トイレが快適に! 一人暮らしにおすすめのトイレ用品まとめ

トイレは普通に使っていると、どんどん汚れていくものです。でもトイレって臭くて汚くて掃除するのがなんだか嫌ですよね?

この記事では、トイレを清潔に保ち、掃除を楽にするための便利グッズを紹介しています。どの製品も利便性が高く、トイレ環境を快適にしてくれること間違いなしです。

 

  1. Amazonチャージで1000ポイントゲット!
  2. トイレットペーパーのおすすめ収納用品
    1. スペースを圧迫しない「3倍トイレットペーパー」
    2. トイレットペーパーをたくさん置ける「突っ張り棚」
    3. トイレットペーパーの確保に「ホルダースタンド」
    4. トイレットペーパーを目立たず保管「ペーパーホルダー(タワータイプ)」
    5. トイレットペーパーをたくさん保管「ペーパーストッカー」
    6. ペーパーをカットしやすい「ペーパーホルダー」
  3. トイレのおすすめ手洗い用品
    1. シンプルで高級感あるデザイン「タオルリング」
    2. タオルのまとめ買いにおすすめ「フェイスタオル」
    3. 手がべたつかない「手の消毒ジェル」
  4. トイレにおすすめの汚れ防止用品
    1. おしっこの飛散をガード「トイレパッド」
    2. 便器と床の隙間に尿を入れない「スキマテープ」
    3. 便器裏を触らずに便座を上げられる「便座バンド」
    4. 全体ラバーでお手入れしやすい「トイレシューズ」
    5. ワンタッチで開閉できる「レックの消臭トイレポット」
  5. おすすめトイレファブリック
    1. ふかふかで柔らかい「便座カバー」
    2. おしっこが飛んでも拭き取るだけ「吸着トイレマット」
    3. 便座フタをホコリから守る「便座のフタカバー」
  6. トイレのおすすめ掃除・消臭用品
    1. 乾きやすくカビが生えにくい「マーナのトイレブラシ」
    2. 使い捨てでいつでも清潔「スコッチブライト トイレクリーナー」
    3. 鼻への刺激が強くない「スクラビングバブルのトイレクリーナー」
    4. 大容量で長持ち、無香料「ドでか無香空間」
    5. トイレの詰まりを解消できる「ラバーカップ」
  7. おすすめトイレ用家電
    1. 安いのに必要な機能がそろってる「温水洗浄便座・ウォッシュレット」
    2. コンパクトで立ち上がりが早い「小型ファンヒーター」
    3. トイレの電気の消し忘れがなくなる「人感センサー付き電球」
  8. おすすめサービス
    1. ハウスクリーニング
  9. おすすめ記事

Amazonチャージで1000ポイントゲット!

アマゾンで買い物をするなら、Amazonチャージを使うとお得ですよ!

初回限定で5000円チャージするだけで、1000ポイント獲得できます。還元率20%は破格のサービスなので、なるべく早くしないと損です!

ただしクレジットカードと電子マネーによるチャージは対象外なのでご注意ください。

Amazonチャージで1000ポイントゲットする

 

 

トイレットペーパーのおすすめ収納用品

スペースを圧迫しない「3倍トイレットペーパー」

トイレットペーパーは意外と消費の激しい消耗品で、気が付いた時にはもう残り少なくなっています。かと言ってペーパーをたくさん買い込むと、トイレのスペースを圧迫してしまいます。

山積みのトイレットペーパーをコンパクトにしたい。そんな方には、3倍巻きのトイレットペーパーがおすすめです。

容量が普通のトイレットペーパーの3分の1なので、トイレのスペースをかなり節約できます。トイレ部屋の圧迫感がなくなって、すっきりとした印象になります。

欠点は、単品が合わせ買い対象商品であること。

注文金額が2000円以上にならないと、注文できません。余計なものを買いたくないなら、2倍巻きタイプを選びましょう。

スコッティ
¥322 (2018/11/12 14:36:45時点 Amazon調べ-詳細)
スコッティ
¥327 (2018/11/12 21:19:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

