一人暮らしのための簡単な節約術を紹介していくよ!


人が現実的に生きる上で最も重要なものはお金です。お金がなければ衣食住もままならず、非常に惨めな思いをすることになります。

執筆時現在では「人間らしい生活を送るのに22万円必要」というニュースが報道されていますが、現実的にはフリーターとして最低賃金で働くとその半分弱くらいしか稼ぐことができません。

ただここで闇雲に「最低賃金を引き上げろ!」と主張しても、何の解決にもならないので、自分なりに考えた節約術を紹介していきます。

まずは家賃から

お金を節約するにあたっては、まず金額の大きい支出から手をつけるのが原則です。一般的に一人暮らしで最も大きな支出は家賃です。

例えば私の住んでいる大阪では平均的な家賃相場が6万円とされていますが、そんな大金をまともに払っていたらほとんどお金が残りません。まずは家賃をゼロに近づける方法を考える必要があります。

一番効果的なのは親に頭を下げて実家暮らしをすることです。そうすれば家賃の6万円だけではなく、光熱費と通信費、食費も減らすことができます。

光熱費と1万円、通信費をスマホと合わせて1万円、食費を大体3万円とすると合計で11万円節約できる計算になります。一人暮らしの節約力は圧倒的です。職場が実家から近ければ、プライドを捨てて実家暮らしをお願いするのは十分にありです。

そもそも他の国でも家賃の負担を減らすために誰かと生活することは当たり前になっており、同棲やルームシェアリングも一般的です。一人暮らしは「贅沢」だと再認識しておきましょう。

家族との生活が嫌な場合は

ただ全ての人が家族と仲良く暮らせるわけではありません。中には家族を疎ましく思っており、一刻も早く一人暮らしをしたいと考える人もいるでしょう。そんな場合には持ち家の可能性を探ってみるのもありです。親や親戚、知人などが使わなくなった家を持っているならそこに住まわせてもらうのです。光熱費と食費はかかりますが、家賃がゼロなのは節約効果としては大きいです。

持ち家のある親族がいない場合には公営住宅を狙ってみましょう。家を持っていない場合は住宅困窮者とみなされ、公営住宅に申し込む資格が得られます。詳しいことは省きますが、大阪市の場合だと年収300万円以下が入居基準となっています。

家賃の方も居住者の収入や家の立地条件などによって変動しますが、アルバイトやフリーターなら2,3万円の格安物件を借りられる可能性もあります。

収入基準や手続きの申請など面倒ごとは多いですが、毎月数万円の節約効果は大きいので可能ならば是非試してみましょう。貧乏から脱出する手段は身近なところに隠れているものです。

民間の保険は金の無駄

正社員として働いた経験のある方、もしくは正社員の多い職場で働いたことのある方は昼休みなどに保険の勧誘を受けた経験があるでしょう。将来の危険を煽り、安心を手に入れるために買う人も多くいますが、はっきり言って民間の保険はお金の無駄です。

日本には国民健康保険というとても便利な保険があります。月額の保険料を支払っておけば、無条件で3割負担が適応され、その3割が大きな金額になっても高額療養費制度でカバーできます。この保険一つがあれば、他の保険に加入する必要は全くありません。

保険の勧誘員がしきりに保険の加入を勧める理由は2つあります。1つ目の理由は放っておくと売れないからです。私たちは普通に生活しているとガンや病気の恐怖を考えることがありません。勧誘員がその不安を煽り立てることで初めて明確にリスクとして認識するのです。

2つ目の理由は保険はものすごく儲かることです。一度加入すれば余程のことがない限り解約しませんし、加入後は何もしなくても保険料が支払われます。これほどボロい商売は他にはそうありません。

将来の安心というサービスを買っていると考えられなくもないですが、それでも毎月2,3万円は割に合いません。消費者にとって割に合わないということは、サービスの提供者がかなり得をしているということです。

割に合わないサービスを受け続けていては、いつまでたっても貧乏から脱することができません。もし民間の保険に加入している人がいるなら、即時解約を強くお勧めします。はっきり言ってお金の無駄です。

私たちは生命保険のCMを見て、「家族を安心させるために加入しないと!」と感じるかもしれませんが、それは保険が割に合わないことを隠すためのカモフラージュです。保険はただの金融商品なので、割に合わなければ加入しないのが一番です。

私も正社員の頃に保険の勧誘をしつこく受けましたが、下記の本を読んで知識武装していたおかげで、自分のお金を守ることができました。これからは本当に良質な情報を得ることが重要になってきそうです。 

お金を堅実に貯めたいのならお金に関する知識を学んでおくことが大切です。義務教育ではお金の使い方を習うことがないので、徒手空拳で世の中に出ると何も知らないままお金をむしり取られてしまいます。

携帯はMVNO一択!

