電子レンジで簡単!ゆで卵メーカーでゆで卵を作ろう!


一人暮らしをしていると、自炊が面倒に感じて、つい手軽に食べられるご飯やパン、麺類などばかり食べてしまいます。

ただ炭水化物ばかり摂取していると肥満の原因にもなってしまいます。人の体はもともと穀物ばかりを食べて生きていけるようにはできていないのです。

そこで糖質制限ダイエットを行う人もいるはずですが、たんぱく質を積極的に取るのは案外難しいです。パンなどと違って保存も利かないし、調理の手間も多少あるからです。

そこで今回は手軽に摂取できるたんぱく質の代表の卵の、その中でも最も簡単に作ることができるゆで卵について紹介していきます。

お鍋で加熱は面倒くさい

私は以前は鍋でゆで卵を作ろうとしていました。しかし卵をすっぽり覆うほどの水を入れると、鍋が重くなってコンロまで運ぶのが面倒ですし、大量の水を沸騰させるのにも時間がかかります。ゆで卵を作るためとはいえ、労力的に割に合わないのです。そこで楽にゆで卵を作る方法がないかネットで調べてみることにしました。

調理器具を使うのが一番!

調べた結果ゆで卵専用の調理器具を使うのが一番だということがわかりました。中に水を入れて電子レンジで温めるだけでゆで卵が調理できる便利な代物です。早速アマゾンで購入して試しに使ってみました。

まずは下の入れ物の内側のラインまで水を入れます。

IMG_0148

上に金属の受け皿を乗せて、その窪みに卵を置きます。この時卵に小さな穴を開けておくと、後で殻が剥きやすくなります。

IMG_0149

あとは蓋をセットして両サイドの留め具を締めた上で、電子レンジで加熱するだけです。加熱時間は9分から10分と書かれていますが、私は半熟が好きなので8分に設定しています。加熱時間の調節が容易なのも電子レンジの利点ですね。

IMG_0150

加熱後は容器が非常に熱くなっているので、濡れタオルなどで蓋を外します。

IMG_0151

そして水の入った容器に卵を入れて、表面が冷えるのを待ちます。

IMG_0152

卵がある程度冷えたら、殻をむいて完成です。味付けはシンプルに塩がオススメです。

IMG_0153

以上がゆで卵の作り方です。鍋で茹でるよりも工程が多いですが、使う水の量が少ないので、そんなに面倒でもありません。小腹が空いた時に気軽に作って食べられるので、お菓子を買うことも無くなりました。

おかげで余計な糖質を摂らずに済んでいますし、財布への負担も大幅に減ってきています。減量と節約の両方をこなせるので、まさに一石二鳥の食べ物ですね。

最後にゆで卵用の調理器具を紹介しておきます。今は2つ用を使っていますが、たくさん食べるようなら4つ用に切り替えるかもしれませんね。

こちらを使ってタマゴの殻に穴を開けておくと、後で剥きやすくなります。

ゆで卵は値段が安く、簡単に作れて、味もシンプルで美味しいので、糖質制限向けの食材の中で最も優秀な部類に入ると私は思います。ゆで卵をたくさん食べて出費と体型の両方をスリムにしたいものですね。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です