トイレットペーパーをたくさん置ける「突っ張り棚」

トイレはスペースが狭いため、床にたくさん物を置くことができません。しかし毎日使うトイレットペーパーは、トイレから近い場所に置いておきたいですね。

そんな時におすすめなのが、伸縮タイプの突っ張り棚です。これを取り付けることで、トイレの上の空間が収納スペースになります。荷重量も13kgと高く、トイレ用品をたくさん積み上げても平気です。

トイレの収納に困ったら、まずは買っておきたい商品です。

 

トイレットペーパーの確保に「ホルダースタンド」

便器の近くに予備のトイレットペーパーを確保しておきたいなら、ペーパーホルダーを使いましょう。細身なデザインなので、トイレのスペースを圧迫しませんし、ちょっとしたインテリアにもなります。

ペーパーは4ロールごとにセットできるため、前述の3倍巻き4ロールペーパーと相性がいいです。

トイレの壁が柔らかくてペーパーホルダーを壁付けできなくても、このペーパーホルダーなら安心です。

インターデザイン(Interdesign)
¥2,446 (2018/11/12 21:19:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

トイレットペーパーを目立たず保管「ペーパーホルダー(タワータイプ)」

トイレットペーパーを目立つ場所に置きたくない方には、タワータイプがおすすめです。オモテ面は無地のカバーなので、ペーパーが悪目立ちしません。

また存在感が薄く壁に溶け込みやすいため、女性用品やトイレブラシを隠すのにも最適です。上のトレー部分には穴が空いており、便座に座った状態でもペーパーを簡単に取り出せます。

欠点は値段が少し高いことです。1000円くらいなら気軽に買えるのですけどね。

山崎実業(Yamazaki)
¥2,167 (2018/11/12 21:19:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

トイレットペーパーをたくさん保管「ペーパーストッカー」

二人以上で生活していると、トイレットペーパーは意外とすぐになくなります。でも細長いペーパーホルダーでは大量のペーパーを収納しきれません。

そんな時におすすめなのが、こちらの大容量ペーパーストッカーです。トイレットペーパーが12ロールも入るため、こまめに補充する必要もなくなります。ただ取り出し位置が低いので、少し高い場所に置いたほうがいいですね。

山崎実業(Yamazaki)
¥2,322 (2018/11/12 21:19:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

ペーパーをカットしやすい「ペーパーホルダー」

安物の紙巻器は、ペーパーがセットしにくく、外れやすいことがあります。今の紙巻器に不満を持っているなら、TOTOの紙巻器をおすすめします。

その理由として、まず紙切り板が適度に重いため、ペーパーを楽に切り取ることができます。またフロントレバー式なので、ペーパーのセットも簡単です。さらに上部には棚がついており、よく使うトイレ用品を置いておくことができます。

値段はやや高めですが、高級感のあるデザインを含めて、コスパの高い商品です。

TOTO
¥3,690 (2018/11/12 21:19:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

トイレのおすすめ手洗い用品

シンプルで高級感あるデザイン「タオルリング」

トイレで手を洗うなら、壁にタオルリングを取り付けておくと便利です。

特筆すべき機能はありませんが、シンプルで高級感あるデザインがトイレをおしゃれにしてくれます。

 

タオルのまとめ買いにおすすめ「フェイスタオル」

トイレの手洗い用のタオルには、泉州のフェイスタオルがおすすめです。肌触りが良いのに、値段も安く、まとめ買いに適しています。

もちろんキッチンでの手拭きタオル、風呂場での体拭きタオルとしても使えます。タオルはいろいろなシチュエーションで使えるので、大量にストックしておくべきです。

 

手がべたつかない「手の消毒ジェル」

冬場はウイルスが繁殖しやすいため、手洗いだけではウイルスを除去しきれません。しかしハンドソープで手洗いすると、手が荒れてしまいます。

手荒れをせずに、手を消毒したい。そんな方にはジェルタイプの消毒液がおすすめです。

この手ピカジェルは低粘性のジェルでできており、感触がサラサラとしています。手がべたつかないので、その後の作業も快適になります。

冬場のウイルス・細菌対策のためにも、一家に一本用意しておきたいですね。

手ピカジェル
¥818 (2018/11/12 21:19:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

