介護保険と健康保険が破綻する理由


保険とは経済的に大きな損失が発生した時にそれを補填してくれる制度のことです。少額の保険料でも多数の人が出し合えば、巨額の資金になります。お金は大きな損害を出した不幸な少数の人を援助するために支払われます。

交通事故を起こしても安心

例えば交通事故で人を死亡させてしまった場合は慰謝料として2,000-3,000万円が必要になります。個人でポンと出せる額ではないので、こうしたケースに備えて運転手は保険に加入します。

保険に加入して、保険料を支払っておけば、慰謝料を請求されても対応できます。これで人は安心して車を運転することができます。保険を買うということは、万が一の可能性に備えて安心を買うこととも言えます。

保険がうまく機能するには

保険が機能するには必要な要素が幾つかあります。まず加入者が大人数であること、そしてお金を受け取る人が少人数であることです。

例えば何かの災害に備えて1,000万円の補償が受けられる保険があるとします。補償に備えるには加入者が10人だと、100万円支払ってもらう必要があります。

一方加入者が10,000万人だと、わずか1,000円の支払いで済みます。1,000円の支払いで何か不幸に見舞われた時に1,000万円の補償が受けられるのです。

また保険金の受取人は少人数でなくてはなりません。先ほどの保険の例では1,000万円の補償が一人しか受けられません。

もしこれが10人も補償するとなると10倍の資金が必要になります。保険料が高くなれば加入者も減少してしまいます。やみくもに料金を上げることはできません。

もらえなくてラッキー

実際の保険料の計算はもっと複雑なものになるでしょう。先ほどの例では保険の仕組みのアウトラインがわかれば良いのです。

特に重要なのは保険の受取人が少数であることです。多額の補償がもらえるような保険は、もらえる確率が極めて低いです。

しかし多額の補償が受けられるときは大体不幸な目にあっているので、保険はもらえなくてラッキーな商品と考えても良いです。

むしろ簡単に補償が受けられるような保険はどこかが歪んでいると考えられます。介護保険と国民健康保険はその典型例とも言えます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です