pipsとスプレッドとは何かを簡単に説明する


今回はFXの重要な用語pipsとスプレッドに関するお話です。

pipsとは?

pipsとは為替レートの最小単位のことです。トレードをするときに見るチャートではロウソク足がpips単位で上下しています。日本円では1pip=1銭、0.01円です。

しかし、通貨の取引の多くは1万通貨単位で行われるので、1pip=0.01円×10,000=100円となり、1pip上がると価値は100円上がります。

これは1ロットの場合で10ロット買えば1pipで1,000円儲かります。

ただロット数を増やすにはそれなりの資金が必要になります。レバレッジ25倍の場合1ロットで48,000円、10ロットでは48万円必要です。

しかし少ない資金でロットを多く買う方法はあります。レバレッジを上げるのです。レバレッジを400倍にすれば、必要資金は16分の1になり、1ロット3,000円、10ロットがたったの3万円で買えます。

もちろんこのまま突っ込めばロスカットのリスクが高いので、証拠金を余分に入金して、維持率を引き上げます。

スプレッドとは?

スプレッドは簡単に言うとFXの売買手数料のことです。スプレッドは高い安いと言わずに、広い狭いと言います。スプレッドの狭さは通貨や業者によって異なりますが、流通量の多い通貨ほどスプレッドは狭くなります。

例えば、dmm証券でドル円で120万円買おうとすると、売りは120.000買いは120.003と表示されます。この0.3銭分が業者に支払う手数料となります。実際は1万通貨単位(1ロット)で買うので、30円支払うことになります。手数料が安いなと思われるかもしれませんが、1ロットではロクに利益が出ないので、普通は10ロット、100ロット単位で売買します。

仮に10ロットで10回取引をすると手数料が3000円もかかります。やみくもに売買すると利益も出せずに業者に多額の手数料を支払うことになってしまいます。FXで9割の投資家が利益をあげられずに退場してしまうのもこの地味なコストが原因です。

一方のFX業者はシステムさえ作れば手数料で堅実な利益があげられます。ただし使ってもらえないと意味がないので、派手な広告を出したり、キャッシュバックを充実させたり、手数料を引き下げたりして、少しでも多くの投資家を呼び込みます。ギャンブルで胴元が一番儲かるのは、いつの時代も変わらないようです。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です