トイレにおすすめの汚れ防止用品

おしっこの飛散をガード「トイレパッド」

子どもやお年寄り、座ってトイレするのが苦手な人は、おしっこが便座のすき間から漏れてしまいます。おしっこが漏れるたびに、トイレマットを掃除するのがめんどくさいはず。尿もれはできるだけ無くしたいですよね。

そんな方は尿漏れパッドを使いましょう。これを便座の裏に貼り付け、すき間をなくすことで、パッドがおしっこを吸い取ってくれます。

欠点は、長い間貼り付けたままにしておくと、悪臭を放つこと。清潔に使い続けるには、こまめに交換しないといけません。ちなみにトイレには流せないので注意しましょう。

サンコー (SANKO)
¥650 (2018/11/12 21:19:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

便器と床の隙間に尿を入れない「スキマテープ」

トイレ掃除をする上でもっとも大変なのが、便器と床の間の掃除です。一度汚れてしまうと、汚れを落とすのが難しくなります。

そんなときは便器すきまテープを使いましょう。これを貼ることで、便器のすき間が汚れなくなります。

またテープは汚れても洗濯機で洗うことができ、洗っても粘着力が落ちません。繰り返し使えるので経済的ですね。

色は4種類あり、どれも明るくておしゃれな花柄です。

 

便器裏を触らずに便座を上げられる「便座バンド」

小さな男の子や男性のお年寄りは、うまくおしっこができず、便座の裏を派手に汚してしまうことがあります。そんな汚れた便座を直接手で触るのは、ちょっと抵抗がありますよね。

しかしこの便座バンドを取り付ければ、便座を触れずに持ち上げることができます。便座に座るとお尻がバンドに当たってしまいますが、バンドは柔らかいシリコンでできているため、異物感を感じません。

汚い便座を触りたくない人におすすめの一品です。

カキウチ
¥580 (2018/11/12 21:19:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

全体ラバーでお手入れしやすい「トイレシューズ」

部屋の広いトイレには、トイレ用のスリッパが置いてあることがあります。ただトイレスリッパは汚れやすく、こまめに洗うこともできないため、不衛生になりがちです。

しかしこちらのトイレシューズは全体が同じ素材のゴムでできているため、継ぎ目がなく汚れがたまりにくいです。ラバーなので汚れても、拭き取るだけでお手入れができます。

またシューズの底が分厚いため、冬場でも足裏が冷たくなりません。デザインもシンプルかつおしゃれで、トイレのインテリア要素もあります。

オーエ(Ohe)
¥733 (2018/11/12 21:19:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

ワンタッチで開閉できる「レックの消臭トイレポット」

トイレポットは女性用品を捨てるゴミ箱です。ただ安物のトイレポットは臭いが漏れやすいです。

こちらのトイレポットは蓋がついているため、臭いが漏れにくいです。蓋はボタンでワンタッチ開閉でき、片手がふさがっていても操作しやすいです。

デザインも余計な装飾がなく、悪目立ちしません。何も言わなければ、女性用品を入れるゴミ箱だとは気づかないでしょう。

レック(Lec)
¥541 (2018/11/12 21:19:25時点 Amazon調べ-詳細)

サニタリー用品を入れるなら、専用のポリ袋を使いましょう。色が濃い黒なので、中身が全く見えず、気軽に捨てられます。

ニッコー
¥110 (2018/11/12 21:19:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめトイレファブリック

ふかふかで柔らかい「便座カバー」

トイレの便座はプラスチックでできているため、冬場は冷たくなりやすいです。ウォッシュレットの便座なら、温める機能もありますが、電気代の消費も激しいです。

そこでおすすめなのが、サンコーの便座カバーです。裏に吸着シートがついており、便座にぴったりとくっつきます。座っているときに動いても、簡単にはズレません。

便座カバーを使う上で一番多い心配事は、「現在使っている便座に対応しているか」ですが、その心配もありません。この便座カバーは洗浄暖房型・O型・U型のいずれにも対応しています。

そしてこの製品の一番の魅力は、クッションがふかふかで柔らかいことです。便座に座ってお尻をくっつけた瞬間に、少しだけリラックスできます。

毎日のトイレがちょっとだけ楽しみになる良品です。

 

