一人暮らしで早寝早起きする7つのメリットとその実践法

私は現在健康のために早寝早起きをするように心がけています。そのおかげでかなりのメリットを享受できているので、今回は早寝早起きをすることの具体的な利点を紹介します。

夜の無駄な時間を圧縮できる

仕事が終わった後の夜の時間帯は、人間の体も疲れており何かをするのに適していません。夜にブログを書こうとしても、疲労で頭がぼんやりして気の利いた文章が浮かんでこないのです。深夜までだらだらと起きているくらいなら、いっそのこと早く寝たほうがいいです。そのほうが早く起きられますし、その時間をブログなどの時間に割いたほうがはるかに効率的だからです。

実際私も少しでも眠気を感じたらすぐに寝るようにしてます。ブログが書きかけでも関係ありません。夜にダラダラとブログを書くよりも、朝にさっぱりとした頭でブログを書くほうがずっと生産的です。夜は人間にとって不利な時間帯です。できるだけ早く寝て、生産的な朝の時間を増やすようにしましょう。

朝ごはんをきっちりと食べられる

人間にとって朝ごはんは重要なエネルギー補給タイムです。朝ごはんをしっかり食べないと、脳にエネルギーが行き渡らなくなり、仕事でも十分な成果を出すことができません。今更言うまでもない当たり前のことかもしれませんが、仕事で忙しくなるとおろそかになりがちです。

早めに起きるようになると時間に余裕ができて、朝ごはんの用意も十分にできるようになります。一人暮らしなのでしっかりとした食事を作る必要はありませんが、それでも十分な炭水化物とタンパク質を摂取しておきたいです。個人的には納豆ご飯がオススメですね。調理に時間がかかりませんので、忙しい朝にはぴったりです。納豆は日持ちするので、休日にたくさん買い込んでおけば、仕事の後に買いに走る必要も無くなります。

一人暮らしの朝ごはんで必要な要素は、量と手軽さです。納豆ご飯はその両方を満たしているので、単身者には是非ともオススメしたい一品です。その上値段も安いので食費を大幅に圧縮することができます。納豆は他にも様々なメリットがあるのですが、本題から脱線するので、詳しくは下記の記事をご覧ください。

手軽に節約・ダイエット!一人暮らしで納豆を食べる4つのメリット

電車で座って通勤できる

通勤・通学で電車を使う人にとって避けられないのが満員電車です。座れないばかりか、密集した人混みに揉まれることになるので、朝からストレスが激増します。精神的にも肉体的にも疲弊した後で仕事をしないといけないわけですが、こんな状態でいい仕事ができるとは思えません。

早起きする習慣が身についていれば、5時や6時の電車に乗ることもできます。そうした時間帯はまだ通勤している人が少ないので、席に座れる確率もアップします。座席に座ったままでは時間がもったいないので、英語やブログ、ニュースなどを見る習慣もついでに身につけましょう。頭脳労働のスキルも上がって一石二鳥です。

職場の最寄駅に早く着きすぎてやることがないのなら、近くのファミレスやカフェ、自習室などで時間を潰すのもいいですね。早朝から営業しているお店で勉強して時間を潰せば、仕事の生産性も上がることでしょう。

朝の運動ができる

朝早くに起きたばかりだと頭がぼんやりして作業に集中できません。そんな時は体を動かす日課を作りましょう。寝起きの体は意外と運動を求めているもので、体を動かしていくうちに次第と頭も体もシャキッとします。思いっきり体を動かした後は脳も活発になっているので、ブログの生産性も大きく上がります。体と脳は繋がっているものなのですね。

朝の運動には散歩かジョギングがオススメです。朝の日光や心地よい風を浴びることができて眠気覚ましに最適です。移動していれば周囲の景色も変わるので退屈することもないでしょう。それでも退屈なら音楽やポッドキャストを聴きながら散歩するのも悪くないです。散歩のお供にはワイヤレスイヤホンのairpodsがオススメです。値段は高いですが、ケーブルが全くないのでストレスフリーで音楽を聴けます。開放型なので騒音が耳に入るため、事故のリスクも低く抑えられます。

ブログを書くなら朝がいい!

