Botに相互フォローするのは時間の無駄


ツイッターでフォロワーを増やす手段として相互フォローは有名です。相互フォローで検索をかけると、星の数の相互フォローアカウントがヒットします。それらを片っ端からフォローすれば、向こうも高確率でフォローしてくれるので、フォロワーを急激に伸ばすことができます。

Botにフォローしても意味はない

しかしこうしたアカウントのほとんどはBotです。数分、数時間おきに同じ内容のツイートを繰り返すだけです。

ツイッターをやる目的が純粋にフォロワーを増やすだけだったらそれで問題ありませんが、多くの人は自分のツイートを見てもらいたい、有益な情報を発信したい、自分のブログや商品を紹介したい、と考えているはずです。

数万フォローのアカウントを持っていたとしても、大半がbotなら価値はあるのでしょうか。

Botは鬱陶しい

自分もツールで相互フォローのフォロワーを増やしてきました。しかしホーム画面を見ると凄まじい相互フォロー案内の嵐。目障りなので片っ端からアンフォローしています。

相互フォローはフォロワーを増やす手段としては悪くないですが、ツイッターを楽しむことはできません。

鬱陶しいから取り締まりを受ける

ツイッターの運営もそのことを知っているのか、botのやり過ぎや過剰なフォローは厳しく取り締まっています。

今は自分も反省しており、botの頻度は大きく下げ、botでつぶやくにしても有益な情報やサイトを発信していこうと考えています。

結果として、フォロワーの増加率は激減しましたが、これが本来のツイッターのあり方ではないかと思っています。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です