ツイッターの相互フォローはデメリットが多い

ブログの宣伝にツイッターを使う人は少なくありません。相互フォローは手軽にフォロワーを増やす方法の一つで、ツールを使えば数週間で2000くらいのフォロワーを作れます。しかし相互フォローをしても大したメリットは得られません。今回は相互フォローの問題点についてお話しします。

私の経験談

私はブログを開設した当初、ツイッターを活用して自分のブログを宣伝していました。純粋にツイッターのフォロワーを増やすだけで、サイトへの流入が増えると思い込んでいたのです。今は専用のツールアプリを使えば、相互フォローの人だけを数百人くらいまとめてフォローできます。こちらがフォローすれば、向こうもお返しにフォローしてくれます。手動なら面倒なことでも、ツールを使えば一発です。1週間もすれば1000人くらいのフォロワーを作れます。

しかしフォロワーをたくさん作ってもなかなかサイトにアクセスしてくれる人はいません。Botで有益な情報を繰り返し呟いても、何の反応もないのです。私のやり方は何がいけなかったのでしょうか。順を追って考えてみましょう。

相互フォローの人はツイートに無関心

そもそもツイッターはフォローした相手のつぶやきを共有するサービスで、フォローする相手が増えるほど表示されるツイートも多くなります。数万人もフォローすれば表示されるツイートも莫大な量になります。相互フォローの人たちはそうしたツイートを全てチェックしているのでしょうか?

いえ、そんなわけはありません。相互フォローの人たちの目的は効率よくフォロワーを増やすことです。だからアダルトアカウントでもbotでもお構いなしに次々とフォローします。彼らがフォロワーを増やすのは特定の広告を宣伝して利益を得るためですが、発信する相手も大抵相互フォロワーなのでツイートに関心を払うことはありません。

相互フォローアカウントは無価値

これは私たちが相互フォローアカウントのフォロワーになった場合を考えるとわかりやすいです。彼らのフォロワーになっても、表示されるのは同じ内容の宣伝・広告ばかりです。こんなツイートをもっと見たいと思うでしょうか?すぐにアンフォローして表示されないようにするはずです。だから相互フォローのフォロワーはほとんどが同じ相互フォローアカウントで、ツイートしても相手が見てくれることは少ないです。相互フォローをしても得られる利益は少ないのです。

ツイッターが楽しめない

ツイッターの醍醐味は似たような価値観を持つ人のツイートを共有して、ゆるくつながることです。面白いツイートには「いいね」を押したり、リツイートで他のフォロワーと共有して反応を楽しむこともできます。ツイッター本来人間同士のゆるいつながりを生み出すコミュニケーションツールなのです。

しかし相互フォローをしてもそんな楽しみを得ることはできません。ツールを使って機械的にフォロワーを作るだけで、作ったフォロワーも人間的なつながりを求めていません。これはツイッター本来の楽しみ方ではありません。ツイッターの運営会社がツールの使用に厳しい対応を取るのも納得できます。

ツールで増やしても意味なし

ツイッターはツイートの面白さを楽しむSNSです。ツールで無理やりフォローしても誰も振り向いてくれません。きちんとツイートを見てくれるフォロワーを増やしたいなら、地道に自分でツイートをするしかないようです。ツイッター好きは面白いツイートが好きで、機械的なbotには興味がありません。ツイッターを宣伝目的に使いたいなら、面白いツイートをしてユーザーの心を掴んでサイトに引き込むしかありません。

フォロワーを増やすなら実力で

ユーザーが賢くなった今は、実力で地道にフォロワーを増やすしかないです。ツールを使って一括相互フォローで機械的に増やすこともできますが、それだとツイートを見てくれる真のユーザーは引き寄せられません。また相互フォローすると表示されるツイートが膨大になり、ツイッター本来の楽しみ方ができなくなります。

自分の興味のある人、有益な情報をつぶやく人だけをフォローすればツイッターは面白くて役立つ情報収集ツールになります。得られた情報はブログのネタとしても有効利用できます。これがツイッターの本体の使い方だと私は思います。

優れたツイッターアカウントの見分け方

ツイッターで有益な情報をつぶやいている人を見つけるのは難しいです。質の悪い情報が多いのはブログでもツイッターでも同じなようです。大まかな目安としてはフォロー数が少なく、フォロワー数が多いアカウントを狙いましょう。フォロー数が少ないなら、そのアカウントは相互フォローをしておらず、ツイッター本来の使い方をしているということです。フォロワー数が多いなら、それだけファンが多く有益なつぶやきをしている可能性が高いです。

その条件を満たすアカウントを見つけたら、その人のフォローしているアカウントもチェックしましょう。ツイッターを情報収集として使っているなら、フォローしているアカウントも当たりである可能性が高いです。

まとめ

ツイッターの相互フォローは得られるものが少なく、割に合いません。相互フォローしてくれるアカウントはツイートをきちんと見ていないことが多いからです。効率よくフォロワーを増やしたいなら、地道に質の良いツイートをしましょう。ネットで有益な情報を提供している人は案外少ないので、少しずつファンを獲得できるはずです。ファンをたくさん集められたら、広告を少し載せるなり、自分のサイトに誘導するなりして収益化につなげるといいでしょう。