日本のIT業界の問題点まとめ


今回は日本のIT業界の問題点について簡単にまとめてみました。

PDFファイルの文章が出典です。記述量が多いので読みやすいように簡単にまとめます。

我が国産業の強さを活かすIT投資の在り方

プログラムのメリット

プログラムの利点の一つは、一度作ってしまえば、使い回しができることです。例えば携帯電話用のプログラムを作成すれば、他の機種にも使えます。

コードの記述に膨大な人件費がかかりますが、2台目以降の携帯電話からは最初のプログラムを使い回すことができます。また開発したソフトウェアを他の会社に販売して、開発費を回収できます。

もう一つはネットに公開すれば外部から有益な意見を取り入られることです。これをポジティブフィードバックと言います。こうした意見が積み重なることでソフトウェアはより素晴らしいものへと進化します。

囲い込みはよくない

しかし開発したソフトウェアをオープンせずにいると進化は止まってしまいます。日本のソフトウェア会社の多くは自社製品を囲い込んでいるため認知度・利用度が低くなり、有益な情報を受けることもできないので、ソフトウェアを進化させることもできません。

オーダーメイドは手間がかかる

また日本で開発されるプログラムのほとんどはオーダーメードなのでプログラムの使い回しができません。結果として、膨大な人件費が必要になってしまいます。

扱う商品や処理方法などは企業によって異なるので、多少のカスタマイズは必要かもしれませんが、細かいレイアウトなどは妥協しないと、プログラムを一から作ることになり、非常に多くの労働力が必要になります。

この問題がIT業界の多重下請け構造へとつながります。必要な労働力が多すぎて外注しないとやっていけないのです。詳しくはこちらを参照してください。

IT業界の『多重下請け構造』は社会悪になりつつある

日本のIT企業は非効率

IT企業では一度作ったものを複製することで生産性と合理性を高めるので、日本のIT企業が低収益である理由の一つはこの受注開発にあると言っても良いでしょう。実際日本のIT企業の収益率の平均は米国の半分です。

まずはオープンソースから

まずは日本のIT企業が自社製品をオープンソース化しないと話になりません。例えば最近ではスマホゲームの開発競争が激化していますが、出来の良いコードをオープンソースすることで開発の負担が軽減されるのではないでしょうか。と思ったら既にDeNAが行っていました。

DeNA、スマホゲーム向けHTML5開発支援フレームワーク「Arctic.js」をオープンソース化

今は大手がしのぎを削っているスマホゲームですがいつかは個人が作れる時代になるのかもしれません。

IT業界離れに関して読みやすい投稿を見つけました。こちらもご参照ください。

就職戦線異状なしⅠ~理工系離れとIT業界~

何にしても状況が打破されるまではIT業界には行かない方がいいですね。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です