一人暮らしで暖房費を節約する方法を紹介!

さて、今の時期は突き刺すような寒さに凍える思いをしている人も多いはずです。ただ実家に住んでいた頃とは異なり、一人暮らしをしていると電気代にもシビアになってくるはずです。部屋で暖房をガンガン効かせていると、その月の電気代がすごいことになってしまいます。かといって何も対策をせずに凍えているだけでは非常に辛いと思います。そこで今回は自分が考えつく限りのコスパに優れた暖房費の節約術を紹介していきます。

雨戸を閉める

冷気は外からやってくるので、それを物理的に遮断するのが最も手っ取り早い方法です。雨戸は一般に台風がきた時に風で窓が割れないようにするためのものですが、防寒対策にも転用することができます。雨戸を閉めるだけで、冷気がかなり遮断されるのが感じられます。特に自分のデスクの横には大きな窓があるので、雨戸による防寒効果はとても高いものだと実感できます。そして夏になれば熱と日光を遮断してくれる心強い壁の役割を果たしてくれます。真冬でも真夏でも活躍できるなんて、実に素晴らしいですね。

窓にプチプチを貼る

ただ雨戸を閉めただけでは不十分です。以前として窓ガラスは冷たいままで、そこからも冷気が漂ってくるからです。そこで「窓に貼るプチプチ」として有名な断熱シートを使いましょう。窓の表面がツルツルなら水だけで貼ることもできますが、ザラザラ窓でも両面テープを使えば貼り付けることができます。この断熱シートを使ってからは、冷気がピタッとなくなった感じがします。1500円でこれだけの効果が得られるのは、コスパに優れているのではないでしょうか。ホームセンターで買うと持って帰るのに苦労しそうなので、私はアマゾンで購入しました。

湯たんぽを使う

冬といえば湯たんぽ。コスパに優れており名前だけは知っていましたが、実際に使ったことはありませんでした。というかどうやって使えばいいのかも知りませんでした。しかし最近になってから足が急に冷えるようになり、電気代をかけずに足を温めたい!ということで購入を決意しました。

最近はレンジで温めるタイプが主流のようなので、試しに「レンジでゆたぽん」のLサイズを購入。初めて取り出した時の感想は「重たっ!」。次に感じたことは「肉厚っ!」。こんな重厚で柔らかな物体をレンジで温めたら、どんなことになるのだろうと期待が高まりました。そして実際に使ってみると、足がいい感じにポカポカと温まってきます。レンジで温めるだけで、この暖かさが得られるのは素晴らしい。いい買い物をしたなと思いました。

しかし使っていくうちにいくつかの問題が発生しました。まず机に座って足を温めるには湯たんぽは分厚すぎます。机と椅子の高さは足に何も乗せていない状態でちょうどよくなるように調節しているので、分厚い湯たんぽに足を乗せていると違和感を感じてしまいます。また湯たんぽは床に置くと急激に熱を発散していくので、かなり頻繁にレンジで温めないといけなくなります。

かくして湯たんぽは足温具としての役割を十分に果たせずリストラされてしまうのかと思いきや、どうも私が正しい使い方を知らなかったようで、本来は布団に入れて使うのが正しいらしいです。外気に触れると湯たんぽは熱を発散して徐々に冷めてしまいますが、布団の中に入れると長時間あったかい状態を保つことができるのです。

今度は布団の中に入れて使うことにしました。夜布団の中に入ると、「おー足が暖かい!」と感じます。今までは布団の中でも足だけは冷えるので我慢していましたが、これを使うと体の全体がポカポカとなった気がします。足が暖かいだけで夜の睡眠がこんなにも快適になるとは思いませんでした。1000円もしない値段でこれだけの快適さが手に入るのであれば、十分割に合いますね。節約家の私からしてもこの商品はベストバイだと思います。

小型のホットカーペットを使う

足を温める器具として湯たんぽはリストラになってしまったので、次のものを考えないといけません。そこで目をつけたのが、小型のホットカーペットです。1畳や2畳もある大型のホットカーペットは温める面積が大きくなり、電気代を食うので見送ることにしました。早速購入して使ってみると、足の冷たさが緩和されるのがわかります。ただ「暖かい」というよりは「冷たくない」という感じですね。アマゾンで売られている中で最も安いモデルなので贅沢は言えませんが、これから購入する人は過度な期待はしないほうがいいです。アマゾンのレビューを見てみると、足を温めるというよりも、座布団やペット用のベッドとして使っている人が多いようです。

それじゃこの商品はハズレなのかと言われると、そういうわけでもなく、足の冷たさを緩和するという必要最低限の働きはしてくれているわけです。足が冷たいとそれが気になってブログの執筆に専念できなくなりますが、これがあれば足のことを気にせずブログにも集中できるようになります。本体価格が2000円くらいで、電気代も一日中つけっぱなしでも10円なので、コストパフォーマンスは優れているはずです。

