食べるだけで節約・ダイエット!ゆで卵を食べるメリット

2017年11月7日

 一人暮らしをしていると、どうしても自炊が面倒になり、お手軽なお惣菜やコンビニ食品ばかりを食べるようになります。すると栄養が偏ってしまい、病気になるリスクも増えてしまいます。体を健康に保つためには、バランスのとれた優れた食生活が必要不可欠です。

その健康な食生活を維持するための食品として、私はゆで卵をオススメします。なぜゆで卵がオススメなのか?今回はその理由を説明します。

卵は安い!

ゆで卵は卵から作る料理ですが、その卵のコストパフォーマンスは極めて高いです。LLサイズの卵の可食部は1個あたり60グラムです。卵1パックには大抵10個の卵が入っており、その値段も高くて200円です。つまり600グラムで200円、100円で300グラム食べられる計算になります。

お惣菜の多くは100円で100グラム以下しか食べられません。そう考えると、卵の費用対効果はお惣菜の3倍以上です。スーパーでお惣菜を買ったり、コンビニでホットスナックを食べるよりも、家でゆで卵を作った方がはるかに安上がりということです。まあ、加工食品は人件費が価格に転嫁されているので、当然といえば当然なんですけどね。

卵はタンパク質が多い!

人間の体は炭水化物・タンパク質・脂質の三大栄養素を常に必要としています。特にタンパク質は人体の筋肉、臓器、皮膚などを作っており、不足すると体がボロボロになります。だからこそ、健康な体を維持するためには、タンパク質も摂取しなくてはならないのです。

成人男性が1日で摂取するべきタンパク質の量は50グラムです。LLサイズの卵には7グラムのタンパク質が含まれています。卵を4つ食べれば、1日に必要なタンパク質の半分をまかなうことができます。

卵には必須アミノ酸が豊富!

アミノ酸はタンパク質を構成する要素です。特に必須アミノ酸は体内で合成できず、食品から取り入れなくてはなりません。さらに必須アミノ酸は全種類をバランスよく摂取しないと有効活用されません。このことから必須アミノ酸は「桶」に例えられます。たとえ他のアミノ酸が豊富でも、一つのアミノ酸が不足していると、そこから水が流れ出してしまいます。

しかし卵にはこの9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれています。アミノ酸スコアも100で、これは全てのアミノ酸の必要量を満たしていることを意味します。また他の食べ物と一緒に食べることで、そのアミノ酸バランスを向上させることができます。

例えば白米だけだと必須アミノ酸のリジンとスレオニンが不足していますが、卵かけご飯として食べれば、卵が不足した2つのアミノ酸を補ってくれます。

卵は保存がきく!

タンパク質は肉や魚にも含まれていますが、これらは調理が面倒です。食事のたびにフライパンやグリルを用意しないといけませんし、その後片付けももっと面倒です。しかも肉と魚は腐りやすいので、できるだけ早く食べないといけません。足の早い食べ物は保存がきかないので、扱いにくいです。だからよほどマメな単身者でない限り、肉と魚はあんまり買わなくなります。

その一方で卵は中身が殻で覆われているため、保存に適しています。賞味期限は2週間とされていますが、これは安心して生で食べられる期限のことです。期限が多少過ぎても、加熱すれば問題なく食べられます。保存がきくということは、買いだめしても問題ないということです。卵を何パックもまとめ買いしておけば、しばらくはゆで卵が食べ放題ですし、腐らせる心配もありません。

ゆで卵は調理が楽!

一人暮らしの料理で最も重要な要素は、手軽さです。いくらコストパフォーマンスが優れていようとも、調理の手間が大きいと長続きしません。よく一人暮らしの料理で残り物の食材をうまく活用した、大層な料理が掲載されますが、あれを毎日続けられるのでしょうか?

料理は、食材を美味しく効率的に体内に取り入れる手段です。料理に手間をかけすぎると、他の家事や仕事がおろそかになってしまいます。一人暮らしならどれも自分一人でしないといけないので、なおさら調理の手間は少ない方がいいでしょう。

ゆで卵は卵料理の中でもトップクラスの調理の簡単さを誇ります。沸騰したお湯に卵を入れるだけです。お湯を沸騰させるのが面倒なら、最近は専用の調理キットがあるので、それを使えばいいでしょう。水を入れて卵をセットして、レンジで10分チンするだけで、美味しいゆで卵が完成します。私も小腹が空いた時には、それを使ってゆで卵を作っています。コンビニに行ってカロリーの高い食品を買うよりもよっぽど健全です。

ゆで卵で薄味に慣れよう!

ゆで卵のような薄味の食品ばかり食べていると、味覚もそれに順応します。味覚が敏感になり、甘いものや味の濃いものを美味しいとは感じなくなります。以前は好んで食べていたラーメンもほとんど食べなくなり、甘いものも1日1個だけ買うようになりました。アイスも甘過ぎてほとんど買わなくなりました。

私はこうした傾向を非常に好ましいことだと考えています。昔は目の前においしそうな食品があれば、我慢できずに買ってしまいましたが、今ではもう食べたいと思わなくなりました。我慢は体に悪いですし、ストレスの原因にもなります。我慢をせずに健康な食生活を維持できるのは本当にありがたいことです。

味付けは味の素と塩で!

ゆで卵の味付けはシンプルなものが一番です。ケチャップやマヨネーズなども試しましたが、一番しっくりくるのは塩です。ただ塩だけだとしょっぱいので、私は味の素を足してマイルドな味付けにしています。 

まとめ

ゆで卵は非常にメリットの多い食品です。安くて、保存がきいて、調理が簡単で、タンパク質も豊富です。こんな素晴らしい食材が安価で手に入るなんて、日本もまだまだ捨てたものではないなと思っています。前述のゆで卵調理器具はアマゾンで購入できます。これを買って健康的なゆで卵ライフを始めてみませんか?

おすすめ記事

世の中には生活を豊かにしてくれる便利なものがたくさんあります。下記の記事ではそうしたおすすめ商品を紹介しているので、よかったら覗いてみてください。

食事

Posted by むれ