人間関係では一人の人間に依存すると危険!


孤独+失恋=大ダメージ

私には失恋の経験があります。それも誰とも繋がりがほとんどない時にフラれてしまったので、そのダメージは実に大きなものでした。

他の女性の友人がいれば、まあいいや他に乗り換えよう、と考えたのかもしれません。

しかし私にとってはその人が孤独を埋める最後の希望と思っていました。これだけ期待が大きいと、裏切られた時のショックも計り知れません。

リスク分散

これは株式投資にも通じるところがありますね。一つの会社に全ての資産を投資していると、その会社が倒産した時に自分の財産も全て失うことになります。

だからこそ賢い投資家は様々な会社に投資して、リスク分散を図ります。「卵は一つのカゴに盛るな」という格言はこのことを如実に表しています。

卵は一つのカゴに盛るな

この格言は人間関係にも使えそうですね。

複数の選択肢を持つこと

ある一人の人間にべったりと精神的に依存していると、その人に拒絶された時に大ダメージを受けることになります。

そうならないためにも、普段から親しくできるような知人を何人も作っておくべきです。

そうすれば拒絶されても、まあいいや次の人にアプローチしよう、と開き直ることができるのです。

モテたい人間のバイブル「モテるマンガ」の2巻にも同じようなことが書かれています。

この場合は恋愛に話を絞っていますが、複数の恋人候補を作っておくことで3つのメリットが得られるとしています。

  1. 時間の節約
  2. ダメージの軽減
  3. 精神的余裕

詳しい話は本書を読んでもらいたいです。


mure0000
mure0000
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です