情報強者とは必要な情報を低コストで手にする人たちのこと


アドラー心理学の本

先日大型書店に行くとアドラー心理学に関する自己啓発の本がずらりと並んでいました。その本を買えばアドラー心理学に関する有意義な情報が手に入るでしょう。ただ私はその情報にお金をかけようとは思いません。なぜなら無料で手に入れる方法を知っているのですから。

私の好きなサイトに「マンガで分かる心療内科」があります。このサイトでは心の病気だけでなく、アドラー心理学に関する知識もマンガ形式で丁寧に解説してくれています。

このサイトは難しい用語の説明を極力控えて、身近な実例をあげながらわかりやすく説明をしています。本で読んでもいまいちピンとこないアドラー心理学ですが、このマンガならかなりすっきりと理解できます。私はこのサイトの情報は優れていると思ってます。

そしてこのマンガを読むのに必要なコストはゼロです。ネット環境さえあれば誰でも読むことができます。これさえ読めば、他のアドラー心理学の自己啓発本を読む必要がなくなり、数千円の出費が浮くことになります。

私が思うに、情報強者とは必要な情報を低コストで手に入れられる人たちを指す言葉なのでしょう。他にもいくつかの例を挙げておきましょう。

自己啓発

書店には非常に多くの自己啓発書が並んでおり、何を読めばいいのかわからないはずです。さらにそうした分野の本は数ヶ月毎に新しい本がどんどん入荷されます。自己啓発書の過当競争は日増しに熱くなっています。

ただこれらの本を真面目に片っ端から読む必要はありません。書いてあることは実例を除けばどれも大差ないですし、もっといい情報源が存在するからです。

Books&Appsというサイトでは経営者やビジネスマンなどが自己啓発に関する様々な記事を書いています。更新頻度も高く、内容も現在に即したものばかりでとても有益です。このサイトも無料で読むことができるので、自己啓発書を買うよりも断然お得です。


mure0000
mure0000
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です