまま走り続けると、燃費が悪くなり、パンクや事故のリスクも増大します。磨耗したタイヤは定期的に交換しましょう。

タイヤメーカーはブリジストンがおすすめです。ウェット性能・ドライ性能が高く、晴れた日でも雨の日でも安定した乗り心地を保証してくれます。

国産ではありませんが、値段も3000円と安いので、コスパを求める人におすすめです。

ブリヂストン(Bridgestone)
¥3,023 (2018/09/09 22:10:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

メンテナンスで車を持ち上げるなら「フロアジャッキ」

磨耗したタイヤを交換するなら、車を持ち上げるジャッキという器具が必要です。

このジャッキは油圧式なので、軽い力で重い車体を持ち上げられます。

使用前には必ずボルトの締め付け具合を確認しましょう。

[amazonjs asin=”B006T5ULUY” locale=”JP” title=”BAL ( 大橋産業 ) フロアジャッキ 油圧式 2t 1336″]

別売りのジャッキアダプターをセットすれば、車体を傷つけることなく持ち上げられます。

大橋産業 (BAL)
¥713 (2018/09/09 22:11:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

持ち上げた後の車体を固定できる「ジャッキスタンド」

ジャッキで車体を持ち上げた後は、安全のためにジャッキスタンドをかませましょう。

 

車の空気を簡単に測れる「空気圧ゲージ」

月に一回は車の空気圧を測りましょう。空気圧が足りていないと、タイヤが磨耗しやすくなり、車の燃費も悪くなります。

こちらのエアゲージは周囲にラバープロテクトを施してあるので、落としても壊れにくいです。

サイズも小さくてコンパクトなため、収納性にも優れています。

バルブからゲージを離しても空気圧はずっと表示されます。測り直すときはパイプ横のリセットボタンを押しましょう。

エーモン(amon)
¥602 (2018/09/09 22:11:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

簡単に空気を入れられる「車用空気入れ」

車の空気を入れるなら、充電式の電動ポンプがおすすめです。

電動式なので、力も体力も使わずに、楽に空気入れができます。

サイズも500mlのペットボトルくらいで、狭いスペースにも収納しやすいです。小型ですが空気を入れる力が強く、自動車でも十分使えます。

空気を入れている途中で充電切れになっても、車のシガーソケットから給電できます。コンセントにつながなくてもいいので、外出先でも使えるのも大きなメリットです。もちろんAC電源アダプターも付属しています。

自動車だけでなく、バイク・自転車・ボール・浮き輪などにも使えます。幅広い用途で使えるため、自動車を手放した後でも役立ちます。

空気入れがとても快適になるおすすめのカー用品です。

 

おすすめの洗車用品

塗装を傷つけない「洗車シャンプー」

洗車はこまめに行いましょう。そうしないと表面の汚れで塗装が劣化し、ボディに傷がつきやすくなるからです。

こちらのシャンプーは研磨粒子を含んでいないので、車表面のワックスや塗装を傷つけません。

泡立ちもよく、強くこすらなくても汚れを落とすことができます。人間のボディソープと同じ理屈ですね。

中性洗剤なので、人間の肌への負担が小さいのもありがたいです。

1000mlの大容量なのに値段も安く、コスパの高い洗車シャンプーです。

Surluster (シュアラスター)
¥600 (2018/09/09 22:11:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

くびれていて、手にフィットする「ウォッシュスポンジ」

洗車するなら、スポンジも良いものを選びましょう。

こちらの洗車スポンジは、表面はウレタン素材、裏面はゴム素材となっています。

細かい場所にはウレタン、頑固な汚れにはゴム素材と使い分けることができます。

スポンジも中央がくびれたデザインになっており、長時間手に握っていても疲れません。

Surluster (シュアラスター)
¥363 (2018/09/09 22:11:01時点 Amazon調べ-詳細)

敏感肌で洗剤に手を触れたくないなら、グローブタイプを使いましょう。

スポンジを握ることもないので、手が疲れにくいです。

Surluster (シュアラスター)
¥2,052 (2018/09/09 22:11:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

吸水性が高く、車のボディを傷つけない「水滴拭き取りクロス」

洗車後に水滴を拭き取るなら、こちらのクロスがおすすめです。

吸水性がとても高く、車のボディの水滴をすごい勢いで吸い取ります。水を搾り取るのも楽で、拭き取り作業の効率が高まります。

またタオルや雑巾よりも繊維が細かいので、車の塗装を傷つけません。

Surluster (シュアラスター)
¥620 (2018/09/09 22:11:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

