NAVERまとめは危険!そのデメリットを徹底解説!

2017年11月7日

Googleで検索をかけると、時々NAVERまとめが上位に表示されます。特に収益の取れないマイナーなワードで上位表示される傾向にあります。儲かりそうなワードはアフィリエイターが上位を独占していますからね。今回はNAVERまとめに関して、私が思うことを自分なりにまとめます。

NAVERまとめは日本で有名なキュレーションサイトです。キュレーションサイトとは、複数の情報をまとめて、読者が読みやすいように編集したサイトのことで、通称まとめサイトとも呼ばれます。

まとめサイトは誰でも手軽に作れる一方で、文章の質が低い、文章の嘘・デマに対して責任を取れない、記事の信頼性が低いなどのデメリットもあります。私も一時期NAVERまとめでお金を稼ごうとしましたが、あまりうまくいきませんでした。文章を書いてお金を稼ぎたいなら、NAVERまとめは使うべきではありません。今回はNAVERまとめを使うことのリスクとデメリットを説明します。

損害賠償のリスク

メディアビジネスで一番怖いのは損害賠償です。他人の画像を勝手に金儲けに使うのは著作権に違反します。個人が適当に撮った写真ならまだいいですが、ビジネス目的で撮られた写真を使うと、損害賠償を請求されることもあります。

下記の記事では、自分の写真を無断利用されたフォトグラファーが、まとめ編集者に損害賠償を請求しています。

NAVERまとめのライターに無断転載の損害賠償を支払っていただいた件

ここで問題になるのが、損害賠償請求を受けたのがNAVERまとめでなく一個人のライターであることです。NAVERまとめは著作権違反の温床となる仕組みを提供していますが、ひとたび著作権違反が発生すると、その責任をライターに押し付けます。

他のウェブサイトのコンテンツを横取りし、その労力をライターに負担させるだけではなく、そこから生じるリスクと損害もライターに押し付けるのです。他人のコンテンツでお金儲けをしているのに、そのリスクからは法を隠れ蓑に使って逃げる。これが一企業のやることなのでしょうか?あまりにも無責任すぎます。

せっかくまとめサイトを編集してお金を稼いでも、高額な損害賠償を請求されて、その収益が消えてしまうこともあります。これは非常に大きなリスクです。このデメリットだけでもNAVERまとめは割りに合わないことが分かります。

自分の記事を消しにくい

私も上記の損害賠償の記事を読んでゾッとしました。NAVERまとめは他のウェブサイトを引用して収益を出すので、著作権違反のリスクがとても高いからです。

損害賠償を恐れた私は急いでNAVERまとめの記事を消すことにしましたが、ここでも不満が生じます。NAVERまとめの記事を消すには、全てのパーツを一つずつ消さないといけないのですが、これがとってもめんどくさい。パーツをまとめて消すことはできず、一個ずつちまちまと消さないといけません。

私は今まで20くらいのまとめを作っており、それぞれに10個くらいのパーツを載せています。総数200以上のブログパーツを一つずつちまちまと消していきました。作業が終わった頃には、指が痛くなっていました。もう二度とNAVERまとめは作りたくないです!

文章力が育たない

まとめサイトは他のウェブサイトからコンテンツを引用するサービスです。まとめを作るのに文章力は必要ありません。適切な情報を引っ張ってこれる情報収集能力だけあればいいのです。ほとんど労力を使わずにPVを稼げるので、メンドくさがりな人にはうってつけのサービスです。

しかしどんなものにも長所と短所があるものです。まとめサイトの作成では、自分で文章を作らないので、文章力が身につきません。文章力がないと、読者にサービスを紹介したり、魅力的な文章で読者を惹きつけてPVを稼いだりできません。

これからは情報化社会がさらに発達し、ますます多くの人がネットを通じて物やサービスを買うようになります。丁寧な文章で書かれたアフィリエイトサイトがあれば、多くの人がそれを利用するでしょう。文章力がないとネットを使ったビジネスチャンスを逃してしまいます。

個性をアピールできない

ブログをたくさん読んでいると、世の中にはいろんな種類のブロガーがいるのだなと痛感させられます。ある人はプログラマーの片手間で書き、ある人は自分の不幸をアピールするために書き、またある人は収益化のためにお金になりそうな記事を書きます。

特に際立った個性を持ったブロガーはネット上でも認知されやすく、その知名度が収益に結びつきます。はてなブログの世界ではヒトデさんやポジ熊さん、一時期話題となったピピピピピさん、不幸な経験を持ったハルオさんなどが代表的です。彼らがNAVERまとめで金儲けをしていたら、こうした強烈な個性を持ったブロガーは生まれなかったでしょう。

しかしNAVERまとめはその正反対です。まとめでのレイアウトは画一化されており、個性を前面に出すことはできません。収益の多寡を決めるのはコンテンツであり、編集者個人ではありません。そして優れたコンテンツを生み出せる人がいても、それに便乗して真似されるリスクもあります。

ネット上では情報の価値がゼロに近づきます。良質な記事を書いても、真似されたらおしまいです。これからは優れた記事をコンスタントに作れるブロガーが注目を浴びるでしょう。コンテンツは真似できても、ブロガーの個性は真似できませんからね。

NAVERまとめは儲からない!