タイルカーペット

次は床がフローリングの方限定となります。フローリングの床は冬になるとかなり冷たくなるので、歩くのが辛くなります。特に真冬になると、少し足が触れただけでも「冷たっ!」と感じることが多いはずです。そこで2畳くらいの大きなカーペットを床に敷くことにしましたが、ここでも問題が発生します。普通のカーペットは滑り止め機能がないので、フローリングに敷くと滑ってしまうのです。そして滑り止めシールを貼っても、今度はテープを貼らなかった部分がずれて、歩くたびに不快に感じるのです。フローリングに適したカーペットはないものかと色々調べていくうちに見つけたのが、タイルカーペットでした。

タイルカーペットは小さなカーペットを複数枚組み合わせて使うタイプのカーペットです。複雑な配置の部屋にも対応でき、汚れてもその部分だけを洗うことができるのがメリットです。また一枚ずつ片付けたり、配置したりできるので、取り回しに優れています。ただ100円ショップや通販などに置いてある薄っぺらいタイルカーペットは、耐久性に不安があるのでやめて置くことにしました。どこかに頑丈なタイルカーペットはないものかと探していた時に見つけたのが、コーナンオリジナルのタイルカーペットでした。

店頭で実物に触れて、これはいいと思いました。表面の質感もなかなか良いですし、裏面は全面に滑り止め加工がされています。税込みで一枚300円とやや割高ですが、良いものは大抵高いものです。ここはケチらずにきちんと対価を支払うことにしましょう。リュックに入れて持ち帰るのは無理そうなので、家に帰ってコーナンeショップで注文することにしました。

コーナンの商品がネットで買えるのは確かに便利なのですが、配送に一週間以上かかるとわかった時には、何かの冗談?と思いました。通販といえば私はアマゾンをメインで使っているので、それが普通だと思ってしまっているようです。せめてアマゾンでもこのタイルカーペットを取り扱ってくれるとありがたいんですけどね。本当にいい商品なので高評価が狙えると思いますよ。

そして一週間以上経ってから、待ちに待ったタイルカーペットが到着しました。50cm平方のタイルカーペットを組み合わせて自分の好きなように配置することができます。そしてこのズッシリとした重み、歩いただけでは簡単にズレないだろうと期待させてくれます。実際に使ってみると、足元の冷たさがかなり緩和されました。以前は靴下でフローリングに足を乗せると「冷たっ!」と思わず足を引っ込めたくなるほどの冷たさでしたが、タイルカーペット越しなら「ひんやり」くらいに緩和されています。確かに冷たさは残っていますが、短時間歩くくらいなら問題ないですね。というわけでフローリングの人は、是非ともこのタイルカーペットをお勧めしておきたいです。

私が購入したのはタイルカーペットのTA-1005、ダークブラウンです。気になる方は下記のサイトをご参照ください。

http://www.kohnan-eshop.com/shop/g/g4548927025455/

巻きポカ

部屋の防寒対策を徹底しても、どうしても冷えてしまうのが手足の末端。どれだけ着込んでも手足だけは防御が薄くなるので、冷気にさらされてしまいます。これではブログ執筆に支障が出るなと思った私が、次に買うことに決めたのがこの「巻きポカ」です。

巻きポカはバンドの内部に小型のカイロを入れて、手首・足首に巻くことで、手足の末端まで熱を伝えようとする便利アイテムです。ただの穴の空いたバンドのくせに800円は割高だなと思いつつも、背に腹は変えられないので購入。試しに装着してみたところ、しばらくすると手足の末端の冷気による痛みが徐々に緩和されていくのが感じられます。

また上着やズボンの裾と肌の隙間をうまい具合に埋めてくれるので、マフラーのように冷気が入り込むのをシャットアウトしてくれます。おかげで外に出ても冷気によるダメージが大きく軽減されました。

すごく良い商品なのですが、唯一の難点は毎日小型のカイロを消費するので、費用対効果があまり良くないことです。ドラッグストアに行けば、巻きポカ用のカイロが10枚400円で売られています。両手両足で一日4枚使うとすると、一ヶ月で120枚、つまり毎月4,800円もカイロ代で消えていくことになります。冬場だけとはいえ、一人暮らしの節約家にとっては非常に大きな出費です。インターネットの月額料金と同じくらいじゃないですか!

まあバンドだけでもそれなりに保温効果があるので、カイロは使わない方向で行こうかと思います。お金に余裕がある方はドラッグストアではなく、アマゾンでまとめ買いするようにしましょう。前者なら4000円かかりますが、後者なら送料を入れて3000円以内でおさまります。

むれ
むれ
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です