キッチンにおすすめの台所用品・調理用品まとめ

料理・自炊は毎日することなので、多少不便でもそれが当たり前になっている人が多いでしょう。

ただキッチン用品も便利なものに買い換えるだけで、生活がとても快適になります。

この記事では、手間や労力を省いてくれるおすすめのキッチン用品を紹介します。いろいろと買って試してみて、生活を楽にしましょう!

 

  1. キッチンにおすすめの調理器具
    1. IH対応、傷つきにくい「パール金属の片手鍋」
    2. ガスコンロとIHの両方に対応「和平フレイズの両手鍋」
    3. 安くて買い替えしやすい、IH対応「フライパン」
    4. テーブルに置けるスタンド付き「フライパンのふた」
  2. キッチンにおすすめの包丁用品
    1. 切れ味バツグン、持ちやすく汚れにくい「ヴェルダンの三徳包丁」
    2. 包丁をきれいに収納「レックの包丁差し(壁付けタイプ)」
    3. 包丁を取り出しやすい「レックの包丁差し(スタンドタイプ)」
    4. コンパクトなのに高性能「貝印の包丁研ぎ・シャープナー」
    5. 分厚くて変形しにくい「パール金属のまな板」
  3. キッチンにおすすめの加熱器具
    1. 安全なマグネットプラグ「アイリスオーヤマのIHクッキングヒーター」
    2. 操作はダイヤルを回すだけ「シャープの単機能レンジ」
    3. 注ぎ口が細く、お湯が注ぎやすい「やかん・ケトル」
  4. キッチンにおすすめの調理小物
    1. シリコン製なのでフライパン・お鍋を傷つけない「パール金属のシリコンおたま」
    2. 表示が早く、入れすぎを防げる「タニタのデジタルクッキングスケール」
    3. タイマー設定がしやすい「キッチンタイマー」
    4. 調味料を量りやすい「計量スプーン」
    5. お湯・油の温度を簡単に計測「タニタのスティック温度計」
    6. 電子レンジで中身を加熱できる「HARIOの耐熱ガラス計量カップ」
  5. おすすめの弁当箱・水筒
    1. 保温性バツグン「サーモスの保温弁当箱」
    2. スープを保温できる「サーモスの真空断熱スープジャー」
    3. 飲み物の温度を長時間キープできる「サーモスの真空断熱ケータイマグ」
  6. キッチンにおすすめの食品保存容器
    1. 冷蔵庫にお米を保存するなら「アスベルの密閉米びつ(2kgタイプ)」
    2. 米袋ごと保管できる「パール金属の米びつ(5kgタイプ)」
    3. パスタを密閉して保存、冷蔵庫にも入れられる「パスタ保存容器」
    4. コーヒーを密閉保存できる「HARIOのコーヒーキャニスター」
    5. 砂糖・難消化性デキストリンの保存に「ワンタッチシュガーポット」
    6. 砂糖が湿気で固まらない「珪藻土スティック」
    7. 油が容器側面に垂れない「フタ付きオイル差し」
    8. 料理の冷凍保存に、タブがついて開けやすい「ジップロック」
  7. キッチンにおすすめの食器洗い用品
    1. 適度な硬さと持ちやすさ「スコッチブライトのキッチンスポンジ」
    2. 油汚れを簡単に落とせる「キュキュットのクリア泡スプレー」
    3. 水を吸いやすく、乾きやすい「InterDesignの水切りドライングマット」
  8. キッチンにおすすめのゴミ捨て用品
    1. 足でフタを開けられる「アスベルのふた付きゴミ箱」
    2. 臭くなったら使い捨て、ゴミの細かい分別に「ダンボールダストボックス・ゴミ箱」
    3. ゴミがたくさん入る「45Lのゴミ袋」
    4. 小さな生ゴミを捨てられる「ポリ袋ホルダー」
  9. おすすめ記事

