一人暮らしのダイエットでオススメしたい食品

一人暮らしを始めると、圧倒的な自由を手にすることができます。好きな時に好きなものを食べても、誰に咎められることもありません。しかしそれゆえに、一人暮らしを始めて太ってしまう人もいるはずです。今回は一人暮らしの人にオススメしたい食料品を紹介します。

水道水

家にいるときは必ず手元に水の入ったコップをキープしておきましょう。なんとなく口さみしいとき、小腹が空いたとき、水を飲むことでそれを緩和することができます。水道水のどこが食材なの?と思うかもしれません。私たちが普段食べているものにはある程度の水分が含まれています。そう考えると水も食材に入るのでは無いでしょうか?

夏場は大きな容器に水道水をまとめて入れて、冷蔵庫で冷やしましょう。暑いときでも冷たい水で済ませれば、冷たいアイスを食べたいという欲求も抑えられるはずです。生ぬるい水を飲んでも美味しく無いですからね。

注いだ水を冷たいままにしておきたいなら、タンブラーを買いましょう。サーモスのタンブラーならお値段もお手頃で、効果も抜群です。特に暑い夏の日は冷えた水に氷を入れて、キンキンに冷えた状態で飲んでいます。

ダイエットをする上で最大の難関は食欲です。食欲は我慢するよりも、他のもので埋め合わせをする方が効果的です。できるだけこまめに水分をとって、食欲をコントロールできるようになりましょう。必要なとき以外は食べないことを徹底すれば、体重は自然と減っていきます。

豆腐 76kcal/100g

豆腐はとても優秀な間食です。買うなら1パック400gの大きいサイズのものではなく、3パックくらいに小分けされたものにしましょう。食べる量のコントロールがしやすく、食べ過ぎを防げます。特に男前豆腐は口当たりと後味が良く、そのまま冷奴として食べても問題ありません。スーパーで1セット100円くらいで売られているので、まとめ買いしておきましょう。

そして小腹が空いたときは、コンビニに行くのではなく、冷蔵庫の男前豆腐を食べるのです。人間は楽な方向に流れる生き物です。手元に豆腐があればそれで済ませて、コンビニに行くこともなくなるでしょう。余計なカロリーを摂取することもなく、また余分にお金を使うこともないので、豆腐は体と財布に優しい食品と言えますね。

冷奴の最大のメリットは調理が不要であることです。お腹が空いたら、お椀に乗っけて醤油をかければすぐ完成!調理時間は10秒くらいです。これが手間のかかる料理なら空腹に抗うことができずに、コンビニでホットスナックを買ってしまうでしょう。ダイエット食品においてすぐに食べられることは、大きなアドバンテージなのです。

ダイエットで重要なことは我慢することではなく、摂取カロリーが少なくなるように自分の食生活をコントロールすることです。そのためにも普段から家に低カロリー食品を常備しておくべきです。家で食べることの便利さがコンビニの便利さを上回れば、コンビニに頼ることもなくなります。

ゆで卵  151kcal/100g

ゆで卵も豆腐と並んで優秀な間食です。ゆで卵メーカーに入れて、レンジで10分加熱すれば完成します。豆腐に比べると調理時間がかかりますが、それでも手軽に作れる料理であることに変わりありません。フライパンや包丁を使わないので、自炊の苦手な人でも手軽に作ることができます。ゆで卵メーカーに関しては、下記のものがアマゾンで販売されています。穴あけ器もセットで買っておきましょう。加熱前に小さな穴を開けておくと、ゆで卵の殻を剥きやすくなります。

またタンパク質はアミノ酸で構成されており、その中でも必須アミノ酸は食事でしか摂取できません。卵には9種類すべての必須アミノ酸が含まれています。卵の必須アミノ酸スコアは100で、すべての必須アミノ酸を不足することなく摂取することができます。卵2つで人間の一日に必要なタンパク質の26%を補うことができるので、できれば毎日食べたい食品です。

最近は卵の特売も見られなくなりましたが、それでも1パック200円程度とお手頃な価格です。卵10個の可食部が600グラムだとして、100円で300グラム食べられるので、費用対効果も高いです。調理が簡単で、価格も安い卵はダイエットの心強い味方です。

納豆  160kcal/100g

納豆も一人暮らしの食生活の強い味方です。まず調理が非常に簡単で、タレを加えて混ぜるだけで、すぐに食べられる状態になります。一人暮らしだと朝から料理をするのはめんどくさいですからね。調理器具や加熱なしですぐに準備できる納豆はありがたいです。

価格が安いことも納豆の強みです。1パック100円程度で買うことができ、ご飯1合分の値段を合わせても、1食150円程度で済ませられます。また1食あたりの質量も450グラムと、かなり食べ応えがあります。一日納豆ご飯を2セット食べて、間食に豆腐とゆで卵を食べていれば、それ以外に余計なものを食べたいと思うこともありません。

