電子マネーって別にいらないんじゃないの?


私たちは現金での支払いが面倒だと思った時に電子決済を使います。手段は大きく分けて2つ、電子マネーとクレジットカードです。最近までこの2つを使い分けていたのですが、もうクレカ一本でよくない?と思うようになりました。

電子マネーが使える場合は大体クレカも使えます。電子マネーに使用が限定されるケースと言ったら、バスか自販機の支払いくらいでしょうか?ただバスはほとんどの交通系ICカードが対応していますし、自販機も電子マネー対応のものは数がまだ少ない感じです。電子マネーを使わないといけない場面が見当たらないのです。

電子マネーの乱立

そもそも日本は電子マネーの種類が多すぎます。どこもかしこも電子マネーを作ろうとする目的は顧客の囲い込みです。特定のお店で電子マネーを使えば、ポイントがたまってお得ですよ!と宣伝して客を引き込むのです。

ただ私は財布を太らせたくないので、ポイントカードはほとんど使っていません。ポイントのシステムを導入するお金があるのなら、クレカ対応とかにしてもらいたいです。

カードさえあればどこでもなんでも買える夢のキャッシュレスライフを満喫したいのです。囲い込みのために客に不便を強いるビジネスは好きではありません。

系列店同士の縄張り

どこがどこの系列なのかを軽くまとめておきましょう。

まずWAONはイオンリテールが発行する電子マネーです。イオングループに属するミニストップで使用できます。nanacoはセブンイレブン系列のお店で使えます。Pontaは三菱商事の関連会社が発行しており、ローソンで使えます。楽天edyの場合はサークルKだとポイントが2倍になります。

もちろん系列店でない電子マネーも使えますが、ポイントが付与されません。コンビニの種類の分だけ電子マネーを持ち歩くのも馬鹿げた話です。

ポイントは集中させるのが基本

またポイントは1つにまとめた方が効果的です。10-20円分のポイントがあってもお得感がありません。それならどのコンビニの支払いも1つのクレカにまとめるべきです。ポイントが1つの場所に集中するので、使い勝手も良くなります。

アマゾンポイントが汎用性高い

私は今まで楽天とアマゾンのカードを使い、両者のポイントを使い分けていました。本来ならアマゾン1本に絞りたかったのですが、VISAカードの会員サイトの使い勝手が悪かったので、楽天カード寄りでした。

しかし今日からその会員サイトが新しくなり、見やすく使いやすくなったので、これからはアマゾンカードだけを使うつもりです。私は買い物をアマゾンで済ませることが多いので、アマゾンポイントはとても使い勝手が良いのです。

最近のアマゾンではお米やレトルト食品も購入できます。日用品が買い揃っても、アマゾンの利用は止まらないです。特にお米が買えるようになったのは嬉しいです。これで月に1回重たいお米を担いで自電車をこぐ必要がなくなりました。

とにかくアマゾンがあれば大半のものは買えます。商品のレパートリーが多く、サイトが使いやすいのも魅力的です。そしてポイントは汎用性が高い方が価値があります。アマゾンポイントは私にとってほとんど通貨と同じです。これからも快適なアマゾンライフは変わらないでしょう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です