携帯も現代では欠かせないアイテムとなっています。ただその維持費にもきちんと目を向けるべきです。何も考えずに3大キャリアのパケット放題を使っていると、月に7,000円以上取られてしまいます。外出先で動画を見たりしない限り、一月あたりの情報量は1,2ギガで事足ります。それくらいの通信量なら月1,500円程度で済みます。

MVNOへの切り替えにあたっては、事前に知識が必要ですが、ネットで検索すれば必要な知識はいくらでも手に入ります。月5,000円の節約は大きいので、ぜひともMVNOを活用していきたいですね。

食費は原料に近いものを!

商品やサービスは人の手が加わるほど値段が高くなります。できるだけ安い値段でたくさんの食品を食べたいのなら、できるだけ原料に近い食品を買うようにしましょう。例えば調理済みの焼きそばは1食300円くらいしますが、自分で作れば同じ分量のものが60円くらいで作ることができます。

他にもコンビニで売られているそばも1食200円くらいしますが、冷凍そばを自分で解凍すれば1食40円に抑えられます。お金を節約したければ、その分自分で手間をかけるようにしましょう。食事もコンビニ・外食任せではお金がどんどん減っていきます。

ガチャのあるゲームはダメ!ゼッタイ!

現代ではスマホでゲームをしている人も増えてきています。ただスマホゲームの上位を占めるガチャゲーはハマるとどんどんお金が飛んでいくので、お金を節約したいなら手を出さないようにしましょう。

私もパズドラをやっていた頃に目当てのキャラが欲しくて5000円課金してしまった経験があります。その時は運良く欲しいキャラがすぐに当たりましたが、当たらなければ出るまでガチャを回していたかもしれません。自分はギャンブルにはまらない性格だと思っていたので、ガチャの恐ろしさを改めて認識しました。

またパズドラに飽きてから数年後に今度は白猫プロジェクトというスマホゲーにも手を出していました。何度かリセマラをして最強クラスのキャラを手に入れてからゲームを始めたので、これで無双できるなとかたかをくくっていたのですが、なんと一ヶ月後にはそのキャラよりもさらに高性能なキャラが実装されたのです。

そして今度はその高性能なキャラを狙って、魔法石が尽きるまでガチャを回してしまいました。結局目当てのキャラは出なかったので、ちょうど飽きてきたのも相まって、白猫を削除することにしました。

もしこのまま欲しいキャラが出るまでガチャを回していたら、何万円ものお金を失っていたでしょう。今の世の中では数万円稼ぐだけでも一苦労です。そんなお金をほんの数分で奪い去ってしまうガチャゲーはやっぱり恐ろしいです。一人暮らしで節約をするならガチャゲーは敵だと思っておきましょう。

ガチャのないゲームはOK!

もちろんスマホのゲームはすべてダメというわけではありません。ガチャが実装されていなくても、面白いゲームはたくさんあります。ただ大手のガチャゲーが儲かったお金を広告費に使っているため、無名のゲームはランキングで上位に表示されないのです。認知度も口コミも少ないので、無料で面白いゲームを遊びたいなら、自分で探すしかありません。

具体的な方法としては、appstoreの今週の無料appを覗いてみるのがいいでしょう。appleのスタッフが選んだおすすめが無料で公開されています。ゲームもよく見かけますが、個人的にはアタリのゲームが多いですね。

コンビニには行かないこと!

少し小腹が空いた時、コンビニにふらふらと入ってしまう人は要注意です。パンやおにぎりだけを買えばいいのに、新しく出たデザートやお菓子をついつい買ってしまいたくなるのです。

人は新しいものや期間限定の商品に弱いので、コンビニもそうした商品を次々と開発して、販売していきます。新しいものを一回だけと考えても、その一回が積み重なれば、お金も貯まらなくなります。節約をしたいならコンビニは最小限で、必要な食品はドラッグストアやスーパーで買うようにしましょう。

洗剤用品は重曹で十分!

一人暮らし初心者は掃除する場所ごとに、洗剤をトイレ用、排水溝用、お風呂用と分けて買っているかもしれませんが、それではお金がもったいないです。玄人は掃除関連の洗剤は重曹で済ませています。重曹とは洗剤の王様とも言えるアイテムで、これ一つでトイレ、シンク、排水溝、浴槽、洗濯、ゴミ箱の消臭などをこなすことができます。重曹を1kgくらい買っておけば、他の洗剤は買わずに済むので、お金もスペースも節約できます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です