面白いゲームの定義とは何か考えてみる

今回はゲームのお話です。最近スマホゲーが台頭してきて、面白いゲームが減ってきたと聞きます。それは本当なのでしょうか?また面白いゲームとは何を指すのでしょうか?今回はゲームの面白さについて考えていきます。

ゲームの定義

そもそもゲームとは何なのでしょうか?ウィキペディアで調べてみると様々な定義が出てきますが、それを逐一解説していくのも面倒なのでざっくりとまとめます。

私の意見ではゲームとは「ルールに従って目的を達成する娯楽」と考えています。

ゲームにおける目的は相手に勝利すること、ハイスコアを更新すること、ストーリーをクリアすることなど様々です。

マインクラフトのような箱庭ゲームでは目的が決められていないことがありますが、そうした場合はプレイヤーが目標を定めます。

ゲーム内の目標を達成するために、プレイヤーはキャラのレベルを上げたり、戦略を練ったり、情報を収集したりします。そこにやりがいや楽しみを見出すのがゲームなのです。

ゲームはルールで成り立つ

しかしゲームの面白さを決めるのは何と言ってもルールです。ルールこそゲームの本質と言っても過言ではないでしょう。

プレイヤーはルールに従ってゲームを楽しみます。ルールに従わないプレイヤーはゲームから退場させられます。

例えばサッカーではボールを手で触れることは反則になります。もし選手にハンドを認めてしまえば、サッカーというスポーツは成り立たなくなります。ルールとはゲームそのものなのです。

逆に言うとゲームに必要なものはルールだけです。鬼ごっこやかくれんぼも参加者がルールを守るだけで成り立ちます。他の道具は一切必要ありません。

ここで一つの仮説が出てきます。ルールこそがゲームの本質なら、面白いゲームとは面白いルールを作ることではないかと。

ですのでゲーム市場で成功したいなら、まずはルール作りに専念すべきです。ストーリーや世界観、武器やグラフィックは飾りに過ぎません。そういった要素も大事かもしれませんが、肝心のゲームがつまらなければ話になりません。

最近のスマホゲーの多くがつまらないのはルール作りをおろそかにしているからでしょう。どれだけ手の込んだイラストを用いてもゲームの面白さはごまかせません。

大人がゲームをつまらないと思う理由

よく大人になるとゲームがつまらなく感じるという人がいます。一方で大人になってもまだゲームに熱中している人もいます。この違いは何なのでしょうか?

これも私の推測なのですが、大人になると頭脳が発達し、シンプルなルールでは満足できないからだと考えています。

子供の頃はRPGなどでうまく敵を倒したり、レアアイテムをゲットしたりする方法を探すのに熱中していました。友達と協力したり、相談したりした思い出はかけがえのないものでしょう。

しかし大人になるとただ敵を倒すだけの作業が苦痛に感じてきます。ほとんど何も考えずにただボタンを押すだけの作業になってしまいます。そんなものに楽しみを見出せるはずもありません。大人には大人向けのゲームが必要なのです。

私は大人になった今でもスマホのゲームで遊びます。しかしその多くは退屈で、数分も遊べば飽きてしまいます。ゲーム市場では手軽にできて、ルールが面白いゲームが求められています。

面白いルールとは

面白いゲームの筆頭としてあげられるのはまずポケモンです。ポケモンはいかにも子供向けのイメージですが、やり込んでいる大人もいます。大人までも引き込むポケモンの人気の秘密はその奥深さです。

ゲームのストーリーをクリアするだけなら、子供でも簡単にできますが、対戦で勝ち抜くとなるとかなりの努力が必要になります。

ポケモンの種類、特性、わざ、持ち物などを組み合わせれば無限の戦略を生み出せます。それだけでなくポケモンの性格や種族値、努力値なども重要な要素です。

子供から大人まで引き込めるルールの奥深さこそポケモンの真の魅力です。いくら強いポケモンを育てても戦略一つでひっくり返ることもあります。

必勝法が存在せず、勝つための努力を続ける必要がある。これこそが面白いルールの条件ではないでしょうか。

むれ
むれ
アスペルガーであることを受け入れつつも経済的に自由になるために奮闘するブロガーです。 アスペルガー独特の自由な観点から、様々な記事を投稿します。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です