キッチンにおすすめの調理器具

IH対応、傷つきにくい「パール金属の片手鍋」

汁物や煮込み料理、ラーメンなどを作るなら、片手鍋は欠かせません。でも普通の片手鍋は底面に傷がつきやすく、汚れを落としにくいです。

そんなときはパール金属の片手鍋を使いましょう。

表面にマーブル加工を施してあるため、キズ・汚れがつきにくく、長期間使うことができます。ガスコンロだけでなく、IHヒーターにも対応しており、使用環境を選ばないのも便利ですね。さらに付属するガラスふたは、中の料理を確認するのに使えます。

値段もお手頃で、一人暮らしで自炊を始めるときに買っても、大きな出費になりません。とりあえず安い片手鍋が欲しいなら、これで決まりです。

 

ガスコンロとIHの両方に対応「和平フレイズの両手鍋」

シチューやカレーを作るなら、底の深い両手鍋が必要です。でも普通の両手鍋は焦げ付きやすく、底にこべりついた汚れを掃除するのが大変です。

そんなときは、和平フレイズの両手鍋を選びましょう。

表面にマーブル加工が施してあり、料理がこべりつきにくいです。食後の食器洗いが少し楽になりますね。

この両手鍋もガスコンロをIHヒーターの両方に対応しています。鍋類はどちらかしか対応していないことが多いので、両方使えるのは助かります。

またガラスふたも付属しており、内部の料理を確認しやすいのも大きなメリットです。ただし蒸気孔がないので、吹きこぼれには注意です。

値段もそれほど高くなく、機能性を考えれば、コスパの高い料理鍋です。

 

安くて買い替えしやすい、IH対応「フライパン」

フライパンは傷みやすいので、安いものを買い替えるのが正しい使い方です。このフライパンは価格がとても安く、頻繁に買い替えする人にぴったりです。

また安物にしては珍しく、IHヒーターにも対応しています。

フッ素加工も施してありますが、安物なので過度の期待はしないようにしましょう。

パール金属(PEARL METAL)
¥648 (2018/11/12 10:12:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

テーブルに置けるスタンド付き「フライパンのふた」

フライパンで料理をしていると、中までじっくり火を通すために、ふたを使うことがよくあります。しかしふたを外した後は、その置き場所に困りますよね?

そんな問題を解決してくれるのが、このフライパンカバーです。取っ手がスタンドにもなるので、狭いスペースでも気軽に置くことができます。

またガラス窓もついており、中の料理の様子も確認しやすいです。

さらにふたの裏側には円状のでこぼこが刻んであり、直径24cmから28cmまでのフライパンに対応しています。異なるサイズのフライパンでも使いまわせるのは便利ですね。

値段も1000円以下と安く、機能性も高く、おすすめの料理用品です。

 

キッチンにおすすめの包丁用品

切れ味バツグン、持ちやすく汚れにくい「ヴェルダンの三徳包丁」

本格的に自炊をするなら、切れ味の良い包丁も必須アイテムです。包丁の切れ味が悪いと、肉や野菜を切るのに時間がかかりますからね。

切れ味の良い包丁なら、ヴェルダンの三徳包丁がおすすめです。他の包丁よりも切れ味が高く、肉、野菜、魚をサクサク切ることができます。

また包丁の持ち手部分は太くてグリップ力に優れており、切るときに力を入れやすいです。

さらに持ち手と刃が一体となっているため、すき間に汚れがたまりにくく、衛生的です。

値段は少し高めですが、包丁は長く使うものなので、良いものを選ぶべきです。

下村工業
¥1,630 (2018/11/12 10:12:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

包丁をきれいに収納「レックの包丁差し(壁付けタイプ)」

流し台で包丁を出しっぱなしするのは危ないです。流しで作業しているときに、うっかり包丁が手に当たってケガをすることもありますからね。

あまり使わない包丁は包丁差しに収納しておきましょう。

こちらの包丁差しは扉の裏側に取り付けるタイプなので、キッチンのスペースを占有しません。ただし取り付け方法は木ネジで、木製の扉にしか対応していないので注意です。

最大5本までの包丁が収納できるので、用途ごとに包丁を使い分ける人におすすめです。

レック(Lec)
¥389 (2018/11/12 10:12:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