兼業ブロガーの中には夜に仕事から帰ってきてからブログを書く人もいますが、個人的にはオススメしません。夜は疲労が溜まっており、脳の機能も低下しているので、ブログを書くのに適していないからです。ブログは朝に書きましょう。その方が脳が活発化しているので、鋭い文章を書くことができます。

私も早寝早起きを始めてからは朝にブログを書くようにしています。夜だと面倒に思えたことでも、朝なら積極的にやりたいと思えるからです。面倒ごとも夜に無理してやるよりは、朝に回した方がいいです。夜は寝るための時間なので、少しでも眠気を感じたらすぐに寝るようにしましょう。無理をして書かれたブログは単調でつまらないものです。朝の精神的に絶好調な時にブログを書くようにしましょう。

心と時間に余裕ができる

早起きすればそれだけ時間に余裕ができ、その時間を朝食や運動、ブログやその他副業などに使うことができます。疲れが取れていないなら、休息に当てるといいでしょう。時間に余裕があれば、行動の選択肢が広がり、心にゆとりを持てます。そして心のゆとりが質の高い労働を生み出すのです。焦って仕上げた仕事や作品は総じて質が劣るものです。時間を十分に確保して作ったサービスこそ利用者の信頼を勝ち取ります。

また心に余裕がないことは周囲にプレッシャーを与えることにもつながります。自分の焦りは他人に伝染して、職場の環境を重たいものにします。こうした心に余裕のない人が一人でもいると周囲の雰囲気はすごく険悪になります。他人を不快にさせないようにメンタルをコントロールする技術は非常に有用で、上手くやれば周囲の人からの評判もうなぎのぼりです。仕事はチームプレイなので与えられたことを黙ってこなす人よりも、場の雰囲気を盛り上げてくれる人の方が重宝されます。

生活リズムが良くなる

習慣はその人の人生を形作るものです。健康的で優れた生活習慣を身につけた人は、大きな病気にもならず、仕事でも優れた成果を出すことができるので、幸福な人生を歩みやすいです。良い人生を送るためには良い生活習慣が必要で、そのためにもまずは早寝早起きから実践してみるべきです。

実際に早寝早起きをしてみると生活リズムが自動的に整います。夜の8時か9時くらいになると眠たくなり、朝の5時か6時くらいには自然と目が覚めます。夜にもっとブログを書きたいと思うこともありませんし、朝にもう一眠りしたいと思うこともありません。体が自然とどうするべきなのかを教えてくれるのです。この良い流れに身を委ね続けることこそが優れた生活習慣なのではないかと思っています。

早寝早起きを実践するには?

以上が早寝早起きをすることで得られるメリットです。お金を払うことも必要もなく、その気になれば今日から実践できる行動なので費用対効果も高いです。ここからは早寝早起きを実行するためにするべきことを軽くまとめます。

メリットを強く意識する

人は何に見返りもない事柄に努力することはできません。何かしらのメリットを強く意識することで面倒ごとも耐えられます。例えばアイドルが食事制限をするのは、仕事のためお金のため、もしくはファンのためです。労働者がいやいや働くのは多くの場合お金が目的です。人は楽な方に流れる生き物なので、具体的なメリットがなければ労力が必要なことは続かないものです。

早寝早起きをすることで得られるメリットは大きいです。夜の非生産的な時間を潰して、朝の生産的な時間を生み出すことで、その時間を運動や食事、ブログなどに当てることができます。その時間を毎日ブログに費やせば、数年後には安定した収益を生み出す仕組みが誕生しているかもしれません。

寝る時間を決める

良い生活習慣を身につけるには自分の生活にルールを作ることが大切です。例えば毎日朝の7時には散歩をする、もしくは週に二回シャワーを浴びる前に筋トレをするなどです。寝る時間に関してもルールを決めておく方がわかりやすいです。

アイマスクと耳栓をする

あまり早く寝ようとすると隣人や家族の騒音で寝られないことがあります。そんな時はアイマスクと耳栓を用意しましょう。できるだけ早く寝ることで、朝の時間を多く確保できます。

夜はパソコン・スマホを控える

寝る前はパソコン・スマホなどのディスプレイを見ることは控えましょう。そうした機器のディスプレイを見続けることでメラトニンの分泌が抑制されてしまいます。メラトニンは夜に暗くなると分泌され、動物を睡眠へと促すホルモンです。明るいディスプレイを見続けることで、体がまだ昼間だと錯覚してメラトニンの分泌量を減らしてしまうのです。

運動をして体を疲れさせる

私はかつて一日中パソコンの前で作業していたことがありましたが、夜は体に奇妙な倦怠感を感じてうまく眠ることができませんでした。それでも毎日外出して、定期的に運動するようになってからは、ぐっすりと眠れるようになりました。人間が毎日健康的に暮らすには一定量の運動が必要なのだと思います。

朝は日光を浴びよう

朝は部屋のカーテンを開けて思いっきり日光を浴びましょう。日光を浴びることで体内のメラトニンの分泌が減少し、体内時計の調子もよくなります。むしろ日光を浴びない生活をしていると、不眠症などの睡眠障害になるリスクもあります。太陽光は誰でも無料で使えるので、朝はたくさん浴びて体をシャキッとさせましょう!

生活

Posted by むれ