収入を増やしたいのならネットに仕組みを作ること


最近は労働者の貧困化がニュースになっており、お金を稼ごうと様々な努力をしている人が数多くいます。ここで私も効率よく収入を増やすための提言をしたいと思います。その前に労働者と経営者の違いについて説明する必要があります。

労働者と経営者

労働者とは時間と労力を対価にお金を得る人たちのことです。彼らは働きさえすれば必ずお金がもらえるので、リスクを負うことはありませんが、リターンにも限界があります。

どれだけ労働者が努力して稼ごうとも、その売り上げが労働者にもたらされることはありません。インセンティブにより多少の取り分はもらえることもありますが、生み出した利益のほとんどは経営者に取られてしまいます。

一方経営者はお金を生み出す仕組みを用意して、労働者を働かせて利益を得る人たちです。彼らは最初に多額の資金を投入して大きなリスクを背負いますが、一度成功すれば莫大な富を手にすることもできます。

その代わりに労働者がミスを犯したり、他の会社に損害を与えたりした場合は、代わりに責任を取らなくてはなりません。ハイリスク・ハイリターンこそが経営者の本質です。

労働者も経営者になれる

労働者と経営者はつい最近までは対立的な概念とされていました。しかし今では労働者でもインターネットでビジネスができるようになったので、両者の境界線はあやふやになってきています。昼間はサラリーマンとして会社勤めをしながら、夜はブロガーやYoutuberとして活動することもできるわけですね。

収入を増やすには

収入を増やす手段として代表的なのがキャリアアップです。仕事を通じて技能を磨けば、その希少性は高まり、賃金が高まります。弁護士や医者の給料が高いのはそのスキルが希少だからです。一方肉体労働の賃金が低いのは、いくらでも労働力の替えが効くからです。人材の流動性が高いアメリカでは、転職を繰り返してキャリアアップを行い、収入を増やすのが一般的です。

ただ雇用の流動性が低い日本では、そう頻繁に転職ができません。昇給やボーナスのない会社に入ってしまえば、将来は真っ暗です。そこで収入を増やすもう一つの手段、副業の出番というわけです。

効率の良い副業とは?

FX、ポイントサイト、ブログ、ユーチューバー、治験、転売など副業にも様々な種類があります。効率よくお金を稼ぐにはどの副業をやればいいのでしょうか?ポイントは「仕組みを作ること」です。

例えばポイントサイトを使って1000円分のポイントを稼ぐとしましょう。これが思いの外大変で、アンケートに1回答えて数円程度しかもらえません。1000円貯めるには数日間はかかってしまい労力的に割にあいません。ポイントサイトで稼ぐことは自分の時間を最低賃金以下で売り払う行為なのです。

一方でポイントサイトを運営する側に立ってみましょう。最初にアプリを作ったりアフィリエイトの契約を結んだりするのは大変ですが、一度作ってしまえば放っておいても利益を生み出してくれます。広告費をかけてポイントサイトの利用者を増やせば、収入は右肩上がりです。もっとも現在ポイントサイト・アプリは乱立状態なので、今から参入しても大きな利益は得られないですが。

仕組みの下で働くな!

このことは他のビジネスにも言えることで、仕組みの下で稼ごうとすると労力を買い叩かれてしまいます。特にネットビジネスではその傾向が強いです。ネットを通じて案件を出すと一つの案件に多くの人が殺到します。

私もconyacでオンラインでの翻訳を経験したことがありますが、恐ろしく報酬が低かったのですぐに辞めてしまいました。

ネットビジネスで稼ぎたいなら、他人の作った仕組みの下では働かないようにしましょう。大切な時間と労力を買い叩かれてしまいます。

仕組みを自分で作ろう

仕組みの下で働いている人が搾取されている一方で、仕組みを作った人はほぼ何もせずに多額の収入を稼ぐことができます。もう一つ例を見てみましょう。

クラウドソーシングではブロガーの代わりにブログ記事を書く案件も出回っています。その多くは文字単価0.1円など非常に安価なものばかりです。パソコンで文字を書くスピードが1時間で1000字だとすると時給100円という計算になります。バカバカしくて真面目にやってられませんね。

次はブログを運営する側に回ってみましょう。ブログの収益は扱うジャンルや掲載する広告によって異なりますが、数十万PVを稼げれば少なくとも毎月10万円は稼げます。

そこまでのPVを稼げるようになるまで数年間はブログを書き続けないといけませんが、一度到達すればあとは何もしなくても利益を生み出してくれます。

ネットビジネスで稼ぐには大きな仕組みを作る必要があります。しかしそこまでの仕組みを作るのに何年もかかってしまうので、根気強い人でなければリタイアしてしまいます。それが嫌なら仕組みの下で細々と稼いでいくしかないのです。

そう考えると経営者にとってもっとも重要な資質は忍耐力なのかもしてません。どんなビジネスもすぐに大金を稼げるようにはなりません。収益の出ない期間があっても続けられる人でないと勤まりません。

まとめ

大金を稼ぎたいならネット上で仕組みを作ることに専念しましょう。仕組みが大きくなるまでは、多大な労力と時間が必要です。それができないなら仕組みの下で労働者として細々と稼ぐことになります。


mure0000
mure0000
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です