おしっこが飛んでも拭き取るだけ「吸着トイレマット」

男性がおしっこをする方法は大きく分けて2つ、立ちションと座りションです。特に立ちションの場合は、おしっこが飛散しやすく、トイレマットも汚れやすいです。

でも男性が立ちションするたびに、トイレマットを何回も洗濯機で洗うのは面倒です。かといってそのまま放置すると、おしっこでトイレ部屋が臭くなります。

そんなジレンマを解消するのが、このフローリングタイプのトイレマットです。これを床に敷いておけば、マットがおしっこで汚れても、軽く拭き取るだけで済みます。

またこのマットは便器と床のすき間もカバーしてくれます。あのスペースはゴミを拭き取りにくく掃除が大変なので、カバーしてくれるのはありがたいです。

以上のことから、立ちションでトイレの床を汚したくない人におすすめです。

サンコー (SANKO)
¥2,620 (2018/11/12 21:19:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

便座フタをホコリから守る「便座のフタカバー」

トイレの便座フタは意外とホコリがたまりやすいです。放置しても大した害はないですが、見た目的に不快ですよね。

そんな場合はトイレ用のフタカバーを取り付けましょう。このカバーは吸着式なので、多くの種類の便座フタに対応しています。ただし洗浄暖房型にしか使えないので、その点は注意です。

感触はふわふわしており、デザインと色合いも温かみがあり、殺風景なトイレをおしゃれに彩ってくれます。おしゃれなトイレに憧れる人におすすめの一品です。

オカ (OKA)
¥1,137 (2018/11/12 21:19:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

トイレのおすすめ掃除・消臭用品

乾きやすくカビが生えにくい「マーナのトイレブラシ」

トイレ掃除をするなら、トイレブラシは必須です。ただトイレブラシは便器にこべりついたアレに触れるため、とても汚れやすいです。

さらにトイレブラシの水はけが悪いと、水分を蒸発しきれず、細菌の繁殖を許してしまいます。汚いトイレブラシは見るのも嫌ですよね。

そんなときにおすすめなのが、マーナのトイレブラシです。ブラシが底に触れず、ケースも大きく開いているため、通気性に優れています。ブラシが乾きやすいので、細菌の繁殖を抑えられます。

また付属の小さなブラシは、トイレの縁の裏を掃除できます。縁裏は意外と汚れが溜まりやすく、こまめに掃除しないといけません。

ブラシもケースもスッキリしたデザインで、トイレに置いても違和感がありません。きれいで汚れにくいトイレブラシが欲しい人におすすめです。

マーナ (Marna)
¥1,100 (2018/11/12 21:19:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

使い捨てでいつでも清潔「スコッチブライト トイレクリーナー」

トイレ掃除に使ったブラシは2度と使いたくない!そんな潔癖症なあなたには、スコッチブライトのトイレブラシがおすすめです。

先端のブラシが使い捨てなので、いつでも清潔なブラシで掃除ができます。

ブラシには洗剤が染み込んでいるため、トイレ洗剤を使う手間も省けます。

さらにブラシの形状がくびれており、トイレの縁裏の掃除もできてしまいます。トイレの縁裏は大きなトイレブラシだと掃除しにくいので、その点はとても便利です。

注意点として、この使い捨てブラシはトイレに流せません。

 

鼻への刺激が強くない「スクラビングバブルのトイレクリーナー」

ブラシが届かない場所を掃除するなら、こちらのトイレクリーナーを使いましょう。ノズルの先端が細いため、縁裏までしっかりと除菌できます。

またジェルの粘度が高いため、便器内に止まりやすく、一度使えば長時間効果を発揮します。

この洗剤は塩素系ですが、他と比べて臭いが控えめで、鼻をあまり刺激しません。

値段も安く、コスパの高いトイレ洗剤を求めている人におすすめです。

スクラビングバブル (Scrubbing Bubbles)
¥202 (2018/11/12 21:19:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