包丁を取り出しやすい「レックの包丁差し(スタンドタイプ)」

包丁をよく使う人には、スタンドタイプの包丁差しがおすすめです。使いたいときに包丁をすぐに取り出せますからね。

まな板スタンドも付属しているため、まとめて収納することで、流し台がすっきりと片付きます。

また、包丁スタンドは取り外して、他の水切りスタンドに引っ掛けることもできます。

デザインもシンプルで、値段も安く、包丁の収納に困っている人にぜひおすすめです。

レック(Lec)
¥680 (2018/11/12 10:12:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

コンパクトなのに高性能「貝印の包丁研ぎ・シャープナー」

包丁は使い続けていると、次第に切れ味が悪くなっていきます。切れ味を保つためにも、こまめに包丁を研いであげましょう。

包丁の砥石なら、貝印のものがおすすめです。まずサイズがとてもコンパクトで、引き出しの中に収納できます。

小さいですが、砥石としての性能もバツグンで、数回包丁を通すだけで切れ味が蘇ります。

流石に本格的な砥石には劣りますが、家庭用としてなら十分な性能です。

貝印(Kai Corporation)
¥950 (2018/11/12 10:12:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

分厚くて変形しにくい「パール金属のまな板」

自炊で包丁を使うなら、まな板も必須ですね。

パール金属のまな板は表面に抗菌処理がされており、汚れにくいのが特徴です。

また分厚さもそれなりにあるため、変形しにくく、包丁で傷がつきにくいです。

重さも十分で、作業中にまな板がずれにくいです。

オーソドックスですが、必要十分な性能を持つまな板です。

パール金属(PEARL METAL)
¥459 (2018/11/12 10:12:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

キッチンにおすすめの加熱器具

安全なマグネットプラグ「アイリスオーヤマのIHクッキングヒーター」

ガスコンロは火力が強いのが魅力ですが、汚れやすく掃除が面倒です。火力にこだわらないのであれば、お手入れのしやすいIHクッキングヒーターを選びましょう。

こちらのクッキングヒーターは表面がガラスなので、掃除がとても楽です。

プラグはマグネット式なので、うっかりコードに足を引っ掛けても、プラグが抜けるだけですみます。

少し火力は弱いですが、お値段もお手頃なので、クッキングヒーターを初めて買う人におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥3,450 (2018/11/12 10:12:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

操作はダイヤルを回すだけ「シャープの単機能レンジ」

調理にこだわる人でなければ、電子レンジは単機能のもので十分です。たくさん機能があっても、結局は「あたため」しか使わなくなります。

シャープの単機能レンジは、加熱時間をダイヤルで回すだけで設定できます。ボタンを何回も幼くて済むので、操作が楽です。

ダイヤルを回すと、タイマー部分の数字が赤く光るので、加熱時間も一目でわかります。

シャープ(SHARP)
¥14,220 (2018/11/12 10:12:55時点 Amazon調べ-詳細)

加熱時間の設定がうまくできないお年寄りには、こちらの単機能レンジもおすすめです。

内部に温度センサーが内蔵されており、「あたため」ボタンを一回押すだけで簡単に加熱ができます。

加熱時間も10秒ごとに設定でき、熱加減を微調整できるのも便利ですね。

シャープ(SHARP)
¥12,752 (2018/11/12 10:12:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

注ぎ口が細く、お湯が注ぎやすい「やかん・ケトル」

クッキングヒーターでお湯を沸かすときに、フライパンを使ってはいませんか?フライパンだとお湯が注ぎにくくて、周辺にお湯が飛び散ってしまいます。

そんなときは、IH対応のケトルを買いましょう。このケトルは注ぎ口が細長いので、小さなカップでもピンポイントでお湯を注ぐことができます。もちろんカップラーメンなどでも使えます。

デザインもシンプルかつおしゃれで、毎日でも使いたくなりますね。毎朝熱々のコーヒーを飲むのが日課な人におすすめです。

 

