なぜ敷金・礼金が存在するのか?


一人暮らしの物件を探していると敷金・礼金でかなりの金額を取られることに気づきます。最近はお金を稼ぐのが非常に難しくなっているので、こうした出費は避けたいところです。ところでどうして礼金・敷金なんてものが存在するのでしょうか?今回はその存在意義について考えていきます。

まずは敷金・礼金の定義から。敷金は借主が家賃を滞納したり、部屋を汚したりしてその損害を補填するために使うお金です。借主が部屋を普通に使っていれば、敷金は戻ってきます。敷金の相場は家賃の1、2ヶ月分です。一方の礼金は家主への謝礼金で、一度払ったら戻ってきません。礼金の相場は家賃1ヶ月分です。謝礼なのにそれを強要するのもなんだかおかしな話ですね。

次は大家がなぜ敷金を設定するのかについてです。例えば仮にあなたが部屋を一つ持て余していてそれを誰かに貸したいとします。家賃は一ヶ月3万円としましょう。ただ見ず知らずの人にその条件で貸すのはリスクが高いです。借主があくどい人間で部屋のものをまとめて盗んで転売したり、家賃を払わずに夜逃げしたりする可能性だってあります。そんな場合でも敷金をもらっていれば、その損失分をカバーできます。

なぜ敷金という制度が存在するのか、それは借主に対するブラックリストを作成できないからです。ブラックリストにより犯罪の匂いがする人をあらかじめ締め出しておけば、部屋をダメにされるリスクは低くなり、敷金も安くなるはずです。


mure0000
mure0000
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です