掃除道具入れ・脚立としても使える「洗車用バケツ」

洗車用のバケツには、イノマタ科学のかしこいバケツがおすすめです。

まずバケツとバスケットの二重構造になっており、洗車するときにはバケツは水入れ、バスケットは道具入れとして使えます。バスケットに洗車用品をまとめて入れておけば、いちいちバケツから一つずつ出さずに済みます。

さらにバケツ本体の耐久性も高く、脚立として使うこともできます。車のルーフは中途半端に高いので、大人でも掃除しにくいです。しかし脚立があれば、ルーフを掃除しやすくなります。

洗車用品をまとめてバケツに入れて、フタをすれば、スッキリした印象になります。これなら車のラゲッジルームに入れても恥ずかしくありませんね。

以上のことから、洗車をする上で欠かせない便利なバケツです。

イノマタ化学(Inomata-k)
¥1,570 (2018/09/09 22:11:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

車の洗車が楽になる「高圧洗浄機」

洗車をするなら、高圧洗浄機があると便利です。

付属の大きなタンクに水と洗剤を入れておけば、泡状の洗剤を車に吹きかけることができます。

サイズもビジネスバッグくらいで、重量も4キロと軽く、持ち運びやすいです。

洗剤の散布と車の洗浄がとても楽になります。

欠点は蛇口につなぐホースが付属していないことです。少し値段が高いですが、純正品も販売しています。

KARCHER (ケルヒャー)
¥1,746 (2018/09/09 22:11:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

車のボディがピカピカに「液体カーワックス」

車のボディをピカピカに仕上げたいなら、カーワックスを使いましょう。

こちらのカーワックスはスプレータイプなので、ワックスがけが簡単です。

乾いたボディにも洗車後の濡れたボディにも使えます。

値段もワックスにしては安く、コスパの高いカーアイテムです。

オカモト産業(Okamoto Sangyou)
¥515 (2018/09/09 22:11:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめの車用メンテナンス用品

車の整備に必要なものがそろってる「ガレージツールセット」

車を自分で整備するなら、ツールセットがあると便利です。

このツールセットには、ラチェット・ラジオペンチ・六角レンチ・ソケットなど必要な道具が一式揃っています。

工具の数が多く、値段も4000円と安く、アマゾンでの評価も高いです。

イーバリュー(E-Value)
¥3,229 (2018/09/09 22:11:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

車の傷が目立たなくなる「研磨剤」

車のボディの小さな傷を隠すなら、研磨剤のセットを使いましょう。

キズ消し・仕上げ・超鏡面の順で使うことで、車の傷が目立たなくなり、ピカピカになります。

研磨剤の分量も控えめで、ボトルも小さく、収納場所を取りません。

値段も1000円とお手頃なので、車をピカピカに蘇らせたい人は試しに買ってみましょう。

ソフト99(Soft99)
¥1,150 (2018/09/09 22:11:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめの車用エンジンオイル用品

エンジンの効きが良くなる「エンジンオイル」

長い間車に乗っていると、エンジンの動きが鈍くなり、燃費が悪くなってしまいます。定期的にエンジンオイルを交換してあげましょう。

オイルの交換費用を抑えたいなら、自力でエンジンオイルを交換しましょう。

特にこのエンジンオイルは値段が安いのに性能が高く、高コスパな商品です。

 

エンジンオイルを入れやすい「オイルジョッキ」

エンジンオイルを入れるなら、オイルジョッキがあると便利です。

注ぎ口が小さいため、楽に入れられます。

またオイルの投入口にはフタがついており、ゴミが侵入する心配もありません。

 

エンジンオイルを捨てやすく「廃油処理箱」

古いエンジンオイルを捨てるなら、廃油処理箱があると便利です。

中に吸収性の高い布が入っており、汚れたオイルをどんどん吸い取ってくれます。

付属のバンドで袋の口を閉めれば、オイルの臭いが漏れ出すこともありません。

エンジンオイルを交換するなら必須のアイテムです。

 

ガソリンを洗浄する「燃料添加剤」

アイドリングが安定しない。エンストがよく起きる。

その原因は劣化してドロドロになったガソリンかもしれません。

燃料添加剤をガソリンタンクに入れれば、ガソリンが洗浄され、エンジンの調子が良くなります。

 

