食事

私は現在豆腐や納豆などのシンプルな食材をメインの食事にしています。どの食品も低カロリーなのでたくさん食べても全く太りません。さらにどれも低価格なので、たくさん買い込んでも一ヶ月の食費が2万円前後に抑えられます。今回はこうしたシンプル食材を食べて、質素な食生活を送ることのメリットについてお話しします。

食費が安くなる

質素な食事をすることの最大のメリットは、食費が大幅に安くなることです。バナナや豆腐、卵などの食品は加工されていないので、人件費がかからず、価格が安く抑えられています。

例えばバナナは一房で500グラムも食べられるのに、価格はたったの100円程度です。しかもカロリーも100グラムで80kcalで、五本食べてようやくポテチ一袋と同じカロリーになります。同じカロリーでもバナナは500グラムでポテチは80グラムくらいです。バナナの方が圧倒的に質量が多いことがわかります。

こうしたシンプル食材は安くてたくさん食べられるので、食費を大幅に抑えつつも、豊かな食生活を送ることができます。下手にコンビニ弁当やお惣菜を買ってしまうと、1食で500円くらい使ってしまいますが、シンプル食材なら100円程度で同じくらいお腹を満たせます。

例えば納豆ご飯を自炊した場合、ご飯一合で50円、納豆1パック70円、インスタント味噌汁1パック10円の合計130円で、成人男性のお腹を8割くらい満たすことができます。ちなみに味噌汁はアマゾンの定期便マルコメの旅亭の味を買うのがオススメです。重たいお米も定期便で注文すると、買い物が楽になりますよ。

ダイエットになる

シンプル食材はダイエットの強い味方です。例えばバナナは100グラム当たり80kcal、豆腐も80kcal、無糖ヨーグルトは60kcalです。卵は150kcalで、白米は170kcalと少し高いですが、それでも加工食品やお菓子類よりずっと低カロリーです。低カロリー食品を食べ続けていると、摂取カロリーが少なくなり、体の代謝による消費カロリーの方が多くなります。その状態を維持できれば、ハードな運動をしなくても体重はみるみる減っていきます。とにかく「ダイエットを成功させるためには、摂取カロリーが低い状態を維持することが重要!」ということだけは覚えておきましょう。

甘いもの・味の濃いものを食べなくなる

味の薄いシンプル食材を食べ続けていると、舌がそれに慣れて味の濃いものを食べたいと思わなくなります。実際に私の場合も、数年前まではニチレイの冷凍チャーハンや家系ラーメンを喜んで食べていましたが、最近は全く食べていません。脂っ気の多い食べ物を食べても、口の中が気持ち悪くなって箸が進まないのです。

これはお菓子類でも同じことで、まずスナック菓子を全く買わなくなりました。味が濃くて脂っ気が多く、量も少ないので満足できないからです。同時に甘いものを買うことも少なくなっています。スーパーに行って新しいデザートがあれば買いますが、一回買って味を覚えたら、満足してもう買わなくなります。

加工食品を買わなくなった代わりに、アーモンドやチーズなどのシンプル系のおやつをよく買うようになりました。アーモンドは値段が高いですが、よく噛んで食べるので、量が少なくても満足できます。味を加工しなくても素材の味だけで十分楽しめます。もしアーモンドを買うなら、無塩の素焼きアーモンドにしましょう。塩で味付けしているものは、食べすぎると塩分を取り過ぎてしまいます。塩分過多で高血圧にはなりたくないですからね。

アーモンドばかりで飽きてしまう、徳用サイズは食べすぎるのが怖いという方には、こちらのミックスナッツがオススメです。アーモンド、くるみ、カシューナッツという3つの人気のナッツが含まれており、しかも小分け包装されているので食べすぎる心配もありません。

タンパク質を摂取できる

シンプル食材の中でも豆腐や卵、納豆にはタンパク質が多く含まれています。タンパク質は人間の筋肉、臓器、肌、髪の毛を形成するとても重要な栄養素です。これが不足すると、体が疲れやすくなったり、皮膚がボロボロになったり、病気のリスクが高まったりします。健康を維持したいなら、日頃の食事でタンパク質をたくさん取るようにするべきです。タンパク質が多く含まれている食品に関しては、「筋トレにオススメの高たんぱく質な食品を紹介!」を参考にしてください。

肌がツヤツヤになる

これは女性向けのメリットですが、タンパク質の多い食品をたくさん食べることで、肌がスベスベのツヤツヤになります。私も以前親と食事に行ったのですが、その時に妹よりも肌がキレイだと言われました。肌のお手入れなんて全くしていないにも関わらずです。肌がキレイだと実年齢よりもかなり若く見えます。若作りするなら化粧品や美容整形にお金をかけるよりも、タンパク質をたくさん摂取する方が安上がりです。男性の場合はセットでヒゲ脱毛をすれば、実年齢よりも5歳から10歳くらい若く見せられるのではないでしょうか。私も早くお金を貯めて、ヒゲ脱毛したいですね。

生活習慣病にならない

生活習慣病とは、糖尿病や高血圧など生活習慣が原因となって発症する病気のことです。この場合の生活習慣は、食生活や運動の有無、喫煙や飲酒などをさします。シンプルな素材食材を食べ続けることで、摂取する脂肪や塩分の量が激減し、生活習慣病のリスクを大幅に減らすことができます。病気にならなければ、医療費を節約できますし、働ける時間も増えて、収入も増大します。

お金持ちの多くが贅沢せずに健康を維持するのは、その方がメリットが多いからです。お金持ちの考え方や行動基準が知りたいなら、「となりの億万長者」という本が参考になります。この本はありきたりな自己啓発書とは異なり、実際に億万長者にインタビューをしたデータをもとに意見を論じています。

