一人暮らし・ダイエットの間食にはゆで卵がオススメ!


間食は出費が大きい

一人暮らしをしていると時折小腹が空くことがあります。そんな時近くのコンビニで食べたいものを買っていると、食費が大幅に上がってしまいます。

そこで安くて簡単に作れてヘルシーな間食がないものかと色々探してみた結果、ゆで卵がベストだという結論に至りました。

ゆで卵の魅力はそのコストパフォーマンスにあります。10個入り1パックの卵が200円だとして一個あたり20円です。

同じ質量のホットスナックを買うと100円くらい取られてしまうので、そう考えると安上がりです。

近くにあるたこ焼き屋さんも最近はかなり高いですからね。役に立つものならともかく、日々の食事への支出は最小限に抑えておきたいものです。

調理が簡単

ゆで卵の2つ目の魅力は調理のしやすさです。専用の器具をアマゾンで買っておけば、レンチン10分で簡単に出来上がります。

コンビニに行く労力よりもゆで卵を作る労力の方が小さいので、最近では小腹が空いたらすぐにゆで卵を作っています。

やっぱり人間楽な方に流れてしまうので、楽な方に流れても損失が少なくなるように自分の生活を調節しておきたいものですね。

人間は面倒なことを続けられるようにはできていません。だからこそ日々の食事を作るハードルは下げておくべきです。

優秀な栄養価

ゆで卵の3つ目の魅力は何と言っても栄養価の高さですね。

ゆで卵には人間の生命活動に必要な必須アミノ酸がバランスよく含まれており、アミノ酸スコアも最高点の100を叩き出しています。

毎日卵さえ食べておけば必須アミノ酸の心配はいらないわけですね。

またゆで卵のLサイズ1つには8gのタンパク質が含まれています。

成人男性のタンパク質の一日の必要量は50gなので、2つ食べておけばその25%くらいは達成できるわけですね。

以上、ゆで卵の素晴らしさについて一通り語りました。

調理器具に関しては下記のものをアマゾンで買うといいでしょう。皆さんもヘルシーで安上がりなゆで卵ライフを初めてみてはどうでしょうか?


mure0000
mure0000
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です