本を定価で買うのは馬鹿げているという話


最近はお金に少しだけ余裕が出てきたので、ブログのネタを増やすために本を買おうかと考えています。

数年前から欲しい本リストを作って、欲しいと思った本を片っ端から入れてきました。

リストを見て驚いたのが新品と中古の価格差です。

例えば北欧諸国の生活スタイルについて書かれた本「LESS IS MORE」は新品が1500円だったのに対し、中古は200円でした。送料で250円追加して、実質的に450円になるとしても、値段は新品の3分の1。

お金を稼ぐのが難しいこの時代に、定価で買う人などどれほどいるのでしょうか?

きっと新品の本は売れずに在庫として積み上がっているはずです。本の値段を下げればいいのにと思うかもしれません。

しかし日本の出版業界では再販売価格維持制度が設けられており、小売業者はメーカーの指定した価格で本を売らないといけません。

再販制度は自由な価格競争を妨げるので、独占禁止法上では違法扱いとなっています。ただ本、CD、DVDなどの著作物に関しては例外とされています。

ただし電子書籍は再販制度が違法扱いされているので、メーカーである出版社が販売することで価格設定を紙の本と同じにしています。もしこれが著作者が自由に販売できるなら、需給バランスに応じて、価格を下げられたのにと思います。

インターネットにより情報の値段が下がった現在、本1冊で1000円以上はとても高く感じられます。新書でも500円くらいが適正価格かなと私は考えています。

まあ再販制度が廃止されるのはまだまだ先の話なので、私は図書館でただで本を借りようかと考えています。


mure0000
mure0000
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です