外食が美味しく感じる

シンプルな食材を食べ続けると、味覚が繊細になり、本当に美味しいものを見つけやすくなります。調味料をたくさん使って味をごまかした料理は美味しいと感じなくなり、代わりに素材の味や食感などにこだわった本当に美味しいものを美味しいと感じられるようになります。

味の細かな違いがわかるようになると、外食の楽しみも増えます。ただお腹を満たすための手段だった外食が、味や食感を楽しむ娯楽へと昇華するのです。

味の違いがわかると外食は本当に楽しいです。例えばハンバーガーでもチェーン店ごとに味や食感、ソースなどが異なります。食べ物のジャンルごとに食べ歩きをするのも、趣味としては悪くないですし、こうした趣味を持つと人生の奥行きが増した感じがします。

外食の頻度が減る

質素な食生活で味覚が繊細になると、外食の味に飽きやすくなります。これは繊細になった味覚が味を覚えやすくなったためです。そうでなくとも味の濃い食べ物は刺激が強く、飽きやすい傾向にあります。そのため味覚が繊細な人は同じ飲食店で同じメニューを食べ続けることはありません。一通りのメニューを食べたら、しばらくはその店に行かなくなります。

外食に飽きやすくなるのは悪いことのように思われますが、私はそうは思いません。少ない回数の外食で満足できることで、味の濃い食事に依存しなくなりますし、頻度が減ることで食費を減らすことができます。

まとめ

シンプル食材を食べることで得られるメリットはとても多く、その効果は計り知れません。もしこの記事を読んでいるあなたがもし低収入に困っていて、自分の体型に不満を抱えているなら、即座に実行するべきです。食費の大幅な圧縮は家計を楽にしてくれますし、ダイエットに成功してスタイルを良くすれば異性にモテやすくなります。

具体的にどのようなシンプル食材を食べるべきかについては、「ダイエット・節約にオススメの食品まとめ」という記事を参考にしてください。ついでに異性にモテるテクニックを身に付けたいなら、「男性がモテるために具体的にやるべきこと」もセットで読みましょう。

おすすめ記事

世の中には生活を豊かにしてくれる便利なものがたくさんあります。下記の記事ではそうしたおすすめ商品を紹介しているので、よかったら覗いてみてください。

【2017】 amazonで買うと一人暮らしが捗るもの・便利グッズまとめ

食事

一人暮らしを始めると、飲み物も自分の好きなものをいくらでも買うことができます。スーパーやコンビニに行けば、ジュースにコーラ、その他清涼飲料水など、カロリーの多い飲み物がたくさん並んでいます。しかし砂糖を多く含んだ清涼飲料は依存性が高く、飲みすぎると肥満の原因にもなります。もし一人暮らしをしているなら、メインの飲み物は水道水にしましょう。今回はそのメリットを説明します。

水道水は無料!

まず日本では水道水をほぼ無料で飲むことができます。日本の上水道の水質基準は世界でもっとも厳しいためです。水道水を生で飲むことができるのは日本くらいなので、その利点を最大限に活かしたいですね。

私たちは毎日1リットルくらいの水分をとります。市販の水を1リットル100円で買っていると、毎月3000円の出費を強いられます。1年なら36000円です。これを水道水に切り替えるだけで、毎年3万円節約できるのです。お金を稼ぐのが難しい今の日本で年間3万円の節約は大きいです。

もしカルキ臭や不純物などの不安があるのなら、アマゾンで安価な水道水フィルターや浄水器を購入しましょう。蛇口に取り付けるタイプもポット型も3000円あれば買えるでしょう。

ゴミ捨ての手間がなくなる!

市販の水を買っていると、次第に空のペッドボトルが部屋を占領します。ペットボトルは折りたたみにくく、ゴミ袋にまとめると結構な量になります。狭い部屋に大量のペットボトルを保管しておくのは、うっとうしいです。一方、水道水を飲むようにすれば、空のペットボトルのゴミも発生しません。ゴミの保管やゴミ捨ての手間もなくなり、生活が便利になります。

買い物の手間がかからない!

また市販の水やジュースはかなり重たく、買い物の負担になります。ケースごと買っても夏の暑い日はすぐに飲みつくしてしまいます。飲み物は買いに行くのは大変ですが、消費するのはあっという間です。特に夏場に重たい飲み物を持ってかえるのは重労働です。

一方、水道水ならわざわざスーパーに行って買う必要はありません。蛇口をひねれば好きなだけ飲むことができます。夏場は生ぬるい水になりますが、それなら容器を買って冷蔵庫で冷やせばいいだけのことです。買いに走るよりもよっぽど楽です。

食欲を緩和できる!

家で作業しているときは水道水をタンブラーに入れて手元に置いておきましょう。小腹が空いたときや、口さみしい時に水を飲めば、食欲を抑えることもできます。私たちが無意識にお菓子を食べすぎるのは、それが手元にあるからです。お菓子を買わず手元に水を置いておけば、買いに行くのが面倒なので水で済ませるでしょう。遠くのお菓子より近くの飲み水です。

特にダイエットでは食欲を我慢するよりも、代わりのもので満たす方が効果的です。我慢するとストレスが溜まって、食べる量が増える恐れがあるからです。摂取カロリーを減らすなら、自分の食欲をうまくコントロールできるようになりましょう。

甘い飲み物を飲まなくなる!

水道水を習慣的に飲むことで、舌もそれに慣れてしまいました。以前は好んで飲んでいたジュースも甘すぎると感じるようになり、昔ほど飲まなくなりました。もう甘い飲み物は半年ほど買っていないですね。

このことは他の食材の時にも話しましたが、薄味のものを食べ続けると、味覚が鋭くなるようです。

もうこれからもジュースを飲むことはあまりないでしょう。甘い飲み物を飲まなくなる習慣を若いうちに身につけられて本当に良かったです。これで糖尿病になる確率も限りなくゼロに近くなります。

外出時は水筒に入れて!

