[2018年] ルンバの掃除部屋を作るのに必要な便利グッズまとめ

2018年4月26日

お掃除ロボットのルンバは、スイッチ一つで床掃除を済ませてくれるので、非常に便利な家電です。

ただ床に物を置きっぱなしにすると、巻き込んでエラーを起こすこともあります。

他にも、コードを巻き込んだり、カーペットに引っかかったり、扇風機に乗り上げたりと、おバカなミスをやらかすこともあります。

これだけ聞くと、ルンバって意外と使い勝手が悪いと思われるかもしれません。

でもきちんと対策をすれば、ルンバはしっかり働いてくれます!

この記事ではルンバのミス・エラーを防ぎ、お掃除を手助けする便利グッズを紹介します。

 

服の室内干し

突っ張り棒

部屋の室内干しにハンガーラックを使っていると、ルンバがゴツンゴツンを当たってしまいます。

当たりどころが悪いと、パーツが外れて洗濯物が床に落ちることもあるので、何かしらの対策が必要です。

そんなときは部屋干し用の突っ張り棒を使いましょう。

部屋の狭い場所なら、これ一本で洗濯物の室内干しができます。

突っ張り棒は長さに応じて4種類あるため、部屋のスペースにあったものを選びましょう。

 

エアコンハンガー

部屋に突っ張り棒を置けるスペースがないなら、エアコンハンガーを使いましょう。

部屋にエアコンさえあれば、工具不要で簡単に取り付けられます。

またエアコンの風を浴びせることで、洗濯物を早く乾かすこともできます。

 

室内物干しかけ

エアコンハンガーが取り付けられない場合は、こちらの物干しかけを使いましょう。

工具不要で、簡単に取り付けられます。

先端の大きなくぼみには物干しざおを引っ掛けられるので、洗濯物が多い日でも大丈夫です。

使わないときも簡単に取り外せるので、部屋のスペースを取らないのもいいですね。

 

窓枠物干し

洗濯物の量が多く、上記の商品では支えきれない場合は、窓枠物干しがおすすめです。

こちらの取り付けにも、工具は不要です。

また床と天井を傷つけないので、賃貸の人でも安心です。

 

ルンバの扇風機乗り上げ対策

すのこ

ルンバは扇風機に乗り上げると、そのまま停止することがあります。

ルンバは意外と重量が重いので、充電台まで持って運ぶのも苦労します。

扇風機の乗り上げ対策には、すのこを使いましょう。

このミニすのこは扇風機の台座のサイズにぴったりです。

ただ少し値段が高いので、時間があるなら同じサイズをホームセンターで買うといいでしょう。

 

小物を固定する

滑り止めシート

ルンバを使うときは、床にものを置かないほうがいいです。

それでも毎日使うもので、床置きしたいものはあるはずです。

そんなときは下に滑り止めシートを敷きましょう。

底面を固定することで、ルンバがぶつかっても位置がずれないようになります。

こちらの滑り止めはハサミで切ることができ、好きなサイズに調整できます。

 

ルンバからの小物避難

カラーボックス

毎日使うものはできるだけ手に取りやすい場所に置いておきたいですよね。

カラーボックスを設置すれば、ルンバの動きを邪魔することなく、ものを出し入れしやすくなります。

ただし下段にはルンバが入り込むので、大きめの籠を入れておくといいでしょう。

特にこのカラーボックスは値段が1000円とお手頃です。

ちょっとした収納スペースを作るにはちょうどいい商品です。

 

ルンバの段差の対策

スロープ

ルンバは2cm以上の段差を乗り越えられません。

段差をまたいで複数の部屋を掃除させるなら、スロープを設置しましょう。

このラバースロープは重量が重いので、ルンバがぶつかっても簡単にはズレないです。

それでもズレるようなら、裏面に両面テープを貼って固定しましょう。

カラーも茶色で、フローリングと相性もいいです。

 

ルンバのケーブル対策

タップボックス

ごちゃごちゃした配線を放置すると、ルンバがコードに引っかかってしまいます。

対策としては、コードをタップボックスの中に収納するのがベストです。

ルンバに対する2cm以上の壁にもなります。

またごちゃごちゃな配線が見えなくなることで、部屋の印象もスッキリします。

 

マジックバンド・結束テープ

無駄に伸びたコードを放置すると、ルンバがコードに引っかかります。

コードが一本だけなら、タップボックスではなく、結束テープを使いましょう。

これでケーブルを束ねれば、無駄な配線もなくなり、部屋がスッキリします。

またこの結束テープはハサミで好きな長さにカットできます。

細いコードには数センチ、太い電源コードなどには10センチと使い分けましょう。

他の使い方として、電源コードを他にものに巻きつけて固定できたりもします。

値段も安く、使い勝手がいいので、とりあえず配線対策に一本買うことをおすすめします。

 

布団の乗り上げ対策

すのこベッド

ルンバは敷き布団や折りたたみベッドとも相性が良くないです。

敷き布団だと布団の上に乗り上げてしまいますし、折りたたみベッドだと内部パーツで引っかかってしまうからです。

ルンバユーザーなら、ベッドはすのこマットを使いましょう。

すのこベッドなら2cm以上の高さがあり、ルンバが乗り上げません。

またベッド本体の重量も軽いため、ベッドを持ち上げながら掃除することもできます。

通気性もいいので、布団にカビが生える心配もありません。

値段も安く、ルンバユーザーなら買って損はしないプロダクトです。

 

ルンバのカーペット対策

吸着テープ

裏に滑り止めのないカーペットは、ルンバと相性が悪いです。

ルンバの当たりどころが悪いと、カーペットが引っかかって、行動不能になってしまいます。

そんな場合は、カーペットの裏面に滑り止めテープを貼りましょう。

テープが床に張り付いて、マットがズレなくなります。

ただ長期間貼り付けた状態だと床にテープが残ってしまうので、ご注意ください。

小型のマットなら、下記の3mテープで十分です。

大型のマットに使うなら、15mのテープを選びましょう。

生活用品

Posted by むれ