アスペルガー症候群の人は嘘をつくのが苦手


アスペルガーの人は嘘をつくのが苦手です。彼らはルールや規則に厳格にこだわるため、それにそぐわない「不真実」は嫌いなのです。

アスペルガーの傾向がある私も嘘をつくことが嫌いです。嘘をつくと胸がムカムカして、嘘がバレる時のことを四六時中考えてしまいます。むしろついた嘘に自分の行動を合わせようとすら考えてしまいます。

アスペルガーの人は自分の身の回りが正しくないと気が済まないので、自分の中に「正しくない」要素が入っていることに耐えられないのです。普通の人なら嘘をついてバレても仕方がない、あとで謝ればいいと考えますが、アスペルガーの場合はそうはいきません。

嘘をつくにしても相手にバレないようにどう受け答えするのかを必死で考えます。そしてついた嘘がバレないように言動に一層慎重になるのです。だからこそアスペルガーの人は滅多に嘘をつきません。嘘によって振り回される心労に対して割りに合わないのです。


mure0000
mure0000
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です