アスペルガーやコミュ障に転売ビジネスは割に合わない話

先日macbook proをメルカリにて販売し、なんとか発送までこぎつけることができました。スマホ一台で商品の販売ができるなんて、世の中便利になったものですね。今回は目標よりも安く売ることになってしまいましたが、相場を意識して転売を始めればある程度稼ぐことができるかもしれません。しかし私は人の関わりが密な転売を生業とするつもりはありません。転売はコミュニケーション能力の低い私のような人間には割に合わないのです。

私は若干アスペルガー症候群の傾向があり、規則性や法則性のあるものは好きなのですが、人間の感情や動きなど不確実なものはなんとなく恐怖を感じてしまうのです。特に相手の顔が見えないインターネットでは、こちらがどれだけ丁寧な対応をしても、相手がいきなり理不尽なことを言いだすかもしてないと考えてしまうのです。だからメールの返信が来た時も、嫌なことが書かれていないか内心ビクビクしながら確認をしていました。

また自分の意識がメールの返信の方に移ってしまうのも嫌ですね。相手にメールを送った後でも、「いつ返信が来るのだろう?」とか「どんな内容が書かれているのだろう?」とか考えてしまい、ブログの執筆に集中しにくくなってしまうのです。

それに加えて自分だけのペースで事が運ばないのも嫌です。転売では自分が出品という行動を起こしても、買い手が何かアクションを起こさないと次の段階に進む事ができません。早く片付けたいのに、相手の都合のせいでそれができない感じです。仕事で自分が一足早く終わっても、他の人が遅いので待たされている感覚でしょうか。とにかく私のような人間は自分だけの世界で完結していないと違和感を感じてしまうのです。

そういうわけなので、自分は転売をメインの仕事にはしたくありません。転売は相手との綿密なコミュニケーションが必要ですし、時には利害の不一致でぶつかり合うこともあります。自分はビジネスを他の人の都合で捻じ曲げられるのが嫌いなのです。

だから私に適したビジネスは電子書籍やブログなど、人とコミュニケーションを取ることなく、放っておいても自動的にお金を生み出してくれる性質のものです。もちろんどちらも参入の壁が非常に低いので、供給過多になるでしょう。今や猫も杓子もブログを書く時代なので、何かしら手を打たないと生き残ることは難しいはずです。それでも自分に合わないビジネスをするよりかは、やりがいがあると思います。ではまた。

むれ
むれ
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です