外出するときは、必ず水道水を水筒に入れて携帯するようにしましょう。コンビニでホットスナックを買った時などに、ついでに飲み物を買わずにすみます。飲み物を買わない習慣を身につければ、年間のトータルでかなりの金額を節約できます。

まとめ

以上が普段の飲み物を水道水に切り替えるメリットです。当たり前のことも含まれていますが、飲み物を買っているとそうしたメリットも忘れてしまいがちです。水道水をたくさん飲んで、出費も体つきもダイエットしましょう。

水筒を買うなら下記のサーモスの水筒がオススメです。夏場に氷を入れても、冷たさをキープしてくれますし、蓋も半回転で開けられるので、使い勝手が抜群です! 

夏場に水道水を入れるポットならこちらがオススメです。大容量でたくさん水が入りますし、取っ手があるので注ぎやすいです。

食事

今まで一人暮らしの間食として、ゆで卵・男前豆腐・バナナを紹介してきました。どれも優秀な食材で、ダイエットと節約に大きな貢献をするでしょう。それでも同じものばかり食べ続けていると飽きてしまいますし、結果として味の濃いものに走ってしまっては本末転倒です。今回は追加でオススメの間食を紹介します。私は次の間食として無糖ヨーグルトをオススメします。今回はその理由について説明します。

無糖ヨーグルトは安い!

無糖ヨーグルトの大きな利点はその安さで、スーパーに行けば安い無糖ヨーグルトが400グラム100円くらいで並んでいます。味で定評のある明治ブルガリアヨーグルトでもせいぜい150円くらいです。

100円で100グラム以下のお菓子と比べると、そのコスパは圧倒的です。もしお金に困っているなら、おやつを無糖ヨーグルトに切り替えましょう。どんどんお金が貯まります。

無糖ヨーグルトはカロリーが低い!

また無糖ヨーグルトはカロリーも低く、100グラムあたりでたったの60kcal前後です。400グラムを1パック食べても摂取カロリーはせいぜい200か300kcal程度です。400グラムは間食としては十分すぎる量で、それだけ食べたら他のお菓子は食べたくなくなるでしょう。

私たちが何か美味しいものを食べたいと思うのは、単にお腹が減っているからです。ヨーグルトを大量に食べてお腹を満たしておけば、余計なカロリーを摂取せずにすみます。ダイエットの基本は我慢でなく、カロリーの低いものを多く食べることだと心得ておきましょう。

砂糖による依存性がない!

甘いものには多少の依存性があります。まとめ買いしたお菓子を1つだけのつもりが、何個も食べてしまうという経験をした人もいるはずです。私もその経験があるので、お菓子やアイスをまとめ買いしないようにしました。豆腐やゆで卵は食べすぎることがないのに、なぜかお菓子は食べ過ぎてしまうのです。糖分を含んだ食品にはできるだけ注意しましょう。

その点、無糖ヨーグルトは糖分を含んでいないので、依存の心配もありません。400グラムを1パック食べれば、お腹は満たされますし、それ以上ヨーグルトを食べたいと思わなくなるはずです。おやつをまとめ買いするくらいなら、ヨーグルトをまとめ買いしたほうがいいです。

ヨーグルトもタンパク質を含む!

ヨーグルトはタンパク質を含んでいるので、筋トレする人も好んで食べています。100グラムあたり3グラムのタンパク質が含まれており、400グラム食べれば12グラム摂取できます。 成人男性が1日で摂取するべきタンパク質の量は50グラムなので、ヨーグルト1パックでその2割を補うことができます。

タンパク質は肌や臓器、筋肉を形成する重要な栄養素なので、積極的に摂取していきたいですね。さらにヨーグルトに含まれるタンパク質は動物性タンパク質なので、アミノ酸スコアが良好です。筋トレをしている人なら、ヨーグルトを定期的に食べましょう。 

ヨーグルトには整腸作用がある!

ヨーグルトには整腸作用があるので、下痢を改善してくれます。ただし冷たいヨーグルトを食べすぎるとお腹を壊してしまうので、少し温めてから食べましょう。

まとめ

ヨーグルトは卵や納豆と同じくらい優れた食品です。たくさん食べることで、1日の摂取カロリーを減らすことができ、間食をしないぶん食費も削ることができます。

食事

一人暮らしをしていると、ついつい誘惑に駆られてスナック菓子や甘いものを買い込んでしまいます。しかしこうした食品には何かしらの依存性があり、一度にたくさん食べてしまいがちです。すると摂取カロリーが大幅に増えて、肥満体型になってしまいます。そうなる前にカロリーの少ない間食に切り替えるべきです。私は一人暮らしの間食にバナナをオススメします。今回はその理由について説明します。

バナナは安い!

バナナの最大の魅力はその安さで、一房100円前後で買うことができます。平均サイズのバナナの可食部が80グラム、それが5本あるとして、100円で400グラム食べられる計算になります。

スナック菓子の場合、100円で80グラムしか食べられないです。バナナはスナック菓子の5倍コスパが高いのです。

バナナはカロリーが低い!

バナナは意外とカロリーが低く、100グラムあたりで80kcalくらいです。ケーキやスナック菓子だと100グラムで500kcalはあります。超高カロリーですね。 

バナナは腹持ちもいいので、朝ごはんを食べる時間のない人でもバナナだけ食べておけばお昼までなんとか凌げます。一時期朝バナナダイエットが流行し、スーパーでバナナが品切れになったこともあります。バナナはカロリーが低く、ダイエットに最適ですからね。

ただし食事をバナナだけにするのは絶対にやめましょう。バナナはタンパク質が少ないですし、栄養が偏ってしまうからです。

バナナはすぐに食べられる!

