社会・ビジネス

私もとうとうFXデビューです。デモトレードではなく実際のお金を使った本番です。本当はもっとお金が貯まってから始めたかったのですが、今の相場がいい感じなので手を出してしまいました。もしチャートの読みを大きく外して、ロスカットになってしまったら、入金した10万円を失うことになりますので、大きな痛手となるでしょう。

しかし私は今派遣社員として働くことに大いに嫌気がさしているので、1日でも早くこの貧乏から脱出したいのです。そして金持ちと張り合うためにはレバレッジでリスクを負うしかないのです。現在私がかけているレバレッジは世界最高レベルの888倍です。

この数値だけ耳にするとクレイジーかもしれませんが、対策は万全です。証拠金を投資額の10倍くらい準備しているので、多少の含み損は耐えられます。証拠金準備率にして1000%です。これが30%になることはほぼないでしょう。XMでは1ロットで10万通貨単位です。日本円で1200万円を動かすことになり、レバ25倍だと48万円必要です。

しかしレバ888倍ではたったの14,000円で動かせてしまうのです。もちろんこれだけではわずかな含み損でロスカットになりますが、証拠金を揃えても10万程度でその100倍の資金を動かせるのです。これぞ貧乏人に与えられた金儲けのための最後の手段と言えましょう。

借金は悪ではない

私はせっかちな性格なので、バイトをしてお金が貯まるまで待てませんでした。そこでクレジットカードから前借りという形で10万円をFX口座に振り込みました。XMでは入金額の50%が追加のボーナスとして受け取れます。これに口座開設ボーナス3,000円を足した、153,000円が投資資金となります。

貧乏人がまとまったお金をすぐに調達するには借金しかありません。借金とは未来の自分からお金を前借りすることとも言えます。しかしよほどの勝算がなければFXで借金はお勧めしません。負けた時の心理的な負担が大きいからです。私もこれで大負けしてしまったら、リボ払いにしてコツコツと返済しようかと思います。

今の時代働いても苦労の割にはあまり稼げません。一日中拘束され続けて、しんどい思いをしても日給8,000円では割に合いません。

いざ初陣!

11月25日の夜にEUR/USDを1ロットを売り注文しました。このペアは以前から下げ調子が続いており、移動平均線もまだまだ上にありこれからも下がる傾向にあるからです。注文を確定したらあとは寝て待つだけです。

FXというとずっと画面に張り付いて取引しているイメージがありますが、そうしたスキャルピングは体に悪いので、私は使用しません。翌日になると4万円の損失を出していました。証拠金がなければ投資額の2倍以上の損失を抱えていることになり、即ロスカットです。

しかしFXにおいてこんな予想外の短期的な値動きはよくあることなので、予防線は十分に張っています。それにしても初陣で大きな含み損を抱えるのは幸先がよくないですね。その日の夜には損失が2万円くらいで収まっていました。ここで焦って決済していたら、4万円の損失を抱えることになっていました。投資においては忍耐力こそが大きな武器になると実感しました。

焦ってはいけない

そういえばFXのトレーダーの9割が利益をあげられず、退場する理由は頻繁な売買による手数料だと聞いたことがあります。FXトレーダーの多くは、手っ取り早く大金を稼ぎたいと考えているので、待つことができず、わずかな利益でもすぐに決済してしまうのでしょう。

私の場合はレバレッジこそ高いですが、証拠金で余裕をとっているので、利益が出ようとも、含み損を抱えようとも、のんびり構えています。まあできるだけ早く大金が欲しいですが、大きな利益を手にしたいなら、待つことの方が重要です。ことわざで言うところの「果報は寝て待て」というやつですね。

ハイレバで短期間のトレードを行う人は数多くいますが、ハイレバで長期投資をする人はあんまりいないでしょう。実際にこの手法で成功した人が見当たらないので少し不安ですが、成功したら「ほったらかしFX」とでも名付けて広めていきたいものです。

損失が収まった

毎朝7時になるとメールでポジションの状況を伝えてくれます。英語で書かれているので、読むのに手間がかかりますが、助かります。さて投資した初日から4万円の損失を出してしまいましたが、その2日後の夜には損失は3,000円に収まっていました。ここからは利益に転じていくはずです。来週の月曜日が楽しみでなりません。

