私たちがお金を貯めるには経済的独立を達成するため


10ヶ月の自由

私は現在雇われで働いていません。だからブログの微々たる収入を除けば、ほぼ無収入で貯金はどんどん減っていきます。

現在の私の貯金は40万円くらいなので、生活費が4万円なら10ヶ月生活できます。そしてこの10ヶ月間は会社に縛られることなくブログ活動に専念できます。私は10ヶ月の間だけ完全な自由が手に入るのです。

お金を貯める理由

その一方で会社勤めで働いている人も数多くいます。彼らの中には特に欲しいものもなく、なんとなく働いてお金を貯めている人もいるでしょう。

そしてこう思う人もいるはずです。「こんなにお金を貯めてどうするのだろう」とか「欲しいものもなくなって自分は何のために働いているのだろう」とか。

今回はその疑問に私の意見をぶつけてみます。

経済的独立

先ほど私は40万円で10ヶ月生活できると言いました。ということは1年間働かずに生活するには48万円必要ということになります。10年なら480万円で、50年なら2400万円です。

だからもし私が家賃のかからないこの古い家で、一生独身で平均寿命まで生活するなら2400万円あればいいという結論になります。

このちょっと寂しい生活スタイルを覚悟すれば、そして2400万円あれば、私は50年間働かずに済むということになります。

会社で上司に怒鳴られたり、満員電車に揺られたりすることも50年間はなくなります。その50年間は会社に隷属することなく生きていくことができるのです。

この状態を橘玲氏は「経済的独立」と呼んでいます。

お金無くして自由なし

経済的独立を達成するメリットとは何でしょうか?それは自由を得られることです。

確かに今すぐにでも会社を辞めれば一応自由にはなれます。しかし自由になってもお金がなければ、また別の会社で働かないといけなくなります。自由を享受するためには、会社に隷属しなくても済むだけのお金が必要になります。

また経済的独立はできるだけ早く達成するべきです。60歳で定年退職して自由を得ても、残り20年くらいしか自由に生きることはできません。しかも老いた体ではできることも限られます。だからこそ必要なお金はできるだけ早く貯めるべきです。

では、できるだけ早く多くのお金を稼ぐにはどうすればいいか?それはお金のことをもっと知ることです。転職や副業で収入を増やし、節約や節税で支出を減らす。余ったお金は銀行で腐らせずに、ある程度リスクをとって投資する。など当たり前のことばかりです。

甘い罠には理論武装

ただ世の中には私たちの大切なお金をかすめ取ろうとする甘い罠が待ち構えています。罠を見破るには事前に知識が必要です。

橘玲氏の「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015」では、効率よく資産を形成するための有用な知識が書かれています。

もしこの記事を読んでいるなら、なるべく早く本書を読んで資産形成を始めるべきです。お金を失った後にお金の使い方を学んでもあまり意味がないですから。


mure0000
mure0000
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です