バナナのもう一つの大きなメリットは、すぐに食べられることです。りんごの場合だと、包丁を用意して皮を剥かないといけませんが、バナナなら手で皮を剥けます。食べるのに調理器具が要らないので、いつでも気軽に食べられます。

人間は楽な方向に流れてしまう生き物です。誰だってめんどくさいことは避けたいものです。だからこそ、いつでも好きな時に労力をかけずに食べられるものが売れるのです。

しかしそうしたものは人件費や加工費が入っているので、シンプルな食材と比べると割高です。安くて楽に食べられるバナナは節約の強い味方になるでしょう。

バナナは食べ方のレパートリーが多い!

バナナは味が甘いので、たくさん食べるとすぐに飽きてしまいます。バナナの食べ方のレパートリーを増やすようにしましょう。

一番オーソドックスなのは、輪切りにしたバナナを無糖のヨーグルトに入れることです。ヨーグルトの酸味とバナナの甘みがうまく絡み合い、美味しいデザートに仕上がります。

他にもバナナを凍らせたり、スムージーにしたり、輪切りにして焼いたり、干したり、揚げたりといろんな調理の仕方があります。

バナナは腐りやすい

バナナのデメリットは足が速いことです。賞味期限が夏場だと2、3日と非常に短いです。その間に食べきらないといけないので、まとめ買いもしにくいです。

バナナの保存方法

バナナは意外とデリケートで保存の難しい果物です。基本的には常温保存が適していますが、夏場は腐りやすいので冷蔵庫に入れましょう。またバナナは接地している部分から傷みますが、バナナハンガーを使えばそれを防げます。バナナハンガーはバナナだけでなく、ヘッドフォンを掛けるのにも使えます。

バナナの黒い斑点

 

f:id:mure07:20170825092341j:plain

買ったバナナをしばらく放置すると、皮に黒い斑点が生じます。これはシュガースポットと呼ばれ、バナナが甘く成熟した状態を表すものです。

シュガースポットの生じたバナナは免疫を高める効果もあるので、食べるタイミングには気をつけたいですね。

バナナは携帯しにくい

バナナのもう一つのデメリットは柔らかくて携帯しにくいことです。カバンの中に入れると、物が当たって変形してしまうことがあります。これでは外出先でバナナを食べることができません。そこで役に立つのが、このバナナケースです。これに入れておけば、バナナが潰れる心配もありません。

まとめ

バナナは安さとカロリーの低さ、食べやすさに優れた食品です。仕事帰りや買い物ついでに2房ほど買っておけば、小腹が空いた時にそれでお腹を満たせます。足が速いのが難点ですが、保存方法に気をつければなんとかなるでしょう。日頃の食生活にバナナを取り入れて、ダイエットと節約に努めたいですね。

食事

一人暮らしで家にいると、ついつい間食を食べ過ぎてしまいます。小腹が空いてコンビニでホットスナックを買ったり、まとめ買いしたお菓子を食べたりしてしまいます。しかしそんな生活を続けていると、体重がどんどん増えて、メタボ路線まっしぐらです。特に一人暮らしでは他の家族がストップをかけることもないので、自分で食べるものをコントロールしないといけません。今回は一人暮らしの間食として男前豆腐を勧めたいと思います。今からその理由を述べていきます。

豆腐は安い!

豆腐の最大の魅力はその安さです。私も3パックの男前豆腐をまとめ買いしていますが、それでも1つ100円前後です。1パック90グラム、3パックなら270グラム、100円出して300グラム弱食べられるなら、コストパフォーマンスは良好です。

400グラムの豆腐ならもっとお得ですが、間食として食べるため、使い勝手を重視しています。麻婆豆腐などの本格的な料理で使うならともかく、おやつとしてなら1パック100グラムくらいのものが適正でしょう。 

100円で300グラムも食べられるのは本当にお得です。スーパーのお惣菜でも100グラム100円以内で収まるものは少ないです。それに最近ではスーパーもなかなか値引きをしてくれないので、豆腐を上回るお惣菜を探すことは難しいでしょう。

ましてや他のスナック菓子なら100円出しても100グラムも食べられないでしょう。最近は原料費の高騰でスナック菓子の値段も上がっています。もしおやつにスナック類を食べているなら、早いうちに豆腐に切り替えましょう。毎日食べる食費を削ることは、節約の効果としてはとても大きいです。

男前豆腐はうまい!

豆腐をそのまま食べるなら、男前豆腐がオススメです。むしろそれ以外の豆腐は味が薬品っぽくて、生食に向いていません。男前豆腐は他の豆腐よりも値段が少し高いですが、味が濃厚で、後味がすっきりとしています。

スーパーやドラッグストアに1種類くらいは並んでいるはずなので、試しに1つ買ってみましょう。味の深さに感動を覚えるはずです。というわけで、生食なら男前豆腐一択です!

豆腐はタンパク質が豊富!

納豆ほどではありませんが、豆腐にもタンパク質が含まれています。100グラムあたりで6グラムくらいですね。男前豆腐を3パック食べることで、15グラムくらいのタンパク質が摂取できます。

成人男性の一日で摂取するべきタンパク質の量は50グラムなので、豆腐3パックで3分の1を補えます。

豆腐はカロリーが低い!

豆腐はカロリーがとても低いので、ダイエット食品としても有名です。豆腐100グラムに含まれるカロリーは60kcalくらいです。大まかな指標としては100グラム100kcal以下なら、カロリーは低い方です。

スナック菓子やケーキだと100グラムで500kcal以上ありますからね。間食を豆腐に置き換えるだけで、摂取カロリーを大幅に減らすことができます。

豆腐のタンパク質は植物性タンパク質!

タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類があります。動物性タンパク質は必須アミノ酸がバランスよく含まれており、筋肉の増強に役立つというメリットがあります。しかし飽和脂肪酸が多く、摂取しすぎると肥満や動脈硬化のリスクが高まります。

植物性タンパク質はアミノ酸バランスは良くないですが、油脂が少なく、肥満のリスクを軽減することができます。動物性タンパク質も植物性タンパク質も一長一短なので、両方をバランスよく食べるように心がけたいです。

まとめ

豆腐はカロリーが少なく、タンパク質も豊富で、コスパも良好な、優れた食材です。特に男前豆腐は味にもこだわっており、とっても美味しいです。こんなに美味しい豆腐なら一生食べ続けることができそうです。 

また、豆腐はダイエット食品としても優れています。色々と誤解がありますが、ダイエットとは苦行ではなく、ライフスタイルです。無理なく続けられる食生活を続けることで、ようやくダイエットは成功するのです。

体重を手っ取り早く減らしたい方は、間食を男前豆腐に置き換えてみましょう。1ヶ月もすればその成果が現れるはずです。  

食事

一人暮らしを始めると本当に自炊が面倒です。一時期はスーパーのお惣菜や冷凍食品をメインにしていましたが、割高で栄養価も悪いのでやめました。今の私が主食にしているのは納豆ご飯です。今回は一人暮らしで納豆を食べることのメリットを論じます。

納豆は安い!

納豆の最大のメリットはその安さです。高いものでも3パック1セットが100円以下で売られています。コスモスなどのドラッグストアは、プライベートブランドの納豆を50円くらいで販売しています。

納豆3パックとご飯1合で通常の成人男性ならそれなりにお腹が膨れます。足りないようなら、男前豆腐やゆで卵、バナナで補うといいでしょう。ご飯1合食べられるだけのお惣菜を買うとなると、100円以内では収まりません。少なくとも300円は出費を強いられます。たった200円の差ですが、毎日食事を続けるとそれも大きくなります。1日3食で600円、1ヶ月で18000円、1年で20万円、40年で860万円です。

食事は毎日何度も行うので、少し高いものを食べただけでも、長い目で見るとその差も大きくなります。お金を使わない習慣を身に付けたいなら、まずは食費を削ることです。納豆を食生活に取り入れることは、節約に大きく貢献します。

納豆はタンパク質が多い!

タンパク質は人の体を構成する三大栄養素の一つで、皮膚・髪の毛・爪・筋肉などを形成します。タンパク質が不足すると、肌や髪が荒れ、筋肉量も減少して太りやすくなってしまいます。健康な体を維持するなら、タンパク質は必須です。

納豆1パック50グラムには8グラムのタンパク質が含まれています。タンパク質の一日あたりの必要摂取量は成人男性で50グラム、成人女性で40グラムです。納豆を3パック食べることで、成人男性なら必要なタンパク質の50%を摂取できます。

ということは2回の食事で納豆を6パック食べれば、必要なタンパク質を全て満たすことができます。一日200円以内でタンパク質を十分に摂取できるなんて、納豆は本当にスゴイ食品ですね。

納豆は調理が不要!

納豆にはまだ優れた点があります。それは調理する必要がないことです。納豆はパックを開けて、タレをかけてかき混ぜれば、すぐに食べられる状態になります。フライパンも包丁もまな板もいりません。一人暮らしで自炊が面倒な人にとってこれほどありがたいことはないでしょう。仕事から帰ってくると体がクタクタで料理をする気が起きません。納豆なら事前にご飯を炊いておけば、いつでも食事を始められます。

納豆の味は飽きにくい!

私はほぼ毎日納豆を6パック食べています。親にそのことを話すと、毎日同じものを食べて飽きないのかと聞かれますが、全く飽きません。むしろチャーハンやアイスなど味の濃いもの・甘いものの方が飽きやすいです。なぜ薄味の食品は飽きにくいのでしょうか?

それに関しては「スナック菓子、なぜやめられない 「寸止めの味」とは」という記事を参考にしてください。本来味の濃いものは飽きやすいので、スナック菓子メーカーは消費者が飽きないようにわざと味を薄くしているようです。薄味のスナック菓子には用心しましょう。

納豆に飽きてしまった場合は

納豆に飽きにくいのは私の味覚が原因かもしれません。毎日納豆を食べたいけど同じ味だと飽きてしまう。そんな方は納豆にトッピングを加えることをオススメします。「人気!納豆トッピングのおすすめ調査」という記事によると、ネギや生卵、キムチや海苔などが人気だそうです。他にもとろろや梅干し、明太子塩辛などを入れることもあります。どれも美味しそうですね。

生卵をトッピングにするときは、黄身取り器を使いましょう。濃厚な黄身の部分だけを味わえます。トッピングの海苔は刻み海苔がいいですが、量が少なくてコスパが悪いです。その場合は刻み海苔ばさみで普通の味付け海苔を切り刻みましょう。安い値段でたくさん食べれてお得です。

納豆の空パックは必ず洗おう

納豆は栄養価が高く、優れた食品ですが、一つだけ欠点があります。あのネバネバを放置するとコバエが湧くことです。私も夏の時期にパックを洗わずに捨ててしまって、コバエが大量発生したことがあります。めんつゆトラップのおかげでなんとか被害の拡大は防げましたが、これからは納豆のパックは絶対に洗ってから捨てようと心に誓いました。

それにしてもめんつゆトラップはよく効きます。市販のコバエトラップは一匹も捕まえられなかったのに、めんつゆの方は20匹も捕まえてくれました。参考にしたサイトを貼っておきます。