キッチンにおすすめの調理小物

シリコン製なのでフライパン・お鍋を傷つけない「パール金属のシリコンおたま」

汁物や炒め物を作るときは、シリコン製のおたまを使いましょう。金属製は鍋やフライパンを傷つけてしまいますからね。

全体がシリコンでできており、つなぎ目がないため、汚れがたまることもありません。

また持ち手が太く、頑丈な作りになっており、ハードな使用にも耐えられます。

値段も500円とお手頃で、おたまに迷ったらこれで決まりです。

パール金属(PEARL METAL)
¥427 (2018/11/12 10:12:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

表示が早く、入れすぎを防げる「タニタのデジタルクッキングスケール」

おいしい料理を作るとき、またはおかし作りをするときは、材料の重さをきちんと計らないといけません。

そんな場合は、タニタのクッキングスケールがおすすめです。

サイズがコンパクトで薄型なので、収納時に場所をとりません。また材料を置いた時の表示スピードも早く、入れすぎを防ぐことができます。さらに容器を置いた状態でゼロボタンを押すと、容器の重さがゼロになって、材料だけの重さを計ることができます。

便利な機能がこれほど揃っているのに、値段も1000円程度とリーズナブルです。

タニタ (Tanita)
¥1,000 (2018/11/12 10:12:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

タイマー設定がしやすい「キッチンタイマー」

おいしく料理を作るなら、加熱時間もきちんと計測しましょう。ただ100円のタイマーだと、数十分の時間をセットするのに、ボタンを同じ回数だけ押さないといけないので面倒です。

もっと楽にタイマーセットしたいなら、こちらのタイマーがおすすめです。タイマーボタンに5分、10分があるため、ボタン数回押すだけで長時間のタイマーもセットできます。

さらにこの機種は光だけでタイマーを知らせることもできるので、図書館など静かな場所でも使えます。

値段は少し高いですが、それ以上の利便性があります。

 

調味料を量りやすい「計量スプーン」

おいしく料理を作るなら、調味料もきちんと計測しないといけません。ただ調味料を使うたびに、クッキングスケールを用意するのは面倒ですよね。

そんなときにおすすめなのが、この3本組の計量スプーンです。小さじ1/2、小さじ、大さじの3種類がセットでついており、普通の料理を作るなら十分すぎるほどです。

パール金属(PEARL METAL)
¥432 (2018/11/12 10:12:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

お湯・油の温度を簡単に計測「タニタのスティック温度計」

おいしい料理・お菓子を作るなら、素材の温度にもこだわるべきです。おいしいコーヒー・紅茶を作るときも、お湯の温度は重要です。でもわざわざ温度を測るのってめんどくさそうですよね?

そんな方におすすめなのが、タニタのスティック温度計です。金属棒を当てるだけで、簡単に温度を計測できます。

温度が違うだけで、食べ物の食感や飲み物の口当たりも違ってきます。毎日の料理で「温度」を楽しみたい人におすすめです。

タニタ (Tanita)
¥670 (2018/11/12 10:12:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

電子レンジで中身を加熱できる「HARIOの耐熱ガラス計量カップ」

おいしい料理・お菓子を作るなら、材料の分量もきちんと計測しないといけません。

そんなときにおすすめなのが、HARIOのメジャーカップです。

このカップの最大の特徴は、耐熱ガラス製であること。熱湯を入れても、水を入れてレンジで温めても、食器乾燥機にかけても、問題ないのです。

だから本格的に料理を作りたい人はもちろんのこと、コーヒー用の熱湯を作りたいという人にもおすすめです。

HARIO(ハリオ)
¥1,117 (2018/11/12 10:12:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめの弁当箱・水筒

保温性バツグン「サーモスの保温弁当箱」

学食のない学生、社食のない会社員はお昼ご飯をお弁当で済ませることが多いはずです。外食するよりも安上がりで、栄養も偏りませんからね。

しかし朝にお弁当を作っても、お昼食べる頃には、ご飯が冷たくなっています。せっかくのお昼休みに冷たいご飯を食べるのは嫌ですよね?

