アスペルガー症候群の人が苦手な仕事まとめ


私はアスペルガー症候群の傾向があり、人とのコミュニケーションをとるのがとても苦手です。ただ人は社会的な動物なので、たった一人で生きていくのは困難です。学生のうちはそれでもなんとかなりますが、社会人になると人と関わらないといけなくなる場面がどうしても出てきます。そこで今回はアスペルガーの人はどういった仕事を避けるべきかを考えていきます。

接客業

アスペルガーの人がしてはいけない仕事の代表例です。彼らは論理的でないもの、予測のつかないものが苦手なので不測の事態に対応することができません。特に理不尽なことを言う店長やモンスタークレイマーにでも遭遇したらパニックになって仕事どころではありません。

もしあなたがアスペルガーで自分の力を発揮できる職場につきたいのなら、まずは接客業を除外することです。確かに接客業の求人は多く、そこに従事している人も数多くいますが、無理に彼らに合わせる必要はありません。

運送業

前述の通りアスペルガーは予測のつかないことが苦手なので、ドライバーもおすすめできません。いつも通っている道が通行止になったり、突然車が飛び出してきたりして、予想外のことが起きるとパニックになり、事故を起こしてしまう恐れもあるからです。

運転では一瞬の気の迷いが事故につながるので、アスペルガーの人はドライバーにならない方がいいでしょう。

営業

会社や業界にもよりますが、営業も避けておいた方がいいでしょう。アスペルガーは人と接するのが苦手なので、四六時中人と関わり続ける営業職もストレスが溜まるはずです。

やる事がある程度決まっているルート営業ならまだマシですが、常に異なる人を相手にする新規開拓なら地獄をみることになるでしょう。

特に高額商材、浄水器、保険など本来必要のないものを売り込むとなると、相当なコミュ力が必要です。そうしたいらないものを販売している会社に入ることだけは絶対に避けましょう。仕事の相性が最悪なので、すぐに退職してしまうでしょう。

コールセンター

コールセンターも選んではいけない仕事な筆頭です。本来アスペルガーにとって電話をすることは苦痛を伴うことです。表情や相手の状況がわからないので、対面の時よりもどのように話せばいいのか分からなくなるからです。

またアスペルガーは音声で理解することが苦手なので、相手の言っていることが電話越しだと一層分からなくなり、ストレスも溜まります。よってアスペルガーとコールセンターの相性も最悪なので、高い時給につられて求人に応募しないようにしましょう。

レジ係

学生アルバイトの典型ですが、アスペルガーは手を出すべきではありません。アスペルガーは同時に作業することが苦手ですが、レジ係では声を出しながの作業を強いられます。また作業中に客に呼び止められたりもするので、頭の処理が追いつかずパンクしてしまうこともあるからです。

まとめ

私自身も多少アスペルガーの傾向があるので、どんな仕事が合うのか悩んだこともあります。自分にアスペルガーの傾向があり、それでも仕事をしないといけない場合、

人と関わらない

予想外の事態が発生しない

この二点を押さえておけば、仕事選びで大きな失敗をすることはないはずです。


mure0000
mure0000
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です