子供の教育に必要なこと


以前読んだ古典の記述にこんな感じのことが書いてありました。「子供には何を教育すれば良いのか?」それに対する返答は簡潔なものでした。曰く、「大人になってからすることだけで良い」と

お金があれば生きていける

では大人が常にしていることは何でしょうか。それは仕事です。働いてお金を稼ぐのです。極端な話、人はお金さえあれば生きていけます。逆にお金がなければ、住むところに困り、飢えに苦しみ、最低限文化的な生活を送ることさえできません。

お金の教育が足りない

そして現代教育にはお金に関する教育が欠けているのです。これこそ生きる上で最も重要な事なのにです。人が生きる上で学問や教養、その他のくだらない知識は必要ありません。働かなくても十分なお金さえあれば生存は可能です。

不安定な社会になっていくからこそ、これからの子供には自力でお金を稼ぐ能力が必要なはずです。英語力や人間力、コミュ力もうまく生きるのには必要かもしれませんが、大前提としてお金がなくては話にならないのです。

方法論だけでは実行に移せない

しかしお金を稼ぐ方法は数多くあり、ネットで調べても方法論ばかりが書かれていて、具体的な手法や収益額は詳しく載っていないのが現状です。

情報リテラシーも必要

またお金稼ぎの情報は詐欺に利用されやすいので、信用できる情報を得る手段も確保しておく必要があります。(グーグルの検索エンジンが発達し、詐欺サイトは上位に表示されにくくなりました。)

学校で得る知識は役に立たない

子供の頃から疑問に思っていました。学校で習ったことがらが社会に出てから役に立つのかと、実際のところほとんど役に立ちませんでした。

本当に必要な知識は独学で

電子書籍やブログの作り方も、役所関連の手続きも全てネットを通じて学びました。本当に必要な知識は自分で手に入れなくてはならなかったのです。

しかし今の時代も一概に悪いとは言い切れません。ネットが普及し、検索アルゴリズムが発達したので、良質な情報が瞬時に手に入るようになりました。

またブログで有益な情報を発信して広告収入を得たり、オークションや通販で商品を売ったりする事もできるようにもなりました。

これから先行きの暗い日本経済ですが、ネットを活用すればなんとか生きていけるはずです。

とりあえず参考になるサイトを

話が少し脱線しましたが、まず第一に必要なのはお金です。お金がなくてはネットも満足に使えません。ググれば簡単に見つかるとは思いますが、お金稼ぎで参考になったサイトをあげておきます。

ネットでお金を稼ぐ方法大百科


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です