おすすめの車用カーバッテリー用品

バッテリーを安く買うなら通販で「カーバッテリー」

車のバッテリーの寿命は2、3年です。寿命が近づいたら故障する前に交換してあげましょう。

最近では車のバッテリーも通販で買えるようになっています。

値段も安いので、自分で交換できるならやってみましょう。車の整備費用を抑えられます。

パナソニック(Panasonic)
¥3,387 (2018/09/09 22:11:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

つなぐだけで車のバッテリーを自動充電「バッテリー充電器」

 

車に乗る回数が少なかったり、車内の電気を使い過ぎたりすると、バッテリーが上がってしまいます。バッテリーが上がると、エンジンをかけられなくなり、車が走れなくなります。

そんなときは車用のバッテリー充電器を使いましょう。

この充電器は電源をコンセントに、端子をバッテリーにつなぐことで、自動で充電してくれます。電流・電圧の調整なども機械が勝手にやってくれます。

バイク用の充電器としても使えます。

 

外出先のバッテリー上がり対策に「ジャンプスターター」

バッテリー上がりは車のトラブルの中でもかなり面倒です。家や会社でバッテリーが上がったら、コンセントから給電できますが、道中だとそうはいきません。

そんな問題を解決してくれるのが、ジャンプスターターです。

これを車のバッテリーにつないでエンジンを入れると、バッテリーが復活して車が走れるようになります。

しっかりとしたケースも付属しており、コード類もその中に収納できます。

スマホやタブレットの充電にも使えるのは便利ですね。

値段も4000円と安いので、万が一のトラブルのために買っておきましょう。ロードサービスのお世話になると何万円もかかりますからね。

 

おすすめの車用キャリア・ルーフボックス

アウトドアの収納におすすめ「ルーフボックス」

車の荷物が多すぎてトランクに入りきらないときは、ルーフボックスの出番です。

横に細長いので、スキーセットやスノーボード、キャンプ用品やゴルフクラブなども入ります。

アウトドア趣味のドライバーにおすすめです。

カーメイト (CARMATE)
¥42,609 (2018/09/09 22:11:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

ルーフボックスを乗せられる「ルーフキャリア」

ルーフボックスを乗せるためのラックです。

カーメイト (CARMATE)
¥9,659 (2018/09/09 22:11:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

自転車を車で運べる「リアサイクルキャリア」

ロードバイクが趣味で、休日は車の少ない山道を走りたい。そんな方はリアサイクルキャリアを買いましょう。

これを車の後ろに設置すれば、自転車を運べるようになります。

使わないときはコンパクトに折りたたんで収納できます。

TERZO(テルッツオ)
¥12,684 (2018/09/09 22:11:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめの車用赤ちゃん・ベビー用品

マグネット式でつけやすい「運転中プレート」

赤ちゃんを車に乗せていると雑な運転はできません。

周囲の車に気を使ってもらえるよう赤ちゃんプレートを貼っておきましょう。

デザインが可愛らしく、色も黄色で目立ちやすいです。

マグネット式で車体に手軽に貼り付けられるのも大きな利点です。

 

柔らか素材で赤ちゃんを保護「チャイルドシート」

赤ちゃんを乗せて運転するなら、チャイルドシートは必須です。

こちらのチャイルドシートはシートベルトを後ろの穴に通すタイプで、取り付けが簡単です。

側面もしっかりカバーしているので、激しい運転でも赤ちゃんへの衝撃波は最小限に抑えられます。

使われている素材も柔らかくしっかりしており、赤ちゃんへの安全性と快適性を両立しています。

値段も1万円とチャイルドシートにしては安く、アマゾンでの評価も高いです。

 

コンパクトに折りたためる「日よけ・サンシェード」

赤ちゃんは強い日差しも苦手です。日光からうまく目をそらすことができず、目を痛めるリスクもあります。

日光から赤ちゃんを守るなら、サンシェードを使いましょう。

こちらの車用サンシェードは静電気で窓に貼り付けるタイプなので、吸盤式よりズレ落ちにくいです。

また使わないときは小さく折りたたんで収納袋に入れられます。サンシェードは意外と場所を取るので、折りたためるのは便利です。

 

赤ちゃんがお漏らししても臭わない「オムツ消臭袋」

長時間のドライブでは、赤ちゃんのおむつ処理が面倒です。おしっこやウンチのついたおむつは臭いがとても強く、車の中にも充満します。

しかしこの防臭袋におむつを入れれば、臭いをカットできます。

 

おすすめ記事

今の生活をもっと便利にしたいですか?

それなら、このAmazon便利グッズの記事を読みましょう。

便利グッズを買うことで、生活が快適になり、幸福度も上がります!

生活用品

Posted by むれ