アスペルガー症候群の人たちが就くべき仕事


アスペルガー症候群とは、平たく言うとコミュニケーション能力に難のある精神障害のことです。彼らの多くは場の空気を読んだり他人の心情を考えるのが苦手なので、社会にうまく馴染むことができません。

アスペルガー症候群の成人の自殺率が通常の9倍にも達するのは、彼らを受け入れてくれる職場や仕事が非常に限られているからです。

今では身近にあるほとんどのバイトで接客が求められていますし、正社員になればそれ以上の対人スキルが求められます。

普通の仕事をしていればアスペルガー症候群の人が幸福に生きられる可能性はかなり低いでしょう。今回の記事では、アスペルガー症候群の人たちはどのような仕事をして生きていくべきかを考えていきます。

物を相手にする仕事

アスペルガー症候群の人たちは人と話すのが苦手なので、接客業には向いていません。バイトの求人のほとんどはコンビニ・スーパー・ファミレスの店員、携帯電話の販売員、塾講師などで占められています。

こうしたバイトは「理屈の通じない人たち」を相手にしなくてはならないので、合理性を重んじる彼らが入れば地獄を見ることになります。

アスペルガー症候群の人たちは規則性や予測可能性の高い事柄を好むので、毎回決まった作業を行うような仕事が向いています。

その代表が工場でのライン作業やプレス作業ですね。こうした仕事は決まった手順で作業をしていれば、予想できない状況に陥ることが少ないです。営業と違って面倒くさいマナーもなく、言葉遣いを気にする必要もないので、毎日気楽に働くことができます。

副業ならブログがオススメ!

ただしこうした単調作業は労働力としていくらでも替えが効くので、賃金はとても低いです。

フルタイムで働いてかろうじて一人暮らしができるレベルなので、家庭を持つなんて夢のまた夢です。もし正社員と同じくらいの収入が欲しいのであれば、何か別のお金を稼ぐ手段を考える必要があります。

そこでお勧めしたいのがブログビジネスによる広告収入です。ブログを地道に書いて多くの人に読んでもらい、ブログに掲載した広告をクリックしてもらうことで収入を得るのです。

ブログは一人作業なので、人付き合いを好まないアスペルガー症候群の人には相性の良いビジネスとなります。またブログを執筆するだけの集中力や数ヶ月は収入がなくても堪えられる忍耐力なども要求されますが、人付き合いの面倒さに比べれば大したことではありません。

ブログの内容に関しては自分の得意分野がオススメです。アスペルガー症候群の人たちは自分の好きなものにはいくらでも熱中することができるので、文章化できる才能ならブログで一儲けを狙ってみましょう。

私の場合は英語の語源が大好きなので、語源の学習サイトを作ることに決めています。好きな分野にはいくらでも労力を割くことができるので、近い未来大規模な語源サイトを完成させるつもりです。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です