そんなときにおすすめなのが、サーモスの保温弁当箱です。ごはん容器が保温ケースで守られているため、お昼になっても温かいご飯を食べられます。

またごはん容器とおかず容器はどちらも電子レンジOKなので、学校や会社に電子レンジがあれば、ホッカホカのお昼ご飯を楽しめます。

これだけ高機能なのに値段も2000円とお手頃です。冷たいご飯に飽きた人におすすめの商品です。

サーモス(THERMOS)
¥1,988 (2018/11/12 10:12:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

スープを保温できる「サーモスの真空断熱スープジャー」

冬場は体が冷えるので、お昼ご飯に温かいスープを飲んで体を温めたいですね。

そんなときにはサーモスのスープジャーがおすすめです。これにスープを入れておけば、お昼まできちんと保温してくれます。

スープを飲むことで満腹感が得られ、他に余計なものを食べなくなるため、ダイエットにもつながります。食費の削減にも役立つので、お小遣いに余裕をもたせたい男性にもおすすめです。

サーモス(THERMOS)
¥2,180 (2018/11/12 10:12:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

飲み物の温度を長時間キープできる「サーモスの真空断熱ケータイマグ」

喉が渇いていると、仕事でも勉強でも100%の力を発揮できません。いつでも水分補給ができるよう、学校や職場に水筒を持ち歩いておきましょう。

水筒はサーモスのケータイマグがおすすめです。真空断熱構造になっており、夏は飲み物の冷たさを、冬は温かさをキープしてくれます。

さらに水筒のフタは半回転ひねるだけで外せるようになっています。とても開けやすいので、フタを落としてしまう心配もありません。

デザインもシンプルかつおしゃれで、人前で取り出しても恥ずかしくありません。

値段も安く、快適に水分補給したい人におすすめの一品です。

サーモス(THERMOS)
¥1,920 (2018/11/12 10:12:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

キッチンにおすすめの食品保存容器

冷蔵庫にお米を保存するなら「アスベルの密閉米びつ(2kgタイプ)」

お米は湿度・温度の高い場所に保存すると、虫が発生してしまいます。お米をおいしく食べたいなら、冷蔵庫に保存しましょう。

ただ袋のまま丸ごと冷蔵庫に入れると、お米が取り出しにくくて不便です。

そこでおすすめなのがこちらの密閉米びつです。サイズがコンパクトで冷蔵庫の棚に収納できるようになっています。また入り口は密閉されており、湿気が入る心配もありません。

特に夏場はお米が傷みやすいので、米びつを買って厳重に保管しましょう。

アスベル
¥435 (2018/11/12 10:13:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

米袋ごと保管できる「パール金属の米びつ(5kgタイプ)」

お米の移し替えが面倒な方、いつも5kgの米袋を買っている方には、パール金属の米びつがおすすめです。

この米びつは5kgの米袋をそのまま入れて保管できます。サイズも細長でコンパクトで、狭い場所でも収納しやすいです。

カラーバリエーションも豊富なので、好きな色の米びつ買えば、インテリア代わりにもなります。

 

パスタを密閉して保存、冷蔵庫にも入れられる「パスタ保存容器」

パスタはコスパの良い食材ですが、保存が面倒です。パスタの袋を開けたままにしておくと、湿気が入り、カビが生えてしまいます。でもパスタは細長い形状なので、密閉して保存するのが難しいです。

そんな問題を解決してくれるのが、こちらのパスタ保存容器です。内部が密閉されているため、湿気が入る心配もありません。

フタはワンタッチでパカっと開けられるので、フタをなくすこともないです。

また容器が四角い形状なので、冷蔵庫に寝かせて保存することもできます。これで夏場でもパスタが腐る心配もないですね。

パスタは2.5L入れられるので、安いパスタをまとめ買いして保存するのにも重宝します。パスタをよく食べる人におすすめの商品です。

タケヤ化学工業(Takeyakagaku)
¥598 (2018/11/12 10:13:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