大容量で長持ち、無香料「ドでか無香空間」

どれだけトイレをきれいに使っても、トイレ部屋は臭くなる運命にあります。そこで消臭剤を買うわけですが、思ったほど効果がなかったり、いつの間にかすぐに効果が切れることがあります。

もっと高性能なトイレ消臭剤が欲しい。そんな方にはドでか無香空間をおすすめします。

まず容量が1800gと非常に多いため、狭いトイレなら半年は効果が持続します。消臭剤の効果が長いほど、新しく買い換える手間が省けて、時間と労力を節約できます。

さらに無香料タイプなので、香水などの匂いが苦手な人にも最適です。きつい香料でごまかさないため、トイレ部屋も快適になります。

「1800gの消臭剤はかなり重たいのでは?」と思われるかもしれませんが、フタ部分に取っ手がついており、持ち運びにも困りません。

以上のことから、トイレ消臭剤の中でも良品と言えます。詰め替え用もついでに買っておくと安心です。

無香空間
¥907 (2018/11/12 21:19:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

トイレの詰まりを解消できる「ラバーカップ」

トイレが詰まった時のために、ラバーカップ・つまり抜きも用意しておきましょう。

こちらのラバーカップは専用のケースが付属しており、中にしまうことで黒いゴム部分を隠せます。白いトイレに黒いゴムが見えるのは、生理的に嫌ですからね。

持ち手は十分に太くて、グリップ力にも優れており、普通に使う分には問題のない商品です。

きれいなラバーカップが欲しいオシャレさんにおすすめです。

山崎産業
¥712 (2018/11/12 21:19:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめトイレ用家電

安いのに必要な機能がそろってる「温水洗浄便座・ウォッシュレット」

古い家や部屋のトイレには、ウォッシュレットが備え付けられていないことが多いです。しかしウォッシュレットを日常的に使っている現代人にとって、それがない生活は考えられません。

ウォッシュレットがないなら、自分で買って取り付けるのが一番安上がりです。

特にこちらのウォッシュレットは値段が1万円程度とかなり安価です。それでも温水・暖房便座・オート脱臭・ムーブ洗浄など、必要な機能が備わっています。

モンキーレンチさえあれば、一人で設置することも可能ですが、自信がないなら素直に水道業者に依頼しましょう。

東芝(TOSHIBA)
¥13,900 (2018/11/12 21:19:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

コンパクトで立ち上がりが早い「小型ファンヒーター」

普通トイレには暖房がないので、冬場はとっても寒いはずです。かといって暖房を置こうにも、トイレは狭すぎます。セラミックヒーターだと、足が当たって火傷する危険性もあります。

そんな問題をうまく解決してくれるのが、KEYNICEのセラミックファンヒーターです。

まずサイズがコンパクトなので、トイレのスペースを圧迫しません。

またスイッチを入れるとすぐに温まるため、トイレの時だけこまめにON/OFFできます。セラミックヒーターは電気代が高いので、短時間だけ使うのが正しい使い方です。

さらにヒーターが倒れると自動で電源がOFFになるため、小さなお子さんの近くで使っても安全です。

値段も4000円と比較的安く、かなりコストパフォーマンスの高い商品です。

 

トイレの電気の消し忘れがなくなる「人感センサー付き電球」

トイレの電気の消し忘れはだれでもよくやるミスです。その度に指摘したり、されたりするのは疲れますよね?

電気の消し忘れでお困りの方には、人感センサーの電球をおすすめします。人が近づくと自動で電気がつき、離れると自動で電気が消えるので、つけ忘れ・消し忘れを未然に防げます。玄関にもつけておくと便利ですよ。

トイレの電気を消すのが面倒な人におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,082 (2018/11/12 21:19:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめサービス

ハウスクリーニング

トイレを掃除する時間がないなら、ハウスクリーニングを活用しましょう。

1万円ほどで、汚い便器をピッカピカに仕上げてくれます。

 

おすすめ記事

今の生活をもっと便利にしたいですか?

それなら、このAmazon便利グッズの記事を読みましょう。

便利グッズを買うことで、生活が快適になり、幸福度も上がります!

[2018年] Amazonで買うと一人暮らしが捗るもの・おすすめの便利グッズまとめ