Amazonプライムに加入するメリット・特典まとめ

最近Amazonプライムの加入を勧めるブログが増えています。これは利用者がサービスに加入することで500円が報酬として得られるからです。実際、サービス自体も優れており、他人に勧めやすいです。私もこの流れに便乗しつつも、個人的な備忘録も兼ねて、Amazonのサービスに関して軽くまとめておきます。

配送料の無料化

アマゾンでは商品の注文額が2000円以下だと、通常の配送料が350円かかります。さらに2000円を超えていても、お急ぎ便・お届け日時指定便で350円、当日お急ぎ便で514円かかります。アマゾンプライムに入会すると、これらの配送料がすべて無料になります。安い商品を一つだけ買っても、無料で届けてくれるわけです。したがってアマゾンを多用する人ほど配送料無料のメリットを享受できます。

プライムビデオ

プライム・ビデオでは、たくさんの種類のドラマ・映画・アニメを無料で視聴することができます。例えばアニメなら、るろうに剣心、NEW GAME、化物語、Reゼロから始まる異世界生活、Fate/Zero、アルドノアゼロ、天元突破グレンラガン、コードギアスなど有名作品が多数収録されています。ビデオの画質はHDなので、普通にキレイな動画を見られます。タブレットやスマホでも視聴可能なので、寝ながら動画を楽しむこともできます。

プライムミュージック

プライムミュージックでは、多数の音楽が聴き放題となります。ジャンルもJ-POP、ロック、フォーク、クラシック、サントラなど充実しています。特にJ-POPでは、GreeeeN、スピッツ、AKB48、Superfly、ゲスの極み乙女、THE YELLOW MONKEYなどの有名アーティストの音楽を聞くことができます。曲数は数百万あり、メジャーな音楽なら大半は収録されています。MVNOを契約しており、通信量を気にしているなら、Wifiでダウンロードして、出先で聞くこともできます。

プライムラジオ

プライムラジオでは、様々なジャンルの音楽をすぐに楽しむことができます。音楽の種類が多すぎて何を聞けばいいのかわからないという方にオススメです。適当なジャンルを選べば、その中から人気のある楽曲を選んでくれます。音楽にこだわりがないなら、適当にBGMとして流しておくのもいいですね。他のネットラジオと違って広告が入らないのも魅力的です。またプライムミュージックはAmazon Musicというアプリをダウンロードすれば、スマホでも視聴できます。

Kindle端末、Fireタブレットの大幅割引

アマゾンプライムの会員はKindle端末とFireタブレットを買うときに大幅な割引を受けられます。その額はなんと4000円です!プライム年会費3900円をペイすることができるわけです!Kindle端末の魅力はその携帯性です。今まで購入した何百冊もの電子書籍をいつでもどこでも読めるのは本当にありがたいです。これで電車の中や行列待ちでも退屈せずにすみます。特にKindle Paperwhiteは300ppiの高解像度なので小さい文字でもくっきりと読むことができます。とにかく読書が好きなら絶対に買っておくべきオススメアイテムです。

またFireタブレットもコストパフォーマンスに優れた端末です。Fire HD 8は通常価格が12000円ですが、プライム会員なら8000円で購入できます。OSはAndroidではなく、Fire OSという特殊なOSですが、タブレットとして普通に使うぶんには何も問題はありません。モンストやFGOなどのゲームもプレイ可能です。そこらへんの安いAndroidタブレットを買うよりは、よっぽど賢い選択肢です。

Kindleオーナーライブラリ

アマゾンプライムの会員は月に一回だけ好きな電子書籍を「Kindle端末でのみ」読むことができます。スマホのKindleアプリでは読むことができません。Kindleオーナーライブラリには、個人が適当に作った作品や無名の漫画など残念な作品がたくさんありますが、当たりの作品も少しはあります。7つの習慣、夢をかなえるゾウ、毎日かあさん、サラリーマン金太郎、森田さんは無口などが当たりです。男塾や俺の空などの古い漫画も掲載されています。

Amazonパントリー

Amazonパントリーは日用品をまとめ買いできるプライム会員限定のサービスです。ちなみにパントリーは食材庫を意味します。毎日定期的に食べるもの・使うものを何度も買いに行くのは面倒です。Amazonパントリーを使えば、必要な食料品・日用品を決まった数だけ定期的にまとめ買いすることができます。手数料は1回あたり290円ですが、対象商品を5点以上買うことで手数料を無料にできます。このサービスは毎日かなりの量の食料品を消費する家族向けのサービスですね。

Prime Now

Prime Nowは商品を1時間以内に届けてくれるサービスです。ただし1時間配送はごく一部の地域でのみ使用可能で、2時間配送も東京・大阪・神奈川の一部の都市部に限定されます。商品の購入価格が2500円以上のときのみ利用できます。また1時間配送は配送料が890円かかり、2時間配送は無料です。デメリットは専用のアプリからでないと注文ができないことです。パソコンがメインの私としては使い勝手の悪いサービスです。

プライムデーに参加できる

プライムデー(Prime Day)は、アマゾンで高評価の商品をかなり割安で買うことができるセールのことで、一年に一回だけ行われます。プライムデーに参加できるのはプライム会員だけです。特に値下げが美味しいのはガジェット関連で、運が良ければMacbookなどを半額で買うこともできます。私の場合もBoseの3万円もするイヤホンが3割引になっていて、本当に驚きました。プライムデーは利用者のアクセスが集中しやすく、サイトにつながりにくくなることもあります。その時はポメラニアンの画像が表示されます。

プライムフォト

プライムフォトは、好きな写真・ビデオをアマゾンの提供するストレージに保存できるサービスです。アップロードした写真と動画はスマホやパソコンなどの異なるデバイスで見ることができ、家族や友達と共有することもできます。データは外部のサーバーに保存しているので、端末が壊れても消えてしまうこともありません。プライム会員は5GBのストレージを使えますが、年間13,800円支払うことで容量無制限のプラン「Unlimitedストレージ」を利用できます。またUnlimitedストレージは3ヶ月間だけ無料でお試しで使うこともできます。現在はAmazon Driveのサービスの中に組み込まれています。

Amazon Mastercardのポイント還元率アップ

AmazonカードはAmazonで商品を購入することで購入額の1.5%のポイントを受け取れますが、プライム会員だとそれが2%にアップします。他のカードと比べると還元率は低いですが、ポイントで重要なのはその汎用性です。Amazonでは電子書籍や食料品を買うこともできるので、使い勝手が優れています。

Audibleの試用期間延長

Audibleは専用アプリで本の朗読が楽しめるサービスで、料金は月額1500円です。1ヶ月だけ無料で使うことができますが、プライム会員は3ヶ月無料で試すことができます。デメリットはKindle, Fire端末で使用できないこと、コンテンツが少ないことです。聞ける本は自己啓発書ばかりで、月額1500円は高すぎる印象があります。

Amazon Dash Buttonが利用可能

Amazon Dash Buttonはお気に入りの商品がなくなった時に、ボタンを押すだけで商品が注文できるサービスです。このサービスもプライム会員だけが利用できます。ボタンの料金は500円ですが、初回購入時に500円差し引かれるので、実質無料です。また商品が届くまではボタンを何回押しても、届くのは一回の注文分のみです。

以上がアマゾンプライム加入によって得られるメリットです。月額300円のサービスとしては破格のレベルです。

むれ
むれ
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

3件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です