ハースストーンのスタンダード導入に賛成する理由


hearthstone

ハースストーンで2016年の春からスタンダードという新規のルールが導入され、その環境下では古いカードを使うことができなくなります。

例えば以前の環境ではドクターブームというカードが猛威を振るっていましたが、スタンダード環境では使えなくなってしまいます。

ドクターブームその強大さゆえに、作るためには多大な労力が必要だったため、せっかく作ったカードが使えなくなるということで、残念に思うユーザーも数多くいました。

しかし私はそこまで残念には思いません。なぜならゲームのルールを定期的に変更することは、ゲームの新陳代謝とも言えるからです。

現代の情報化社会では、良質な情報も瞬時に共有できます。Wikiを参照すれば、このデッキが強い、このカードがオススメという情報が簡単に手に入ります。

ただそうなると皆が同じようなデッキを組み、同じスタイルでプレイするようになります。この手の対人ゲームはNPCと違って、プレイヤーごとに遊び方が異なるからこそ面白いのであって、皆が同じようなプレイをすると、一気につまらなくなります。

いくら面白いゲームを作っても、ネットを使えば最短の攻略ルートがすぐにわかってしまいます。そうなると飽きるのも早くなります。プレイヤーを飽きさせないためには、ルールを変更することが効果的だと思います。

ハースストーンのスタンダードでは、古いカードが使えなくなっていく代わりに、毎年新しいカードパックが導入されます。一年ごとに使えるカードが変化していけば、使えるデッキや戦略も異なってきます。

そうなればプレイスタイルの陳腐化という、ゲームが抱える問題を解決することができるようになります。

ポケモンのルールも進化してきた

他の例を挙げるならば、ポケモンもシリーズを通じて様々なルールを追加しています。持ち物やタマゴ、遺伝技にメガシンカなどプレイヤーを飽きさせない工夫を盛り込んでいます。

ストーリーをクリアするだけなら簡単ですが、実際の他人との対戦ではきちんと育成して、戦略を立てないと勝つことができません。ポケモンは一見子供がやるゲームに見えますが、大人を引き込むだけの戦略性・やりがいがあるのです。

子供の頃に遊んでいたポケモンはただ強いポケモンをぶつけ合うだけのものでしたが、大人になってからやると、補助技や持ち物、特性などの重要性を痛感させられます。よく考えて挑まないと、まともに勝つことができません。

結論

以上のことから、長期間プレイヤーを引きつけられるゲームを作るには、ルールの追加や改良などが必要なのです。ソーシャルゲームがつまらなく感じるのは、ルールをなおざりにして、ガチャや絵柄にこだわっているからだと考えます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です