ブログのネタがないなら、自分の好きなことを探そう


インプットは多いほど良い

語学というものは基本的に語彙力がものを言います。使える語彙が多いほど、表現に幅ができ、人や文脈、状況に合わせて適切に言語を使うことができるからです。だから英語学習では効率的に語彙力を鍛えることが重要です。

これと似たようなことがブログにも言えます。ブログではブロガーのインプット量が重要です。様々な経験を積んだブロガーはそれだけブログのネタを持っています。貴重な経験を積んだブロガーほど価値の高い記事を提供することができます。

一方でインプットの少ないブロガーは書くべきことが頭の中にないので、数ヶ月で更新が止まってしまいます。毎日同じような生活をしている人の話は退屈です。彼らは新しい情報を取り入れたり、新しい経験を積んだりしないので、その生活は変化に乏しいです。

興味のない分野では勝てない

自分の中に書くべきことがなければ、外部から引っ張ってくればいいという考えもあります。世の中には様々な情報があふれていて、そうした情報を適当に書けば一応文章量を稼ぐことはできるでしょう。ブログの体裁を保つこともできるでしょう。

ただ人は自分の興味のあることしか頑張ることができないものです。自分の興味のない分野の文章を書き続けていても、すぐに飽きてしまいます。

それに自分には興味がなくても、他の誰かはその分野に熱烈な関心を抱いていることもあります。好きなものをブログにしている人は手強いです。興味のない分野をいやいや続けても絶対に勝つことはできないです。

好きなもので勝負!

だからこそブログで勝ちたいのなら自分の好きなもので勝負するべきです。好きなものなら多大な労力をかけることもできますし、毎日楽しく続けることもできます。

私もアニメや商品レビューなどアクセスの稼げそうな話題を書いたことがあります。しかしそこまで好きでもないので、大したことが書けませんでした。関心が少ないので、言葉も出てこないのです。

一方で私はビジネスや抽象的な物事はかなり好きなので、そうした分野ならかなり書くことができます。自分の好きなものを書くことは楽しいですから、毎日続けられます。これからはブログは好きなものに絞って書くようにするつもりです。

好きなものをインプット

人は自分の好きな情報しか熱家を持って読むことができません。私はビジネスやお金、哲学の話が大好きでその手の本は定期的に読んでいます。中でも橘玲氏の著書はお気に入りで、何度も読み返しています。一方で小説や芸能、スポーツ、政治にはほとんど興味がなく、その分野の本はほとんど読みません。読んだとしてもほとんど頭に残らないでしょう。

だからこそ私たちは自分の興味のあるものだけをインプットするべきです。好きなものや興味のあるものなら熱心に読むことができます。その方が効率もいいですしね。

まとめ

ブログのネタに困っているなら、好きなものをインプットしてみよう。


mure0000
mure0000
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です