まとめ

納豆は安くて、おいしくて、調理の不要な、非常に優れた食品です。特に価格が安いのがありがたいですね。最近はサラリーマンの給料も伸び悩んでいますし、お金のない若者には救世主となり得る存在です。また現代の食生活で不足しがちなタンパク質を大量に摂取できるのも助かります。これからも納豆を積極的に食べて、病気にない健康な体を維持したいものです。 

 

食事

これは当時はてなブログを使い始めて時の投稿です。色々と矛盾がありますが、察してください。

初めまして。むれです。今日からはてなブログで雑記ブログを始めることにしました。読者の皆様よろしくお願いします。以前はwordpressで雑記ブログを書いていましたが、色々と訳があってはてなブログに乗り換えることにしました。記念すべき最初の記事は、なぜ私がwordpressからはてなブログに移ったのかに関してです。その理由について、順を追って説明します。

はてなブログの方がPVが高い

私はお金を稼ぐためにブログを書いていますが、その収益はPVと深く関係しています。PVが高ければ高いほど、ブログの収益は上がります。だからこそ稼ぐことに熱心なブロガーさんは、あの手この手でPVを稼ごうとします。ある人は他人を煽るような記事を書いたり、またある人は多くの人の役に立つ記事を書くわけです。

はてなブログにははてなブックマークという機能があり、話題性のある記事ははてブを多く集め、より多くの読者を呼び込むことができます。そうでなくともブロガー同士のつながりによって、新しい記事が投稿されると、それを通知する機能もあるわけです。一言で言うと、はてなブログにはPVを増やすための手段が数多くあるわけです。

wordpressはPVを稼ぎにくい

一方wordpressはそうしたブロガー同士のつながり・コミュニティが一切ありません。周りから完全に隔絶された孤島でブログを書くことになります。Wordpressが読者を呼び込む主な方法はSEOです。Googleの検索結果で上位表示されるように、文章をたくさん書いたり、読みやすい文章にしたり、使いやすいデザインに改良したりします。 

ただそうした施策にも限界があります。どれだけサイトを磨こうとも、読者に認知されなければ見てもらえないからです。wordpressのブログはGoogleの検索エンジンに閉じ込められているのです。 どれだけ優れた記事を書いても、人々がそれに関連するワードを検索して、そこからクリックされない限り、その記事は読んでもらえないのです。

はてなブログは検索エンジンとブロガーコミュニティの両方を活用できますが、wordpressブログは基本的にSEOしか使えません。どちらのブログの方が読者を多く呼び込めるかは、言うまでもないことでしょう。 

はてなブログ vs wordpressブログ

また下記の記事では、wordpressとはてなブログでPVと収益にどれほどの差があるのかを比較しています。条件をできるだけ揃えてテストしているので、データとしてはかなり信用できます。結論から言うと、wordpressよりもはてなブログの方が数倍、数十倍もPVと収益を稼ぐことができるようです。

はてなブログならSEOと関係のない記事も書ける

wordpressブロガーにとってSEOは絶対です。それ以外でPVを稼げる方法が皆無ですからね。だからSEOで狙える記事を積極的に書くようにしています。逆に言えば、検索上位を狙える見込みのない記事は書かないようにしています。収益に結びつかないですからね。

ただそんな理由でいいアイデアを書かないことは、勿体無いと思うようにもなりました。そしてくだらない内容でもガンガン書いて、収益化に持ち込めるはてなブログが羨ましいと思いました。 

例えば少し前にピピピピピと名のブロガーさんが話題になりました。「自分がこんなにダメになったのは金持ちの家に生まれたからだ」みたいな趣旨の内容でしたが、読者の心を掴んだためか、かなりのPVとはてブを稼ぎました。

もしこの記事がwordpressで書かれたとしたら、誰の目にも留まることはなかったかもしれません。この記事をグーグルの検索エンジンで見つけることは困難です。普通に生活をしていれば、「年収2000万 地獄」のようなワードで検索をかける機会なんてないはずですから。

このようにSEOを完全無視した記事でも収益につなげられるのがはてなブログの最大の魅力だと私は考えています。はてなブログにすれば、SEOなんて考えずに思うがままに考えたことを文章にすることができます。これによりブロガーのブログを書く心理的なハードルが非常に低くなりました。

はてなブログはモチベーションを維持しやすい

もちろんお金以外の動機でブログを書いている人もいるでしょう。それはブロガー間のコミュニケーションです。はてなブログではブロガー同士の距離が近く、かなり気軽にコメントを残すことができるようです。

ブログを始めたばかりでアクセスが全く伸びないときに、近隣ブロガーさんのコメントがもらえると大きな励みになるでしょう。これがブログを維持する原動力になっているという声もよく耳にします。

wordpressは孤独…

私もwordpressブログをやっていて感じたのですが、ブログの執筆・運営作業は孤独です。誰とも話さず一人で黙々と成し遂げなくてはなりません。

そんなとき何かしらのコメントがもらえると、「ああ、こんなブログでも読んでいる人がちゃんといるのだな」と実感できます。そして読んでくれる人のためにも頑張ろうという気持ちになります。 

wordpressブログの場合はコメントはほとんどもらえません。砂漠の中でオアシスを探すようなものです。私の場合は2年くらいブログを運営してようやくコメントが数件もらえました。 

はてなブログを真面目に2年運営していれば、おそらく数十、数百のコメントがもらえるはずです。そう考えると、はてなブログはモチベーションの維持がかなり容易なんですね。

はてなブログは手軽に記事が書ける

はてなブログではSEOを気にせずブログを書けます。ということは、この食事が美味しい、もしくはこの漫画・アニメがおもしろい、みたいなライトな記事も気軽に書けるわけですね。

