食べるだけで節約・ダイエット!豆腐を食べるメリット

2017年11月6日

一人暮らしで家にいると、ついつい間食を食べ過ぎてしまいます。小腹が空いてコンビニでホットスナックを買ったり、まとめ買いしたお菓子を食べたりしてしまいます。しかしそんな生活を続けていると、体重がどんどん増えて、メタボ路線まっしぐらです。特に一人暮らしでは他の家族がストップをかけることもないので、自分で食べるものをコントロールしないといけません。今回は一人暮らしの間食として男前豆腐を勧めたいと思います。今からその理由を述べていきます。

豆腐は安い!

豆腐の最大の魅力はその安さです。私も3パックの男前豆腐をまとめ買いしていますが、それでも1つ100円前後です。1パック90グラム、3パックなら270グラム、100円出して300グラム弱食べられるなら、コストパフォーマンスは良好です。

400グラムの豆腐ならもっとお得ですが、間食として食べるため、使い勝手を重視しています。麻婆豆腐などの本格的な料理で使うならともかく、おやつとしてなら1パック100グラムくらいのものが適正でしょう。 

100円で300グラムも食べられるのは本当にお得です。スーパーのお惣菜でも100グラム100円以内で収まるものは少ないです。それに最近ではスーパーもなかなか値引きをしてくれないので、豆腐を上回るお惣菜を探すことは難しいでしょう。

ましてや他のスナック菓子なら100円出しても100グラムも食べられないでしょう。最近は原料費の高騰でスナック菓子の値段も上がっています。もしおやつにスナック類を食べているなら、早いうちに豆腐に切り替えましょう。毎日食べる食費を削ることは、節約の効果としてはとても大きいです。

男前豆腐はうまい!

豆腐をそのまま食べるなら、男前豆腐がオススメです。むしろそれ以外の豆腐は味が薬品っぽくて、生食に向いていません。男前豆腐は他の豆腐よりも値段が少し高いですが、味が濃厚で、後味がすっきりとしています。

スーパーやドラッグストアに1種類くらいは並んでいるはずなので、試しに1つ買ってみましょう。味の深さに感動を覚えるはずです。というわけで、生食なら男前豆腐一択です!

豆腐はタンパク質が豊富!

納豆ほどではありませんが、豆腐にもタンパク質が含まれています。100グラムあたりで6グラムくらいですね。男前豆腐を3パック食べることで、15グラムくらいのタンパク質が摂取できます。

成人男性の一日で摂取するべきタンパク質の量は50グラムなので、豆腐3パックで3分の1を補えます。

豆腐はカロリーが低い!

豆腐はカロリーがとても低いので、ダイエット食品としても有名です。豆腐100グラムに含まれるカロリーは60kcalくらいです。大まかな指標としては100グラム100kcal以下なら、カロリーは低い方です。

スナック菓子やケーキだと100グラムで500kcal以上ありますからね。間食を豆腐に置き換えるだけで、摂取カロリーを大幅に減らすことができます。

豆腐のタンパク質は植物性タンパク質!

タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類があります。動物性タンパク質は必須アミノ酸がバランスよく含まれており、筋肉の増強に役立つというメリットがあります。しかし飽和脂肪酸が多く、摂取しすぎると肥満や動脈硬化のリスクが高まります。

植物性タンパク質はアミノ酸バランスは良くないですが、油脂が少なく、肥満のリスクを軽減することができます。動物性タンパク質も植物性タンパク質も一長一短なので、両方をバランスよく食べるように心がけたいです。

まとめ

豆腐はカロリーが少なく、タンパク質も豊富で、コスパも良好な、優れた食材です。特に男前豆腐は味にもこだわっており、とっても美味しいです。こんなに美味しい豆腐なら一生食べ続けることができそうです。 

また、豆腐はダイエット食品としても優れています。色々と誤解がありますが、ダイエットとは苦行ではなく、ライフスタイルです。無理なく続けられる食生活を続けることで、ようやくダイエットは成功するのです。

体重を手っ取り早く減らしたい方は、間食を男前豆腐に置き換えてみましょう。1ヶ月もすればその成果が現れるはずです。  

食事

Posted by むれ