個人がブログを始める13のメリット!

2017年11月7日

私はブログを通じて文章を書くことが大好きです。ブログは私に様々なものを与えてくれました。今回は個人がブログをやるべき理由とそこから得られるメリットを説明します。

インプットの機会を得られる

ブログを書いていると、調べ物をする機会が増えます。例えばゆで卵の記事を書いているときは、それらに関連するサイトを片っ端から調べました。ゆで卵はタンパク質が豊富で、必須アミノ酸もバランスよく含まれています。こうした情報はブログを書かなければ得られなかったでしょう。

必須アミノ酸の情報は、納豆や豆腐の記事を書くときにも役立てています。ブログの執筆を通じて、使える情報が増えていくのはすごく楽しいです。

私はオンラインカードゲームが大好きです。使えるカードが増えるにつれて、使える戦略、選択肢が増えていくからです。ブログもそれに似ており、知識や情報が増えるほど、書ける内容が広がっていきます。既存の知識が新しい知識を組み合わさって、新しいブログのネタになるのです。閃きで得られたネタは他のブロガーがまだ収益化していないので、先行者利益を得やすいです。

金銭目的を抜きにしても、知識が増えると今まで見えてこなかった世界が見えてくるので、とても楽しいです。食欲・性欲と異なり、知識欲はネットで無料で満たせるので、娯楽としても安上がりです。

アウトプットの機会が得られる

新しい言語を学ぶ上でアウトプットは大切です。インプットした情報をアウトプットすることで、完全に理解できていなかった部分を把握できるからです。うろ覚えだった部分を学習し直すことで、知識を強固なものにできます。

ブログの世界でもアウトプットは重要です。得られた経験・情報を文章にすることで、自分の理解できていない部分をはっきりさせられます。プログラマーがブログで学んだことを書くのもそのためですね。

プログラマーでなくともブログのアウトプットを活かすことはできます。今までの自分の行動を文章にすることで、その行動を振り返り反省できます。例えばパチンコで数万円失った経験も、なぜ自分がパチンコにハマったのかを冷静に見つめなおせば、何かしらの対策を思いつくはずです。

こうした経験と対策をブログで書いておけば、同じように悩んでいる人も役に立ちます。さらに広告を貼っておけば、収益化にもつながります。ブログは私たちの日常を反省し、試行錯誤し、さらに収益化にもつなげられる優れた道具です。

文章力の向上

ブログを書くことで文章力を磨くことができ、高い文章力があれば良い商品やサービスを読者に勧めてアフィリエイト収入を得ることもできます。情報化社会でお金を稼ぐとなると、高い文章スキルが必要不可欠になるでしょう。

ビジネス感覚が身につく

今はブログに広告を貼ることで収益を得ることができますが、考えなしに広告をはり文章を書いているだけでは、わずかなお金しか稼げません。利益に目ざとい人は、もっと効率よくお金を稼ぎたいならどうすればいいかを考えるようになります。

ブログで収益を増やすにはPVを増やしたり、広告単価を上げたりする必要があります。しかし大きなPVを稼ぐことは難しく、広告単価の高いサイトは強豪アフィリエイターがひしめいています。

広告ビジネスで生き残るためにはどうすればいいか、収益を最大化するためにはどうすればいいか、ビジネスの参加者は頭をフル回転させて考えます。

お金をめぐる収益の奪い合いこそがビジネスの本髄です。脱落した人間は月数千円しか稼げませんが、一握りの勝者には大きな富が約束されます。

昔はビジネスを始めるのにも資金が必要で、一部の人間しか参加できませんでしたが、今では初期投資ほぼゼロ円で誰でも参加できます。

今の日本では年金や社会保障がパンク寸前であてになりません。老後になっても自分のお金は自分で稼がないといけなくなる日がくるでしょう。その時ビジネス感覚を鍛えておけば、老後でもバリバリお金を稼ぐことができます。私たちはこれからの将来を生き残るためにも、ビジネス感覚を鍛えておかないといけないのです。

アフィリエイトビジネスに関しては、クロネコ屋さんが役に立つツイートを残しています。実際に利益を上げた実績があるので、この人の情報商材なら買っても大丈夫でしょう。noteの情報商材の価格も1000円から3000円と良心的です。

面白い商品・サービスを発見できる

ブログを書いてアドセンスを貼るだけではそんなに儲かりません。記事に関連したアフィリエイト広告をはり、読者にお金を使わせることで大きな利益が見込めます。利益に聡い人は自分の書いた記事をどうやって利益に結びつけるかを懸命に考えます。たとえキノコや盆栽に関する記事でも彼らなら収益化に結びつけるでしょう。

記事の収益化はブログの作成と同じくらい大変ですが、得られるものも大きいです。例えば私は最近バナナに関する記事を作成しましたが、それだけでは利益が小さいのでバナナに関連する広告を探しました。

アマゾンでバナナと検索すると、バナナハンガーやバナナケースが販売されていますね。それらを読者に勧めることで収益力がアップしそうです。

それよりも重要なのは、バナナの記事を作らなければこうした商品の存在に気づけなかったことです。記事の収益化の過程で、新しい商品に出会えるのもブログの醍醐味ですね。

ブロガー同士の繋がりができる(はてなブログ限定)

これははてなブログ限定ですが、ブログを書くことでブロガー同士のコミュニティに参加できます。面白い記事を書くブロガーにコメントを残したり、頑張った書いた記事にコメントを残してもらってほっこりするのも、はてなブログの醍醐味です。

書いた記事を褒めてもらえると、すごく嬉しくなり、ブログを書くモチベーションがアップします。息抜きで他のはてなブログを見たときは、コメントを残してあげるのもいいですね。

承認欲求を満たせる(特にはてなブログ)

