目指せお金持ち!お金を節約する6つのメリットを紹介!

2017年11月7日

私は現在専業でブログを書いており、お金はできるだけ節約しています。節約を通じて欲しいものを我慢してきましたが、得られるものも多かったです。今回は節約を通じて得られた具体的なメリットを説明します。

節約とは?

その前に節約の定義から。節約とは無駄をできるだけ少なくすることを意味します。お金の節約なら、出費の無駄を減らすことですね。必要なものを切り詰めるのは節約ではありません。それは単なるケチです。

お金の使い方が上手くなる

私たちはお金を使うことで一定の効能を得ます。例えばご飯を食べればお腹を満たすという効能が得られ、掃除機を買えば床をきれいに掃除できるという効能が得られます。ただしお金をたくさん使えば、効能がたくさん得られるわけではありません。100円のご飯があればお腹を満たすことができますが、1万円のステーキを食べても満腹感が100倍になるわけではありません。

質素な食生活

食事の目的が空腹を満たすことだけなら、使うお金は最小限にするべきです。そうすればより多くのお金を残せますし、余ったお金は別の有意義なことに使えます。実際私は日々の食事にあまりお金をかけません。納豆ご飯がメインで、間食は豆腐、ゆで卵、バナナなどです。

質素でひもじい食生活に思われるかもしれませんが、私はそう感じていません。美味しいものを食べたい時は、きちんとお金を払って外食をしています。美味しい食事には500円から1000円くらいまで出しますが、ただの空腹を満たす食事には100円程度しか出しません。お腹を満たすだけならわずかなお金で事足りるからです。

簡単にまとめると、節約により目的に使うお金が最小限ですむということです。節約家にしてみれば日々の食事に何千円も出すのは無駄なことなのです。そして節約家は使うお金に対して得られる効能を考慮するので、お金の使い方が上手くなります。

健康を維持できる

節約家は日々の食事にお金をかけず、できるだけ素材に近い食品を買って節約に努めます。豆腐や卵、納豆などの食品はタンパク質・アミノ酸に優れているので、食べ続けていれば健康を維持できます。価格だけならカップ麺も安いですが、あちらはタンパク質が少なく、栄養も不十分です。食べ続けることで病気になり、高額な医療費を支払うことを考えると割りに合わないです。節約家は健康がもっとも大切であると知っているのです。

収入が途絶えても安心!

手元に100万円ある状態で今の仕事を失ったとします。生活費が50万円なら2ヶ月しか食いつなげませんが、生活費が5万円なら20ヶ月は生き延びられます。お金に余裕があると精神的にも余裕が生まれて、積極的に日々の活動に専念できます。

逆に生活費が高いと、資金に余裕がなくなり消費者金融に手を染めることになってしまいます。意外に思われるかもしれませんが、高給取りの労働者の方が破産するケースが高いです。人付き合いや見栄のためにお金を浪費するようになり、収入がダウンするとその生活費に稼ぎが追いつかなくなるからです。

だから節約家、それも貧乏を経験した人間の方がお金持ちになる可能性が高いです。お金の使い方を身につけて、無駄遣いをしない習慣を身につければ、お金は勝手に貯まっていくものなのです。

支出にメリハリがつく!

節約家は無駄なことにお金を使いませんが、必要とあらば大金を使うこともためらいません。生活を便利にさせてくれるものにはきちんと投資をします。例えばルンバは5万円と高額ですが、毎日の掃除かけを省いてくれるとっても便利な家電製品です。毎日掃除機をかける労力と比べれば、一時的な5万円の出費は安いものでしょう。

このように節約家は必要な時にお金を使って、生活力を向上させます。頑なにお金を使おうとしない吝嗇家・守銭奴とは違うのです。

物持ちが良くなる

節約家は自分の持ち物を大切にします。物が壊れたらまた買わないといけませんし、使わなくなってもキレイな状態なら高値で売れるからです。昔は古物をリサイクルショップに売っても二束三文で買い叩かれるだけでいたが、今はメルカリでいい値段で売ることができます。

無駄なものを買わなくなる

前述の通り節約家はお金を出す前に、得られる効能がそれに見合うかをよく考えます。商品を買う前にできるだけ情報を集めて、熟考するので買い間違いを最小限に抑えられます。世の中の大半のものはよく考えてみれば必要のないものばかりですが、売り手は懸命に宣伝して消費者に買わせようとします。衝動買いは浪費の元となるので、お金を出す前によく考える習慣は若いうちに身につけておきたいです。

家計簿をつけよう

節約のメリットはわかったけれども、具体的にはどうすればいいのか分からないという方もいるでしょう。家計簿のノートを手書きで作るのは面倒ですし、レシートを集めていちいち手打ちするのもやはり面倒です。そんな方には家計簿アプリを使うことをオススメします。

最近の家計簿アプリは優秀で、レシートをカメラでスキャンして購入金額を読み取ったり、クレジットカードと連携して光熱費などを自動で記録してくれます。私は以前はマネーフォワードを使っていましたが、広告がうっとおしいので、今はマネーツリーに移行しています。緑色の背景に白い象さんが特徴の可愛らしいアイコンです。

家計簿をつけるメリット

人は自分の欲しいものを手に入れると、それに支払った金額のことは忘れがちになります。家計簿をつけることで、自分の出費を振り返り、それが割りに合うかどうかを考えるようになります。

また定期的に家計簿をつけることで、日々の出費にも気を使うようになり、この商品は相場より高い・低いなどがわかるようになります。

さらにマネーツリーでは借金の金額もわかるようになっているため、借金を強く意識し急いで返済するきっかけにもなります。

まとめ

お金持ちという人種は大抵お金の管理が上手です。無駄なものにお金を使わず、コツコツとお金を貯めてきたからこそお金持ちになれるのです。貯蓄とは日々の消費行動の積み重ねなので、お金を使わない習慣を維持できる人こそがお金持ちになれるのです。

お金持ちの行動・考え方について興味のある方は下記の本を読んでみてください。一般的なお金の自己啓発書とは異なり、実際の億万長者へインタビューを行っているので、データに裏打ちされた信用のできる本です。 

生活

Posted by むれ