これがwordpressだと検索ワードを考えて、ライバルサイトの文字数・内容を把握して、それを上回る文章量を書いて、と結構書くハードルが高くなります。難しいことを考えずに、楽しんで書くことだけに専念できる。それもはてなブログの魅力です。

また、SEOを気にしなくていいということは、書く内容において文章量・正確性などを気にしなくていいということです。

私はブログを書く前にがっつり下調べをして、それが割りに合うかを調べていましたが、はてなブログではその必要も無くなります。少なくともSEOと無関係の分野では、スマホで手軽にツイッター感覚で書くこともできます。実際はてなブログの執筆アプリは使いやすいですからね。はてなブログはブログを書くためのハードルをどんどん低くしてくれています。

まとめ

以上のことから私ははてなブログに鞍替えすることにしました。今まで適当なコンテンツのブログでも10万PVを軽く稼いでいるのを見て歯がゆい思いをしていましたが、これからは私も彼らと対等な条件で戦うことができそうです。wordpress時代に培ったSEO技術や文章力がこのはてなブログでどこまで通用するのか楽しみでもあります。

食事

 一人暮らしをしていると、どうしても自炊が面倒になり、お手軽なお惣菜やコンビニ食品ばかりを食べるようになります。すると栄養が偏ってしまい、病気になるリスクも増えてしまいます。体を健康に保つためには、バランスのとれた優れた食生活が必要不可欠です。

その健康な食生活を維持するための食品として、私はゆで卵をオススメします。なぜゆで卵がオススメなのか?今回はその理由を説明します。

卵は安い!

ゆで卵は卵から作る料理ですが、その卵のコストパフォーマンスは極めて高いです。LLサイズの卵の可食部は1個あたり60グラムです。卵1パックには大抵10個の卵が入っており、その値段も高くて200円です。つまり600グラムで200円、100円で300グラム食べられる計算になります。

お惣菜の多くは100円で100グラム以下しか食べられません。そう考えると、卵の費用対効果はお惣菜の3倍以上です。スーパーでお惣菜を買ったり、コンビニでホットスナックを食べるよりも、家でゆで卵を作った方がはるかに安上がりということです。まあ、加工食品は人件費が価格に転嫁されているので、当然といえば当然なんですけどね。

卵はタンパク質が多い!

人間の体は炭水化物・タンパク質・脂質の三大栄養素を常に必要としています。特にタンパク質は人体の筋肉、臓器、皮膚などを作っており、不足すると体がボロボロになります。だからこそ、健康な体を維持するためには、タンパク質も摂取しなくてはならないのです。

成人男性が1日で摂取するべきタンパク質の量は50グラムです。LLサイズの卵には7グラムのタンパク質が含まれています。卵を4つ食べれば、1日に必要なタンパク質の半分をまかなうことができます。

卵には必須アミノ酸が豊富!

アミノ酸はタンパク質を構成する要素です。特に必須アミノ酸は体内で合成できず、食品から取り入れなくてはなりません。さらに必須アミノ酸は全種類をバランスよく摂取しないと有効活用されません。このことから必須アミノ酸は「桶」に例えられます。たとえ他のアミノ酸が豊富でも、一つのアミノ酸が不足していると、そこから水が流れ出してしまいます。

しかし卵にはこの9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれています。アミノ酸スコアも100で、これは全てのアミノ酸の必要量を満たしていることを意味します。また他の食べ物と一緒に食べることで、そのアミノ酸バランスを向上させることができます。

例えば白米だけだと必須アミノ酸のリジンとスレオニンが不足していますが、卵かけご飯として食べれば、卵が不足した2つのアミノ酸を補ってくれます。

卵は保存がきく!

タンパク質は肉や魚にも含まれていますが、これらは調理が面倒です。食事のたびにフライパンやグリルを用意しないといけませんし、その後片付けももっと面倒です。しかも肉と魚は腐りやすいので、できるだけ早く食べないといけません。足の早い食べ物は保存がきかないので、扱いにくいです。だからよほどマメな単身者でない限り、肉と魚はあんまり買わなくなります。

その一方で卵は中身が殻で覆われているため、保存に適しています。賞味期限は2週間とされていますが、これは安心して生で食べられる期限のことです。期限が多少過ぎても、加熱すれば問題なく食べられます。保存がきくということは、買いだめしても問題ないということです。卵を何パックもまとめ買いしておけば、しばらくはゆで卵が食べ放題ですし、腐らせる心配もありません。

ゆで卵は調理が楽!

一人暮らしの料理で最も重要な要素は、手軽さです。いくらコストパフォーマンスが優れていようとも、調理の手間が大きいと長続きしません。よく一人暮らしの料理で残り物の食材をうまく活用した、大層な料理が掲載されますが、あれを毎日続けられるのでしょうか?

料理は、食材を美味しく効率的に体内に取り入れる手段です。料理に手間をかけすぎると、他の家事や仕事がおろそかになってしまいます。一人暮らしならどれも自分一人でしないといけないので、なおさら調理の手間は少ない方がいいでしょう。

ゆで卵は卵料理の中でもトップクラスの調理の簡単さを誇ります。沸騰したお湯に卵を入れるだけです。お湯を沸騰させるのが面倒なら、最近は専用の調理キットがあるので、それを使えばいいでしょう。水を入れて卵をセットして、レンジで10分チンするだけで、美味しいゆで卵が完成します。私も小腹が空いた時には、それを使ってゆで卵を作っています。コンビニに行ってカロリーの高い食品を買うよりもよっぽど健全です。

ゆで卵で薄味に慣れよう!

