ネットで稼いで肉体労働するのがベストか


今現在ネットでお金を稼ぐ準備をしています。具体的にはブログを書いてその一部を電子書籍化しています。電子書籍は収益がようやく3万円になりましたが、食べていくには厳しいです。

ブログの方は1日最低1記事3サイトの内のどれかを書くことにしています。収益が出るのは半年くらい先かなと考えています。

このようにしてほぼ1日中パソコンとにらめっこしているわけですが、会社勤めの頃よりも心理的には負担が軽くなったのですが、体の具合が悪くなることがよくあります。

ネットの自営業は体に悪い

疲れるようなことはしていないのに妙な倦怠感を感じたり、背中のあたりに気持ちの悪い感覚を感じたりしていたりします。

これは体をロクに動かしていないことによる弊害かもしれません。人間は長い年月をかけて環境に適応してきたので、まだ人体がネットを使った生き方に適応できていないのでしょう。

仮にネットビジネスで成功して多額の不労所得を手にしたとしても、何かしらの肉体労働に従事したほうがかえって健康なのかもしれません。

自分は人との会話を面倒がるタイプなので、倉庫業や警備員、棚卸しなどをするべきでしょうか。

今は特に問題が無いのですが、シャワーを浴びる前まで変な倦怠感に苦しんでいました。朝に散歩もして、昼には買い出しに行ったのですが、やはり運動不足のようです。人は肉体労働をするべきなのでしょう。もともとそれが人にとって自然なことだったのですから。

デスクワークは体に悪い

しかし、現代ではデスクワークが主流です。こちらの方が高給ですからね。それだと人はお金のために健康を犠牲にしていることになります。

デスクワークが体に悪いとする記事は数多くありますし。理想としては、労働がもっと細分化され1日4時間は肉体労働、残り4時間はデスクワークというふうにできたらいいのですけどね。

もしくは時間的なメインを肉体労働のバイトをしつつ、金銭的なメインはネットの不労所得にするのもありです。むしろ、肉体労働とデスクワークの仕事を自営業として持つことができたら、人はもっと自由になれそうです。

何かの本で、人は将来都会での仕事に嫌気がさし、田舎で農業に打ち込む人が増えるだろう、という風刺を読みましたが、ネットビジネスが主流になり、人が体を動かす必要がなくなったらそれが現実になるのかもしれません。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です