雇われない生き方で自由になろう


正社員になるのは難しく、非正規雇用ではお金を稼げない。それでは他の手を考えてみることにしましょう。

正社員は労働者有利

正社員は労働者に有利な雇用体系です。昇給があり、減給はなく、年を取るだけで収入が増えて、定年まで雇用が保障されています。社会福祉も手厚く、誰もがその地位を獲得しようと躍起になります。

その分人件費も膨れ上がり、会社の負担を増大させます。また、一度正社員として社員を雇うと、容易に解雇できません。ハズレ社員を引いてしまうと、定年までその社員の面倒をみることになるので、企業側は正社員の採用には慎重になります。

その結果、筆記試験や面接を何度も受けたり、自己PRや会社研究などのくだらないことに時間を費やすことになります。ですので正社員への就職はハードルが高く、途中で諦めてしまうひともいます。

また、会社の経営が傾いても正社員ばかりだと、減給や解雇で人件費を減らせません。膨大な人件費をカバーできず、サービス残業で元をとる会社もあるのでしょう。正社員になったとしても、ホワイト企業を引き当てることができなければ、割りに合いません。

非正規雇用は経営者有利

一方、バイトや派遣社員などの非正規雇用は経営者に有利な雇用体系です。まず昇給の義務がないので、人件費が安上がりになります。また経営が傾いたら、簡単に解雇することもできます。

しかし人件費が安いということは、労働者側の給料が少ないということです。バイトで時給800円とすると、月10万円も稼げないので、とても食べていけません。ましてや結婚や子作りはほぼ不可能でしょう。

私も現在派遣社員として働いていますが、急な出費の支払いとFX資金のためと割り切ってます。別のビジネスをするための踏み台くらいにしか思っていません。

解雇規制は緩和されない

ホワイト正社員はハードルが高く、ブラック正社員ではサービス残業で使い潰され、非正規雇用では安定せず安月給に苦しみます。

この歪みを直すには、解雇規制の緩和と同一労働同一賃金の導入が必要ですが、既得権を持つ人達から反対されてしまい、実現には時間がかかりそうです。

第三の道

そこで新しい可能性として挙げられるのが独立やフリーエージェントです。独立すれば法を侵さない限りどのようにお金を儲けても自由です。やり方は人それぞれですし、掛け持ちもできます。

電子書籍やブログ、イラストなどを作って、個人の資産として利益を出すことができます。特にブログは本格的に作りこめば大量のPVを見込めるので、不労所得としておすすめです。

自由はすばらしい!

独立のメリットは何と言っても自由を得られることです。意味のない会議に付き合わされたり、嫌な上司の顔を見たり、やることがなく机の上で手持ち無沙汰になることもなくなります。

好きなときに好きなだけ仕事をして、好きなときに終わらせて、残りの時間を好きなように過ごすことができます。独立すると結果が全てになりますので、やり方しだいでは少しの労働で大金を稼ぐこともできます。

安定を犠牲に

しかし能力が低かったり、効率が悪かったりすると、労働量の割に稼げません。仕事に精が出ない時はバイトを入れて気分転換がてらに働くのも悪くないでしょう。

独立したからといって、バイトをしてはいけないわけではありません。ブログを本格的に始めるとわかりますが、最初の数ヶ月間は全く利益が出ません。

人間は成果の出ないことを続けることはできません。何かの本で人間を発狂させるには意味のないことを続けさせればよいと書いていたことがあります。

新規のビジネスやシステムは稼げるようになるまで時間がかかるものなので、時間がそのまま成果になりお金になる「労働」をして時間をかせぐのもよいでしょう。

まずは実行

独立というと、やり方が分からないとか自分には独立できるだけの能力がないと言う人もいますが、初めのうちは誰でも独立の初心者です。まずはやってみることが大事だと思います。

正社員でも休日にブログを書いたり、イラストを描いたりすることはできます。無職の人や学生に比べると時間はありませんが、始めることだけならできるはずです。まずは片足だけでも独立に突っ込んでみたほうがよいです。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です