食べるだけで節約・ダイエット!無糖ヨーグルトを食べるメリット

2017年11月7日

今まで一人暮らしの間食として、ゆで卵・男前豆腐・バナナを紹介してきました。どれも優秀な食材で、ダイエットと節約に大きな貢献をするでしょう。それでも同じものばかり食べ続けていると飽きてしまいますし、結果として味の濃いものに走ってしまっては本末転倒です。今回は追加でオススメの間食を紹介します。私は次の間食として無糖ヨーグルトをオススメします。今回はその理由について説明します。

無糖ヨーグルトは安い!

無糖ヨーグルトの大きな利点はその安さで、スーパーに行けば安い無糖ヨーグルトが400グラム100円くらいで並んでいます。味で定評のある明治ブルガリアヨーグルトでもせいぜい150円くらいです。

100円で100グラム以下のお菓子と比べると、そのコスパは圧倒的です。もしお金に困っているなら、おやつを無糖ヨーグルトに切り替えましょう。どんどんお金が貯まります。

無糖ヨーグルトはカロリーが低い!

また無糖ヨーグルトはカロリーも低く、100グラムあたりでたったの60kcal前後です。400グラムを1パック食べても摂取カロリーはせいぜい200か300kcal程度です。400グラムは間食としては十分すぎる量で、それだけ食べたら他のお菓子は食べたくなくなるでしょう。

私たちが何か美味しいものを食べたいと思うのは、単にお腹が減っているからです。ヨーグルトを大量に食べてお腹を満たしておけば、余計なカロリーを摂取せずにすみます。ダイエットの基本は我慢でなく、カロリーの低いものを多く食べることだと心得ておきましょう。

砂糖による依存性がない!

甘いものには多少の依存性があります。まとめ買いしたお菓子を1つだけのつもりが、何個も食べてしまうという経験をした人もいるはずです。私もその経験があるので、お菓子やアイスをまとめ買いしないようにしました。豆腐やゆで卵は食べすぎることがないのに、なぜかお菓子は食べ過ぎてしまうのです。糖分を含んだ食品にはできるだけ注意しましょう。

その点、無糖ヨーグルトは糖分を含んでいないので、依存の心配もありません。400グラムを1パック食べれば、お腹は満たされますし、それ以上ヨーグルトを食べたいと思わなくなるはずです。おやつをまとめ買いするくらいなら、ヨーグルトをまとめ買いしたほうがいいです。

ヨーグルトもタンパク質を含む!

ヨーグルトはタンパク質を含んでいるので、筋トレする人も好んで食べています。100グラムあたり3グラムのタンパク質が含まれており、400グラム食べれば12グラム摂取できます。 成人男性が1日で摂取するべきタンパク質の量は50グラムなので、ヨーグルト1パックでその2割を補うことができます。

タンパク質は肌や臓器、筋肉を形成する重要な栄養素なので、積極的に摂取していきたいですね。さらにヨーグルトに含まれるタンパク質は動物性タンパク質なので、アミノ酸スコアが良好です。筋トレをしている人なら、ヨーグルトを定期的に食べましょう。 

ヨーグルトには整腸作用がある!

ヨーグルトには整腸作用があるので、下痢を改善してくれます。ただし冷たいヨーグルトを食べすぎるとお腹を壊してしまうので、少し温めてから食べましょう。

まとめ

ヨーグルトは卵や納豆と同じくらい優れた食品です。たくさん食べることで、1日の摂取カロリーを減らすことができ、間食をしないぶん食費も削ることができます。

食事

Posted by むれ