ハイレバ取引で勝ちたいなら証拠金を増やそう


FXを実践するにあたって重要そうなワードをピックアップしていきます。

証拠金とは

証拠金には2種類あります。

必要証拠金は通貨を売買する上で必要な金額のことを指します。例えば、レバレッジ25倍で1万通貨を取引するには、48,000円の証拠金が必要です。

しかしこれだけだと4万円近くの損失を出せば、ロスカットを受けてしまいます。そこで必要証拠金より多めのお金を入金して含み損を肩代わりさせます。

有効証拠金とはいわば投資をする上での体力のようなものです。有効証拠金は投資家が口座に入金したすべての額に損益を足したものです。

投資家が損失を出した時はこの証拠金から損失分が差し引かれます。有効証拠金に余裕をもたせておかないと、含み損を抱えきれなくなり、ロスカットのリスクが増大してしまいます。

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは簡単に言うとどれくらい含み損を抱えているかの指標です。例えば48,000円にレバレッジをかけて運用して24,000円の損失を抱えたとします。この時余剰の証拠金がなければ、証拠金維持率は50%となります。

含み損としては結構でかいのでマージンコールが発生します。「含み損を出し過ぎてますよ、ロスカットに気をつけてください」という警告です。

マージンコールが出たら、証拠金を増やして維持率を下げるか、決済をして含み損を大きくしないようにするかの二択を迫られます。

その警告を無視して、含み損がさらに大きくなると業者側で強制的に決済します。これがロスカットというものです。

証拠金維持率は重要

証拠金維持率はリスク許容度とも言い換えられます。FXでは入金したお金を全て使う必要があると思われがちですが、10万円入金して5万円で売買をして、残りの5万円は担保として取っておくこともできます。この例では、証拠金維持率は200%となり、より多くの含み損を抱えられるようになります。

もし5万円入金で5万円全てを売買に回せば25,000円の損失で証拠金維持率が50%になりマージンコールが発生するかもしれませんが、

10万円入金で5万円残しておくと、25,000円の損失を出しても維持率150%で、まだ余裕があります。あえてお金を残しておいて損失を肩代わりさせるのですね。

維持率が高ければハイレバ取引で耐えられる

売買とは別にお金を残しておくことで証拠金維持率を引き上げます。するとロスカットのリスクを最低限に抑えることもできます。

ハイレバ取引で最も怖いのはロスカットです。ロスカットは証拠金維持率の低下が原因で発生するので、証拠金を十分に用意しておけばリスキーな取引にも挑戦できるようになります。とても参考になったブログがあるのであげておきます。

ハイレバで運用効率をあげるためのリスク管理方法とは?


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です