ゲームは買ってプレイしたらメルカリですぐに売るべきという話

最近私は本やゲームを売るときにはメルカリを使うようにしています。メルカリで売ると販売手数料は取られてしまいますが、お店で売るよりも高く売れるからです。

例えば私はどうしてもダンガンロンパV3というゲームがプレイしたくて、ゲームショップでPSvitaを購入しました。

購入価格はメモリーカードと合わせて14000円くらいですね。Vita本体は1万円と格安ですが、メモリカードは8GBで2000円とかなり割高ですね。サードパーティーのものが使えたらもっと安く済むのに、とソニーの独自規格に文句を言いたくなりました。

プレイが終わると用済みになったVitaちゃんを売ることになります。メルカリで実際に売ってみたところメモリーカードと合わせて13000円で売れました。手数料と送料を差し引いて、実質的な利益は11000円です。

ソフトの方は供給過多のようでなかなか売れなかったので、ゲオで売ることにしました。それでも購入したゲーム屋さんが安かったのか、買った時と同じくらいの値段で売れました。

だから私はダンガンロンパV3をプレイする体験を実質3000円くらいで買ったことになります。これはもうゲームのプレイ料金とも考えられますね。

このように実体のあるゲームソフトは買った時の値段が高くても、プレイ後にすぐ売ればかなり安く遊ぶことができるようになります。相場が大きく変わらないうちに買って売ってを繰り返せば、かなりローコストでゲームを遊ぶことができます。

私が遊んだゲームペルソナ5も8000円で買いましたが、クリアしてからすぐに売ることで6000円くらいで買い取ってもらえました。

ここでまだ遊ぶかもしれないとさらに数ヶ月も持ち続けていると、相場がどんどん下落して実質的なプレイ料金がどんどん跳ね上がります。実体のあるゲームはプレイしたらすぐに売るようにしたいですね。

そしてゲームを売るならメルカリに限ります。多少の手間がかかっても、高価なゲームならそれに見合うだけのお金が手に入るからです。

むれ
むれ
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です