NAVERまとめは他のウェブサイトからの引用によりPV稼いでいます。質の悪いサイトとみなされているためか、GoogleアドセンスやAmazonアフィリエイトを使えません。収益化の手段が非常に限られており、大金を稼ぐのが難しいです。

大まかな相場としては1PVで0.006円です。10万PV稼いだとしても600円しか稼げません。普通のアドセンスを貼ったはてなブログなら10万PVで少なくとも1万以上は稼げます。特化型のアフィリエイトなら同じPVで10万円は軽く稼げるでしょう。はっきり言って、NAVERまとめは労力的に割りに合わないのです。

NAVERまとめを作るくらいなら、はてなブログを作りましょう。無料ですぐに作れますし、Pro会員になれば好きな広告を貼って収益を伸ばすこともできます。そのPro会員も年間1万円くらいで、他のビジネスと比べれば格安です。

NAVERまとめは信憑性がない

NAVERまとめの記事は玉石混交です。いや、石の方がはるかに多いでしょう。ツイッターのいい加減なつぶやきを引用していることも多く、記事の真実性が担保されません。

私も記事を書くときはNAVERまとめを使わないようにしています。嘘やデマを記事に書いてしまうと、読者の信用を大きく損ねるからです。これからはブロガーの個性が重要になることを考えると、これは大きな損失です。

NAVERが撤退すると何も残らない

NAVERまとめのコンテンツはそのプラットフォームに依存しています。もしNAVERがサービスを終了したら、編集者は今まで作ってきたまとめを全て失うことになります。もっともそのまとめを自分のサイトにコピペしたとしても、Googleからコピーコンテンツとみなされ、サイトの評価を落とすことになってしまいますが。

これが他のブログサービスなら今まで自分の作ってきた記事を自分で守ることができます。はてなブログがサービスを終了したとしても、他のブログサービスに引っ越せばいいだけです。作ってきた記事はお金を生み出す資産となり、あなたの将来を守ってくれます。

責任感が薄れる

まとめサイトはSNSの要素が強いです。SNSでは匿名をいいことに個人が適当な発言をしたり、他者を傷つける発言をしたりします。NAVERまとめもそれと同様で、匿名性を利用して他者のコンテンツを奪って収益化につなげます。まとめ編集者には個人としての属性がありません。著作権違反してもそれは編集者個人の問題ではなく、NAVERまとめの不祥事とみなされてしまいます。(実際に責任を取るのは編集者なのですが。)

これが個性の強いブログだと話が違ってきます。もし知名度の高いブロガーが読者を騙して金儲けすると、非難のコメントが殺到するでしょう。それがアフィリエイトやブログの問題ではなく、個人のブロガーの問題だからです。

だからこそ個性のあるブロガーは自分の発言に責任を持たないといけません。個性や知名度を使って収益を得ている以上、それがもたらした損失は自分で尻拭いしないといけないのです。

責任とは何か?

少し抽象的な話になってしまいましたが、つまり「人は責任があるからこそ慎重に行動する」ということです。そして責任と引き換えに利益を得るのです。

匿名ブロガーのいうことよりも、実名ブロガーのいうことの方が信頼できますよね。匿名ブロガーはいい加減なことを言ってもお咎めなしですが、実名ブロガーがそうすると信用を失います。実名ブロガーは信用を失うまいと、自分の発言に気をつけて、記事にも嘘偽りを書かないようにします。その行動が実名ブロガーへの信頼に繋がるのです。

大金を稼げるようなブロガーはその影響力も大きいです。そうしたブロガーになりたいのなら、責任から逃げないようにしましょう。その心がけが信頼を生むのです。

NAVERまとめは将来性がない

NAVERまとめも一つのサイトなので、Googleのアルゴリズムの影響を受けます。Googleは質の悪いコンテンツを検索上位に表示させないようにしており、その精度も年々高まっています。NAVERまとめは質の悪い書き込みを引用するので、信頼性も低く、Googleでの評価も低いです。

マイナーなワードで検索するとまだNAVERまとめが上位表示されますが、メジャーなワードなら専門のサイトや個人のブログが上位に出ます。何らかのワードを検索にかけて、まとめサイトが上位表示されるなら、それはビジネスチャンスです。個人ブログでもSEOを意識した1000字以上の記事をかけば、検索結果での上位表示を狙えます。

逆に言えばNAVERまとめはこれから個人のブログにどんどん負けていく可能性が高いので、まとめ編集者は個人ブログに鞍替えするのが賢明だと思います。

まとめ

NAVERまとめは手軽にお金儲けができる一方で、損害賠償請求という大きなリスクを孕んでいます。収益化率も最悪なので、真面目にやっても割りに合わないです。SEOでも個人ブログに負けてしまうほど弱いので、将来性もありません。ライティングでお金を稼ぎたいのであれば、はてなブログの方が優れています。