出会い系サイト・アプリを使うべきでない理由・デメリット


現代は人と人とのつながりも薄くなっているので、女性と出会うのにも技術の力を頼らないといけません。出会いのない男性の多くは出会い系サイト・アプリを使った経験があるでしょう。私もその一人です。ただ出会い系を使っていくにつれて、これでは理想的な出会いは作れないなと感じました。今回は出会い系を使うデメリットをお話しします。

援交目的が多い

日本では女性はよほど有能でない限り高給取りになることができません。正社員でも女性の給料は男性と比べて抑えられ気味です。特に飲食、介護、保育士などは賃金が低く、まともに働いても稼げない現実があります。そうした女性は援助交際でお小遣い稼ぎをしていることがあるのです。

恋愛において女性からアプローチをかけることは稀です。匿名性の高いネットの出会い系ならなおさらです。普段以上に女性は男性を警戒しなくてはなりません。でないと犯罪に巻き込まれるリスクがありますからね。

そんな中で女性の方からアプローチをかける場合は99%援交目的です。出会い系では男性側もプロフ画像を偽っていることがあります。プロフ画像はイケメンなのに、実際の姿は残念だと、女性側も骨折り損です。しかしお金がもらえる援交なら話は別です。安月給の激務で働いている中で、(労働と比べると)楽な生行為をして2万円稼げるなら、(彼女たちの中では)割に合います。美味しい臨時収入のために彼女たちは無知な男性が網に引っかかるのを待ち望んでいます。

恥ずかしながら私も怖いもの見たさで出会い系を通じた援交を3回経験したことがあります。ただ3人ともプロフ画像に比べて外見は残念でした。またメールの文面、内容から自分勝手さや知能の低さがひしひしと伝わってきます。こんな言い方をしてはいけないのでしょうが、彼女たちと関わってもいいことは一つもありません。性行為中もお金のために嫌々やっているのが丸わかりなので、性的にも萎えてしまいます。愛情のないセックスがこれほど空虚なものだとは思いもしませんでした。

改めて言いますが、援助交際をしてもいいことは一つもありません。2万円出しても全く割に合いません。性的なサービスを受けたいなら素直に風俗に行くべきです。風俗なら客商売なので女性も愛想よく振舞います。そうしないとクレームが入って、指名がもらえなくなりますからね。

プロフ画像詐欺

私たちは見た目で人を判断します。美男美女が衆目を集めるのは当然のことです。見た目をごまかせる出会い系で効率よく出会うための手段、それは見た目の良いプログ画像を使うことです。実際出会い系ではプロフ詐欺が横行しています。ネットの画像を拾ってきたり、SNSの画像を拝借したりと割と簡単にプロフ画像はごまかせます。だから出会い系ではプロフの画像があまり役に立たないのです。

私も出会い系アプリを始めた頃はきれいな女性が多くて心ときめきました。しかしそれだけきれいな女性がリスクの高い出会い系を使っているのも、おかしな話です。それに気づいてからは気持ちが冷めてしまい、プロフ画像への不信感を募らせるようになりました。

情報が少ない

出会い系を使って女性の一覧を見ていると、多くの女性がプロフで手を抜いていることがわかります。写真がない、紹介文がない、あったとしても一行の挨拶だけなどやる気の感じられないものばかりです。いくら会話の上手な人でも、会話のとっかかりとなる情報がなければ話しかけにくいです。会話がなければ女性と出会うのも難しくなります。ハッピーメールでは紹介文のない女性を検索で弾くことができますが、一行プロフなどは例外です。プロフが長文の女性を狙いたいですが、そうした女性はレアでなかなか見つかりません。

出会い系でも女性はアプローチを受ける側です。外見を磨くことに労力をかける女性は多いですが、自分の内面を文字にすることに労力をかける女性は少ないようです。また女性は出会い系を無料で使えることが多く、プロフが適当でも損することはありません。お金はかけてないし、出会えなければ「まあいいや」のスタンスです。男性みたいにポイントを損したくないという気持ちが働かないので、モチベーションに欠けてしまうのでしょう。

会話に労力がかかる

出会い系での最初の連絡手段はサイト内メールです。ただ男性側は女性にアピールすることが多いので、必然的に文字数が多くなります。それをスマホでやるから、指がものすごく疲れるんですよ。これがパソコンだったらいいのですが、出会い系を使う層はスマホがメインなので、パソコン用のサイトを作っても採算が取れないのでしょう。私のようにパソコンメインの人間にとって、スマホで長文を入力するのは苦行です。10人くらいにメールを送ったら、なんだかもう疲れてしまいました。

ポイントを気にしてしまう

男性側は女性にメールを送るのにポイントを消費します。ポイントがなくなれば、クレカでまたチャージしないといけません。だから男性はなるべくポイントを節約するように、メールでやりとりします。本来は短文で返すべきところも、ポイントがもったいないという理由で長文にしてしまいます。つまりポイントを気にして自然なメールのやりとりができなくなるのです。

まとめ

以上が私が出会い系を使った上で感じたデメリットです。出会い系アプリにお金を使うくらいなら、そのお金で自分を磨いたほうがいいと私は思います。結局1600円も課金したのですが、女性とは誰一人と会わずにリタイアしてしまいました。まともに出会いを探すなら、社会人サークルがいいのではないかと思います。趣味の似ている女性なら、話も合う可能性が高いですからね。


mure0000
mure0000
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です