コーヒーを密閉保存できる「HARIOのコーヒーキャニスター」

コーヒー豆や市販のコーヒー粉を保存するなら、密閉容器を使いましょう。コーヒーは空気に触れると酸化して、風味が劣化するからです。

コーヒー用の密閉容器なら、HARIOの珈琲キャニスターがおすすめです。レバーで空気圧を調整することで、きっちりと内部を密閉できます。

値段も安く、デザインもシンプルで、コーヒーの味にこだわる人なら買っておくべき良品です。

HARIO(ハリオ)
¥550 (2018/11/12 10:13:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

砂糖・難消化性デキストリンの保存に「ワンタッチシュガーポット」

料理で砂糖を使うなら、こちらのシュガーポットがおすすめです。

一振りで3gの砂糖が出せるようになっており、計量スプーンで測る必要がなくなります。

またボトルタイプなので、手が汚れにくく、片手で振りかけられるのも非常に便利です。

入り口も狭く、キャップでしっかり密閉できるため、湿気を吸って砂糖が固まることもありません。

もっともこの製品は、難消化性デキストリン(食物繊維)を入れるのに使われることが多いのですが。

山佳化成
¥220 (2018/11/12 10:13:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

砂糖が湿気で固まらない「珪藻土スティック」

砂糖や塩などの粉類は、きちんと保存しないと、湿気を吸って固まってしまいます。砂糖・塩が固まるたびに、崩して粉に戻すのは面倒ですよね?

そんな時におすすめなのが、この珪藻土スティックです。これを容器の中に入れておけば、砂糖や塩が固まるのを防ぐことができます。

料理でよく砂糖・塩を使う人におすすめの商品です。

アネスティカンパニー
¥198 (2018/11/12 10:13:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

油が容器側面に垂れない「フタ付きオイル差し」

自炊でサラダ油を使う人は多いはずです。ただサラダ油は入れ口から垂れやすく、いつの間にか容器の側面が油だらけになっていた、という経験もあるのでは?

そんな時におすすめなのが、こちらのオイル差しです。注ぎ口が突き出た形状になっており、液だれしにくいです。

仮に液だれしたとしても、垂れたオイルは溝から容器に戻る構造になっています。つまり容器が油まみれにならないということです。

自炊で油をよく使うけど、油まみれの容器を触りたくないという人におすすめです。

iwaki
¥777 (2018/11/12 10:13:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

料理の冷凍保存に、タブがついて開けやすい「ジップロック」

一人暮らしの自炊では、「大量に作って小分けにして冷凍保存」が基本戦略となります。

毎回一人分だけを自炊するのは手間がかかりますからね。それなら最初から大量に作るべきでしょう。

ただ問題なのが保存方法。密閉した袋に入れないと、料理が傷みますし、レンジで解凍する時に液漏れすることもあります。

そこでおすすめなのがジップロックです。きちんと密閉できるのはもちろんのこと、電子レンジで安全に解凍できます。ただし、その場合は入り口を少し開けておきましょう。

また入り口部分には、「Open Tab」というつまみがあり、指を引っ掛けて開けやすくなります。

値段も1枚10円と安く、食品を冷凍保存する人にとっては、マストアイテムです。

ジップロック
¥467 (2018/11/12 10:13:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

キッチンにおすすめの食器洗い用品

適度な硬さと持ちやすさ「スコッチブライトのキッチンスポンジ」

食器洗い用のスポンジも良質なものを選びましょう。スポンジが固すぎると食器を傷つけますし、柔らかすぎると汚れを落としきれないからです。

そこで食器洗いにおすすめなのが、スコッチブライトのキッチンスポンジです。このスポンジは適度に固いのに、研磨粒子を使っていないため、食器に傷をつけません。

また先端が少し尖っているため、食器・容器のスミの汚れもしっかりと落とせます。

値段もまあまあお手頃なので、快適に食器洗いしたい人におすすめです。

3M(スリーエム)
¥199 (2018/11/12 10:13:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

油汚れを簡単に落とせる「キュキュットのクリア泡スプレー」

油汚れがひどいと、固いスポンジだけでは落としきれません。ただ洗剤を染み込ませたスポンジで洗うと、手が油まみれになったり、洗剤で手荒れしたりしてしまいます。油汚れの食器はなるべく触りたくないですよね?