5日後で利益が出た

11月30日の月曜日の朝、利益が5,000円になっていました。ようやく利益が出てきてちょっと嬉しいですが、ここからが本番です。ユーロは日足で見ると、下がる傾向にあるので売りの一手です。売り注文したら利益が膨らんでいくのを待つだけです。

その日の夜には利益2万円前後を推移していました。利益が1万円になったり、3万円になったりと変化は激しいですが、平均で2万円ですね。ここで焦って何度も売買していてはスプレッドを何度も支払うことになります。ほったらかしFX術では一度設定したポジションはなるべく変えないようにします。

次の日の朝には損切り

ユーロドルは次の日の朝には売ってしまいました。確かに日足では下がり傾向だったのですが、1、4、8時間足ではその傾向が収まりつつあったからです。含み損も6,000円ほど抱えていましたが、決済しようかどうか悩んでいると、急に15,000円くらいにまで損失が拡大したので、これはまずいと思い、決済しました。

下記の画像はその時の4時間足です。移動平均線はチャートの上ですが、上がりそうな雰囲気です。チャートの動きがわかりにくく、移動平均線の緩やかな相場は手を出さない方が良さげです。

スクリーンショット 2015-12-01 17.32.36

ここでの私のミスは相場の流れを読むのに日足しか使わなかったことです。複数の時間足を使えば、複数の観点から相場を予測できます。

もう一つの敗因は下りきった相場に売り注文をしてしまったことです。ユーロドルは売買する段階で十分に下りきっており、旨味の少ないタイミングでした。これからはデットクロス直後のうまそうなタイミングを狙います。下記の画像はEUR/NZDのチャートです。これからいい感じに下がっていきそうな相場です。

スクリーンショット 2015-12-01 17.47.41

チャートを何度も見てはいけない

実は私、ほったらかしFXとか言いながらも何度もチャートを確認しています。今日は仕事を休んだので、スマホを触る時間がいっぱいあるのです。すると急激な含み損を目にする機会も増えてしまいます。含み損が一時的なものだとわかっていても、なんとなく不安になってしまいます。

ですのでポジションを確定したら、仕事をするなりして時間を潰すほうが賢明です。大きな利益はすぐには出来上がりません。FXで勝てるのは我慢強く待つことのできるトレーダーです。

FXを始めるならまずは基礎から

FXを始めるにはまず基礎知識だけでも身につけておく必要があります。私はインベスターZの10巻でFXのことを学びました。FXに関する基礎的な知識や意外な真実など、非常に有益な情報が数多く書かれているのでオススメです。

FX業者でXMを使うメリット

FXの業者はいくらか調べてみましたが私はXMという業者が一番かと思いました。XMなら海外業者なので日本の規制を超えた888倍のレバレッジが可能で、短期間で大きく稼ぐことができます。

またゼロカットシステムによりどれだけ大きな損失を出しても、口座がマイナスになった時点で決済を完了します。失うのは入金したお金だけで、それ以上の借金を背負うリスクがないわけですね。これで気軽に大きなリスクを背負えるわけですからありがたい話です。

また入金ボーナスとして入金額の50%をポイントとして受け取ることができます。このポイントは出金したら消えてしまいますが、取引を続けている間は自分の資金として使うことができます。例えば10万円入金したら、5万円分のボーナスをもらえます。資金が50%も増えれば、かなりしぶとく生き残ることができますね。

以上のことから少額で自分の資金内でリスクを負ってFXをしたいならXMをオススメしたいです。理論よりもまずは実践。実際にやってみればFXがどんなものかがよくわかるはずです。FXは違法業者が多いですが、XMは最大手なので安全です。

XMで口座を開設する

おすすめ記事

世の中には生活を豊かにしてくれる便利なものがたくさんあります。下記の記事ではそうしたおすすめ商品を紹介しているので、よかったら覗いてみてください。

【2017】 amazonで買うと一人暮らしが捗るもの・便利グッズまとめ