また納豆もアミノ酸スコアが100で、9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれています。毎日の食事に納豆を取り入れるだけで、体を健康に保つことができます。タンパク質は体を構成する重要な要素で、不足すると病気のリスクが跳ね上がります。できるだけ積極的にタンパク質も摂取しましょう。

オススメの納豆は上記の写真の「なっとういち」です。匂いが控えめで、スチロールパックのフタも開けやすいです。値段も他と比べると安い部類に入ります。味に関しても個人的には、タレが甘すぎずちょうどいいと感じました。

白米 168kcal/100g

一人暮らしの食事で頼れる味方が白米です。食費を減らしたいなら、まずは白米を中心に自炊してみましょう。10kgあたり3000円だとすると、100gで30円です。ご飯は炊くことで水を吸収して質量が2倍近くになるので、100gで15円の計算になります。100円あたりの質量は666グラムなので、他の食材と比べて圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。一人暮らしに慣れた人が初心者に、白米とお惣菜の組み合わせを勧めるのもこのためです。

白米に関しては、味にこだわりがないなら、アマゾンの安い無洗米で済ませましょう。値段はスーパーで買うよりも若干高いですが、重たいお米を家まで運んでもらえる送料だと考えましょう。月ごとに届く「Amazon定期おトク便」なら、上手く使えば最大15%も安く買うことができます。

糖質制限ダイエットで目の敵にされる白米ですが、食べ過ぎなければ問題ありません。確かに炭水化物を摂取しすぎると、中性脂肪として蓄積され、肥満の原因になります。しかし天水貨物を食べないでいると、エネルギー不足となって、疲れやすくなってしまいます。健康な体づくりのためにも、適度な炭水化物は必須なのです。

白米のデメリットはグリセリンインデックス(GI)の値が81と高いことです。グリセリンインデックスが高いと、血糖値が急激に上昇し、インスリンが過剰に分泌されます。しかしインスリンには脂肪分解を抑制する働きがあります。だからグリセリンインデックスの高い食品を食べ過ぎると、肥満につながるのです。

GIが70以上の食品は、高GI食品とみなされます。砂糖はGI値が100で、パンやお菓子も90を超えています。こうした食品は主食とせず、嗜好品として少し食べるだけに留めておきましょう。もっと徹底してダイエットをしたい方は、白米の代わりに玄米を食べてみましょう。玄米のGI値は55で、低GI食品に分類されています。

バナナ 86kcal/100g

ダイエット中のおやつにはバナナがおすすめです。グラムあたりのカロリーが意外と少ないので、たくさん食べても太りにくいです。スナック菓子やポテトチップスなら100グラム食べただけで500-600kcalも摂取してしまいますが、バナナなら同じ質量でも100kcal以内で抑えられます。

また手で皮を剥くだけで簡単に食べられるのもいいですね。これがリンゴだとまな板と包丁を用意しないといけないので、食べるまでの過程がめんどくさいです。食べるまでの準備が面倒だと、人はすぐに食べられるスナック菓子や洋菓子などに目を向けてしまいます。いつでもすぐに食べられるバナナは、こうした誘惑の付け入る隙を与えません。

お菓子の誘惑に勝てない人はバナナを買い込みましょう。最初のうちはお菓子が恋しく思うかもしれませんが、慣れてくると「お菓子を買いに行くのがめんどくさい。バナナでいいや」と思うようになります。バナナを食べることに慣れてくると、次第にお菓子を買わなくなります。というよりお菓子があまり美味しいと感じなくなります。控えめな甘さで舌を慣れさせることで、味の濃いお菓子を食べたいと思わなくなるのです。

こうした健康的な習慣は一生の宝となります。お菓子を食べない習慣を身につければ、体の健康を維持できますし、医療費もかからなくなります。コストパフォーマンスの悪いお菓子を買わなくなることで、食費も大幅に削ることができます。ダイエットは苦行ではなく、習慣です。良い食生活を身につけることで、自然と体重は減っていくものなのです。

ヨーグルト 60kcal/100g

ヨーグルトもおやつとしてオススメできる食品です。値段も安く、普通のスーパーなら400gのものが100円くらいで売られているはずです。400gもヨーグルトを食べれば、それなりにお腹は膨れるので、コストパフォーマンスは良好です。砂糖の入っていないヨーグルトなら、その分摂取するカロリーも減らすことができます。欠点は400gのヨーグルトは小分けされていないので、つい食べすぎてしまうことですね。200gで2パックとかなら使い勝手がいいのですが。

むれ
むれ
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です