一人暮らしで糖質制限ダイエットを行う6つのメリット

2017年10月6日

私は食費を節約する過程で図らずも糖質制限ダイエットをしています。炭水化物を全く摂取しない極端なものではなく、炭水化物が6割、タンパク質が4割のゆるい糖質制限です。このゆるい糖質制限ダイエットを続けて得られたメリットを紹介します。

糖質制限ダイエットとは?

糖質制限ダイエットとは、肥満を治療するために摂取エネルギーにおける炭水化物の割合を減らすダイエットのことです。炭水化物の割合は5割から6割くらいが好ましいです。

私の食生活

私の食事は安さと手軽さを重視しています。毎日2食は納豆ご飯で、1日あたり納豆は6パック、白米は2合食べています。それだけでは成人男性のお腹を満たすことはできないので、間食としてゆで卵、男前豆腐、バナナ、ローソンのからあげクンを食べています。おやつは糖分が多いので、1日1個までと決めています。それでは具体的なメリットの話をしましょう。

食費が少なくなった

この食生活の最大のメリットは食費の軽減です。一人暮らしを始めた頃は食費が毎月3万円かかっていましたが、この食生活では食費が15000円ですみます。からあげクンなどの外食を省いた数字ですが、この節約効果は圧倒的です。毎月15000円も浮けばかなり有意義なことにお金を使えますね。ユニクロの服を何着も買ったり、マキタの掃除機を買ったり、3ヶ月ためてルンバを買ったりなどなど。

しかも食費が月額15000円も安くなるということは、毎年で18万円、40年間で720万円節約できる計算になります。節約の効果は長い目で見るとかなり大きいので、若いうちに節約術を身につけておくべきです。

体重が減った

糖質制限をする前は体重が78キロでしたが、今は73キロくらいになっています。炭水化物を極限まで抑えた時は70キロくらいでしたが、炭水化物を5割に増やしてからは73キロくらいを前後しています。しかし以前より体が軽くなり活発に動けるようになりました。多分この体重が私の適正体重なのでしょう。

甘いもの・味の濃いものを食べなくなった

こうしたシンプルな食生活を続けていると、味覚が次第に慣れて甘いものや味の濃いものを食べたいと思わなくなります。味覚が繊細になったためか、カップラーメンやスナック菓子、安いケーキなどは美味しいと感じなくなりました。安売りされていてもわざわざ買いたいとは思いません。以前は週に一回の楽しみだったげんこつラーメンも美味しいとは感じなくなり、もっと控えめな味の食事を楽しみたいと思うようになりました。

ただ甘いものが嫌いになったわけではありません。親が買ってくれた高いケーキや高い外食などは美味しいと感じます。味覚が敏感になり、雑な味付けの食品は食べられなくなったということです。中途半端な食品を買うくらいなら、普段はシンプルな食材を食べて、ここぞという時に高くて美味しいものを食べたいのです。普段の食生活にメリハリがつくことで、より一層節約に磨きがかかりました。

体が軽くなったこと

糖質制限をする前と比べて自分の体が軽くなったように感じられます。以前ならベッドから起きたり、椅子から立ち上がるのにも労力を使いましたが、今ではヒョイっと体が飛び上がります。体が軽快になり、時間に余裕ができたらスポーツでも始めてみようかなとも思いました。体が重いと行動するのも億劫になり、ダラダラとしてしまいます。しかし体が軽いと、体を動かすのが楽しくなり、積極的に行動しようという気になれます。

ダイエットのメリットは単に体重が減るだけではないようです。軽い体重を維持するメリットがこんなにも大きいのなら、なおさら体重を増やさないように努力しないとダメですね。やはりダイエットのメリットが大きいとそのモチベーションも維持しやすいです。

太ももが引き締まった

糖質制限をする前と比べて、太ももも引き締まった気がします。試しに太ももの裏側をつねってみると鋭い痛みが走ります。以前はもっとブヨブヨだった気がするので、これも大きな変化です。太ももが細くなるとスタイルが一気に良くなりますし、履けるズボンの種類も増えます。今ならスキニーパンツも履けるかもしれません。

運動しても疲れにくくなった

私は日課として毎日数キロのウォーキングをしています。最近なんとなく走ってみたのですが、以前と比べて長い距離を疲れることなく走れるようになりました。タンパク質をたくさん摂取して、筋肉がついたからでしょうか。今なら運動系の社会人サークルに入っても足を引っ張らずにすみそうです。

また体が疲れにくいと行動量と行動の選択肢が大きく増えます。丈夫な体なら長時間働けますし、回復も早いので次の日でも同じようなパフォーマンスで働けます。疲れにくい体なら遠出をしても次の日には完全回復して仕事に専念できます。特に人間は歳をとると疲れやすくなるので、それに歯止めをかける意味でも、丈夫な体を維持したいものです。

タンパク質は素晴らしい!

タンパク質は人間の筋肉、肌、臓器、髪の毛などを形成する非常に重要な栄養素です。タンパク質が不足すると、免疫力が下がって病気になりやすくなったり、疲れやすくなったりします。現代人は炭水化物ばかりを摂取して、タンパク質が不足がちになっています。タンパク質をたくさん摂取して丈夫で健康な体を維持しましょう。

炭水化物も摂取しよう!

炭水化物ダイエットをすると中には炭水化物を全く摂取しない人も現れます。私もかつてはその一人でした。しかし炭水化物は分解されることでグルコースとなり、重要なエネルギー源になります。炭水化物が不足するとエネルギー不足で疲れやすくなりますし、インスリンが十分に分泌されず血糖値を上昇させてしまいます。

炭水化物ダイエットで重要なことは、炭水化物の摂取量を減らすことではなく、炭水化物とタンパク質をバランスよくとることです。どちらも三大栄養素の一つであり、どちらかが欠けていいわけがありません。両方をバランスよく摂取することで健康な体を維持できるのです。

おすすめ記事

世の中には生活を豊かにしてくれる便利なものがたくさんあります。下記の記事ではそうしたおすすめ商品を紹介しているので、よかったら覗いてみてください。

生活

Posted by むれ