ピタパを使って思ったこと


最近のピタパは便利ですね。駅の改札だけでなくコンビニや駅の売店でも手軽に支払いができます。

大阪市営地下鉄ではピタパはポストペイ、銀行引き落としになるので、残高不足を心配する必要はありません。

残高5000円を使い切ろうとコンビニや売店を使っているのですが、一向に減りません。調べてみると、ピタパはJRを使う時以外は支払いが全てポストペイになるそうです。

確かに残高が不足するごとにチャージするよりも、使うたびに銀行から引き落とした方が楽ですからね。

だったら初めから支払いを全てポストペイにしといてよ!とも思いました。

それにしてもピタパは本当に便利です。これ1枚をポケットに忍ばせておけば、コンビニに行く時に財布や小銭を持ち歩く必要はありませんし、クレジットカードと違い店員に渡す時間や暗証番号を入力する時間も省けます。

自分は以前からあらゆる支払いは電子化されても良いのではないかと考えていました。そうすれば支払う側は小銭を出し入れする手間が省け、店員側もお金を受け取ったり、お釣りを返したりする手間が省けます。

もうこれからはコンビニの支払いはピタパを使おうかと考えています。小銭を計算して取り出したり、お釣りをもらったりするのが面倒ですので。

もし紛失して悪用されたらどうなるのだろうと思い、調べてみました。ピタパのショッピング枠は1日で3万円、1ヶ月で5万円です。

高額商品には使うことはできず、メイン利用はコンビニやちょっとした買い物に限定されます。この辺りはクレカとうまい具合に住み分けができそうです。

あとはスーパーやファーストフード店が本格的に電子マネーを導入すれば重たい小銭をジャラジャラと持ち歩く必要も無くなりそうです。

一口に電子マネーと言ってもいろんな種類があるようです。口コミサイトを見つけたのでご参照ください。

電子マネーランキング 口コミ 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です