そこでおすすめなのが、この泡スプレータイプの洗剤です。これで油汚れをスプレーして1分放置すれば、水で流すだけで油汚れがスッキリ落とせます。

さらに香料が含まれていないため、食器に洗剤の匂いが移りません。食事中に食器から洗剤の匂いがすると、それだけで食欲が削がれますからね。

食器洗いの手間が省ける、料理の風味が良くなる、という点においておすすめのキッチン洗剤です。

キュキュット
¥276 (2018/11/12 10:13:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

水を吸いやすく、乾きやすい「InterDesignの水切りドライングマット」

水切りラックは洗い終わった食器を収納するのに便利です。ただ溜まった水を放置していると、カビや水垢で汚れてしまいます。

かといって水切りラックを使わずに、濡れた食器をそのまま置くわけにもいきませんよね?

そこでおすすめしたいのが、こちらのドライングマットです。マットは吸水性と速乾性に優れており、濡れた食器を上に置いても、すぐに乾きます。

マットは洗濯機と乾燥機にも対応しており、お手入れは簡単です。

色とサイズの種類もたくさんあり、キッチンのデザインに合わせたものを選べます。

食器洗い後に食器を拭くのが面倒な人におすすめの商品です。

インターデザイン(Interdesign)
¥950 (2018/11/12 10:13:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

キッチンにおすすめのゴミ捨て用品

足でフタを開けられる「アスベルのふた付きゴミ箱」

キッチン用のゴミ箱は、こちらの商品がおすすめです。

サイズが45Lと大容量で、ゴミがたくさん入るため、ゴミ出しの頻度が少なくなります。

またペダルを足で踏んでフタを開けられるので、両手がふさがっている時は特に便利です。

さらにレジ袋を引っ掛けられるサイドフックもあり、最大3種類のゴミの分別ができます。ゴミの分別が厳しい地域では重宝するはずです。

アスベル
¥1,414 (2018/11/12 10:13:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

臭くなったら使い捨て、ゴミの細かい分別に「ダンボールダストボックス・ゴミ箱」

ゴミの量が少ない、部屋に大きなゴミ箱を置きたくないという人には、ダンボールのゴミ箱がおすすめです。

使わない時は折りたためるので、収納性もバツグンです。

また生ゴミを入れて臭いが移った場合でも、手軽に買い換えられるのも大きなメリットです。これが大きなゴミ箱だと、捨てるのにも手間がかかりますからね。

デザインも白を基調としており、おしゃれでインテリアにもなります。ダンボール特有の安っぽさを感じさせません。

 

ゴミがたくさん入る「45Lのゴミ袋」

45Lのゴミ箱を買うなら、ゴミ袋も45Lのものを買いましょう。

こちらのゴミ袋は、100枚入りで500円と大変お買い得です。

大型のゴミ袋は、意外と重たくかさばるので、通販で買うと便利です。

全家協(Zenkakyo)
¥581 (2018/11/12 10:13:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

小さな生ゴミを捨てられる「ポリ袋ホルダー」

キッチンで作業をしていると、小さなゴミがいろいろと出てきます。納豆のフィルムとか、卵の殻とか、レトルト食品袋の切れ端などですね。

そうした小さなゴミをわざわざ大きなゴミ箱に捨てるのは、少し面倒ですよね?

そこでおすすめなのが、このポリ袋エコホルダーです。

このホルダーにポリ袋をセットすれば、小さな生ゴミ用のゴミ袋になります。臭いのする小さなゴミをポリ袋に入れることで、大きなゴミ箱に臭い移りしなくなります。

自炊の回数が多く、生ゴミの処理に困っている人におすすめです。

山崎実業(Yamazaki)
¥880 (2018/11/12 10:13:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめ記事

今の生活をもっと便利にしたいですか?

それなら、このAmazon便利グッズの記事を読みましょう。

便利グッズを買うことで、生活が快適になり、幸福度も上がります!

[2018年] Amazonで買うと一人暮らしが捗るもの・おすすめの便利グッズまとめ