youtubeで見れるポケモンジェネレーションズが地味に面白い!

2017年9月14日

私は子どもの頃からポケモンが大好きで、かなりの時間ポケモンをプレイしていました。最初にプレイしたのはポケモンの青で、そのあとは金、サファイア、ホワイト2、Y、ムーンを経験しました。ポケモンを育てながら続ける旅は、非常に刺激的で魅力的でした。育てたポケモンをバトルさせるのも、とっても楽しいものでした。

もし私と同じくらいの世代で、ポケモンシリーズを何作もプレイしたことがあるなら、ポケモンジェネレーションズを見ることをオススメします。 ポケモンジェネレーションズはゲームの内容を元にして作られた作品で、サトシは登場しません。特にゲームでは語られなかった舞台の裏側に着目しています。

例えばポケモン赤・緑ならグリーンが四天王を突破するシーン、金・銀ならワタルの影の活躍、もしくはサカキの息子とハンサムの会話シーンがあります。 はてなブログの使い勝手を試すのも兼ねて、いくつか私の好きなシーンを紹介します。

第3話:挑戦者

まず一つ目はグリーンが四天王に挑むシーンです。グリーンは天才的なポケモンセンスを持った俺様キャラです。強くて傲慢だけれども、そこがカッコいいのです。その実力は本物で、次々と四天王を倒していきます。そしてレッドとの対面で動画は終わってしまいます。グリーンとレッドの全面対決が見たいなら、ポケモンオリジンを見ましょう。

【公式】ポケモンジェネレーションズ エピソード3:挑戦者

第10話:森の洋館

森の洋館はポケットモンスター ダイヤモンド/パール/プラチナで登場する建物で、トレーナーをぞくっとさせる恐怖のダンジョンとして有名です。特にそのBGMがシオンタウン並みに恐怖を掻き立てます。今回は森の洋館をめぐるちょっぴりホラーな出来事です。

【公式】ポケモンジェネレーションズ エピソード10:森の洋館

第13話:反乱

この動画はポケットモンスター ブラック/ホワイトの名シーンです。プラズマ団と七賢人、それに対抗するジムリーダー達、両者との激しい戦いが繰り広げられます。今まではジムリーダーはストーリーに大きく関与してこなかったので、これは本当に胸の熱くなるシーンですね。

【公式】ポケモンジェネレーションズ エピソード13:反乱

第15話:帰還

こちらはポケモン ブラック2/ホワイト2のシーンです。ポケモンシリーズの中でも人気なNの登場です。Nはゲーチスの説得を試みますが…

【公式】ポケモンジェネレーションズ エピソード15:帰還

第18話:贖い

ポケモンXYで主人公がポケモンリーグを制覇すると、謎の男とポケモンバトルをすることになります。この男の正体は何なのか、なぜポケモン勝負を挑んだのか、その時どんな奇跡が起こったのかに関する内容です。

【公式】ポケモンジェネレーションズ エピソード18:贖い

もう一度ポケモンをやりたくなった

こうした動画を見るとポケモンの素晴らしさを思い出します。当時はゲームをやって、アニメを見て、それを友達と語り合っていました。子どもの頃のポケモンも面白かったですが、やはり大人になると戦略面などで別の面白さを見出します。一緒に対戦できるポケモン仲間がいたらいいのに、と思ってしまいます。

ポケモンを遊びたいなら

もしこの動画を見てポケモンをプレイしたくなったのなら、第6世代のポケモンをオススメします。具体的には、ポケモンXYとポケモンORASを意味します。この世代からはメガシンカや新しいタイプ「フェアリー」が追加されており、既存のシリーズよりも戦術の幅が広がっています。

第7世代のサンムーンも悪くはないのですが、プレイ人口がまだ少なく、ゲームとしても発展途上なのでオススメできません。レビューがかなり荒れているほど残念な作品です。実際に私もプレイしたことがありますが、ストーリーのテンポが悪く、フィールドも狭いので、冒険している感じがしません。

したがって今からポケモンをプレイするなら第6世代がオススメです。XYもORASもポケモンシリーズとしては評価が非常に高く、ユーザーを満足させる出来栄えになっています。

それに今では通信環境も整っているので、見知らぬ人とポケモン交換やポケモンバトルをすることもできます。これでポケモン友達がいなくてもゲンガーやフーディンが手に入るわけです!情報化の進んだ社会でプレイするポケモンは今までより一層面白いことでしょう。 

生活

Posted by むれ