ブログを書いているとたまに読者からコメントをもらえることがあり、自分のブログを読んでくれる人がいるのだなと実感できます。特に応援コメントをもらえると、ものすごく励みになり、ブログに対するモチベーションが大きく上がります。私もwordpress時代に3件のコメントをいただき、嬉しい気分になりました。

人間は衣食住という生理的な欲求が満たされると、より高次の欲求を実現しようとします。承認欲求はその一つで、他人から認められたいと思う感情を指します。ブログできちんと良質な記事を書けば、それを評価してくれる人が現れるので、承認欲求を満たしやすいです。

昔はブランド物の服や高級車を買って承認欲求を満たすのがメジャーでしたが、今はネットを通じた承認欲求が主流になってきています。だからこそ、ツイッターでフォロワー数の多い人やfacebookで友達の多い人は優れた人間なのだと思ってしまうのです。

時間を潰せる

消費的な娯楽

私たちの多くは労働を面倒なものだと感じていますが、いざ労働から解放されるとその膨大な時間をうまく使えないものです。

漫画はすぐに読み終えてしまいますし、アニメも大人を楽しませるような作品は少ないです。ゲームも短時間なら悪くないですが、長時間やると飽きてしまいます。こうした「消費する娯楽」は楽しみ方が限られているので、飽きやすいのです。

生産的な娯楽

そうした娯楽に飽きた人は「生産する娯楽」にシフトしてみましょう。ブログはその代表ですが、料理やYoutuber、ガーデニングなどもOKです。ただブログなら初期投資ほぼ0円で気軽に始められます。何かを作る娯楽のいいところは自由度が高いことです。作るもの、作り方、作る時間などの制約がほとんどありません。

これがゲームだとやるべきことが逐一指示されて、ストレスが溜まります。これは個人的な意見ですが、ゲームも仕事も自由度が高いほど面白いですね。

ブログは制約のほとんどない趣味です。物理的な制約がないので、好きな時に好きなだけ文章を書くことができます。また仕事でもないので、好きな内容を書くことができます。SEOを気にしないなら、タイトルや文体、文章量なども好きにして構いません。ゲームやアニメに飽きた人はブログをしてみるのも悪くないですよ。

ビジネスとしてのリスクが低い(特にアフィリエイター)

昔はビジネスを始めるのにも大量の資金が必要で、起業はとてもリスクの高い行為とされていました。店舗を持ったビジネスを行うなら、店の賃料、人件費、光熱費などの出費を強いられます。当たれば大きいですが、外れると莫大な借金を背負うことになります。これでは怖くて誰もビジネスを始めたいとは思わないです。

しかし今ではネット環境とパソコンがあれば、誰でも簡単にビジネスを始めることができます。ブログの維持費用は質の高いものでも年間1万円くらいです。失敗しても無駄になるのはそのお金と労力だけです。これはとてもリスクの低いビジネスなので、今ではいろんな人がブログやアフィリエイトでお金を稼ごうとしています。

ネットサービスに詳しくなる(特にwordpress利用者)

wordpressブロガーは自分で設定を全て行わないといけないので、初めの頃はすごく大変です。バックアップ、サイトデザイン、SEO対策なども自前で行います。その代わりサイト運営の基本的な知識が経験とともに身につき、将来のネットビジネスで役立てることができるでしょう。wordpressはビジネスサイトとしても広く使われているので、就職活動でもちょっとしたアピールになるかもしれません。

一方はてなブログだとカスタマイズ性が低い代わりに、バックアップやアップデートなどを自動で行ってくれます。100%書くことに専念し、コンテンツだけで勝負したい人はそれでもいいでしょう。

表現力が身につく

表現力とは自分の考えていることや言いたいことを言葉で表す力のことです。ブログを続けていると、毎日文章を考えるので、文章を作る力が鍛えられます。表現力の高い人は、適切な状況で適切な言葉を選ぶことができ、相手に自分の意図を的確に伝えられます。表現力はブログだけでなく、日常会話や普通の仕事でも必要とされる能力です。ブログを書いて鍛えておけば、就職活動の面接でもスラスラと話せるようになるでしょう。

生きがいを得られる(特にはてなブログ)

生きがいとは、自分が他者に必要とされている実感のことです。人は衣食住の欲求が満たされると、さらに高次の欲求を求めます。他人から愛されたい、尊敬されたい、必要とされたいなどですね。ただこうした欲求はお金で実現することができないので、心が満たされす苦しむ人もたくさんいます。経済的に豊かな国ほどそうした欲求を抱える人が多いです。まあ食うに困っている人からしたら贅沢な悩みなんですけどね。

生きがいは、お金を稼ぐことではなく、人から必要とされることで得られます。だからアフィリエイターよりもファンの多いブロガーの方が生きがいを得やすいです。

アフィリエイトサイトを作ってもコメントをする人は少ないですが、人気のあるブロガーなら軽い記事を書くだけでも、かなりのコメントがもらえます。そうでないブロガーでも数人から理解あるコメントをもらえるだけで十分満足できます。

諸事情でコミュニティから離れている人こそブログをやるべきですね。退職したお年寄り、休職中の社会人、育児で働けない主婦など。

ストレスのはけ口になる

ブログをストレスのはけ口として使う人もおり、仕事の不条理や世の中の理不尽さについて独自の文章で書き連ねます。人の不幸は蜜の味かもしれませんが、こうした記事に人は集まりやすいものです。うまく書いて広告を貼れば、ある程度の収入は見込めるかもしれません。欠点はこうした記事はSEOに弱く、安定した収益は望めないことです。

まとめ

色々書いてきましたが、ブログを書くメリットはかなり多いです。はてなブログなら無料で始められるので、迷った人はやってみましょう。安定してPVが稼げるようなら、Pro会員になって、広告をはり収益化を図りましょう。