ゆで卵のような薄味の食品ばかり食べていると、味覚もそれに順応します。味覚が敏感になり、甘いものや味の濃いものを美味しいとは感じなくなります。以前は好んで食べていたラーメンもほとんど食べなくなり、甘いものも1日1個だけ買うようになりました。アイスも甘過ぎてほとんど買わなくなりました。

私はこうした傾向を非常に好ましいことだと考えています。昔は目の前においしそうな食品があれば、我慢できずに買ってしまいましたが、今ではもう食べたいと思わなくなりました。我慢は体に悪いですし、ストレスの原因にもなります。我慢をせずに健康な食生活を維持できるのは本当にありがたいことです。

味付けは味の素と塩で!

ゆで卵の味付けはシンプルなものが一番です。ケチャップやマヨネーズなども試しましたが、一番しっくりくるのは塩です。ただ塩だけだとしょっぱいので、私は味の素を足してマイルドな味付けにしています。 

まとめ

ゆで卵は非常にメリットの多い食品です。安くて、保存がきいて、調理が簡単で、タンパク質も豊富です。こんな素晴らしい食材が安価で手に入るなんて、日本もまだまだ捨てたものではないなと思っています。前述のゆで卵調理器具はアマゾンで購入できます。これを買って健康的なゆで卵ライフを始めてみませんか?

おすすめ記事

世の中には生活を豊かにしてくれる便利なものがたくさんあります。下記の記事ではそうしたおすすめ商品を紹介しているので、よかったら覗いてみてください。

【2017】 amazonで買うと一人暮らしが捗るもの・便利グッズまとめ

食事

一人暮らしをしているなら必ず定期的に体重計に乗りましょう。食生活の変化で意外と体重が増えているかもしれません。今回はカロリー計算の重要性を痛感した体験談です。

知らない間に太ってた

一人暮らしでも健康的な食生活を送ってきたおかげで、体重を70kgにまで減らすことができました。その後もこまめに体重を測りましたが特に変化も見られず、70kgが自分の適正体重なのだなと考えました。

ところがしばらく時間をおいてから体重計に乗ると、体重が74kgに増えていました!これは一大事です!なぜ太ったのか考えようにも太る要因が思いつかないのです。お菓子類は一日一個しか買わないようにしていますし、運動不足にならないよう毎日30分くらい散歩をしています。筋トレだって週に二回のペースでこなしています。本当に太る要因が思い当たらないのです。

カロリー計算してみよう!

そこで私の食生活をカロリー計算することに決めました。太る原因は必ずといっていいほどカロリーの過剰摂取にあります。普段健康だと思って食べているものが、実は高カロリーだったということも考えられるからです。

普段の食生活はご飯2合、納豆6パック、パスタ2束ですね。これに間食として男前豆腐2パック、ゆで卵2個が追加されます。カロリーごとに見てみましょう。

  • ご飯2合 1060kcal
  • 納豆6パック 480kcal
  • パスタ2束(ソース込み) 880kcal
  • 男前豆腐2パック 160kcal
  • ゆで卵2個 180kcal
  • 合計 2780kcal

私の一日の平均摂取カロリーはだいたい2800kcalです。これが過剰か不足かは毎日の摂取カロリーによって変わります。デスクワークの人なら過剰摂取かもしてませんし、肉体労働者ならカロリーが足りていないかもしれません。

一日の消費カロリーは?

私は20代半ばの男性で、その基礎代謝量は1776kcalと算出されました。次にこの数値に生活活動強度を掛け算します。私はデスクワークがメインなので、強度は1.3と低めです。1776kcalに1.3をかけた2309kcalが私の一日の消費カロリーです。端数を切り捨てて2300kcalとすると、平均摂取カロリーの方が500kcalほど上回っています。つまり毎日500kcalを余分に摂取しているということです!

この生活を一ヶ月続けると15,000kcalものエネルギーが体内にたまってしまいます。カロリーを7000kcal過剰に摂取すると脂肪が1キロ増えます。このことを考えると、一ヶ月で体重が2キロ以上増えたこととも辻褄が合います。つまり私はカロリーの過剰摂取により太ったということです。そしてこれからするべきことは摂取カロリーを減らすことです。

太った原因はパスタ!

ではどの食品が過剰摂取の原因だったのでしょうか?それはもちろんパスタです。パスタは量の割に意外とカロリーの高い食品です。100gあたり360kcalくらいだと知った時には、驚きました。茹でればグラム数が2倍になること、ソースもカロリー計算に加えることを考えても、100gあたり220kcalを摂取することになります。

それ以外の食品はセーフ

それに比べると納豆ご飯はヘルシーです。ご飯2合で1060kcal、納豆6パックで480kcal、合わせて1540kcalです。これだけ見ると大したカロリーに思えますが、全体の質量が900gなので、100gあたり170kcalに抑えられます。ただご飯はお腹が膨れますが、カロリーはそれなりに高いですね。できることなら代わりとなる食材を探したいです。

中でもカロリーの低い食品だったのが、男前豆腐です。100g換算のカロリーは90kcalくらいです。安くて美味しいという理由で買っていた男前豆腐ですが、こんなにもヘルシーな食品だったとは思いもしませんでした。これからはもっと買いだめして、積極的に食べて行こうかと思います。

まとめ

安くてシンプルな食材はヘルシーだという考えが仇となりました。まさかパスタがこんなにも高カロリーだったなんて。実際に計算しないとわからないこともあるものですね。一人暮らしだと、どうしても食品の値段を気にしてしまい、カロリーを軽視してしまいます。体重が増えてきたら、普段食べているもののカロリーを調べてみるべきでしょう。いろんな発見ができますよ。

おすすめ記事

世の中には生活を豊かにしてくれる便利なものがたくさんあります。下記の記事ではそうしたおすすめ商品を紹介しているので、よかったら覗いてみてください。

【2017】 amazonで買うと一人暮らしが捗るもの・便利グッズまとめ